Hatena::ブログ(Diary)

斧節【onobusi】 このページをアンテナに追加 RSSフィード


WWW を検索 創価王道を検索

2007-12-14

「慈愛」のリーダーは「知恵」が湧く


 自分がどうなろうとも、「同志」のため、「後輩」のため、そして「悩める人」のために尽くし抜く。また、戦いに臨んでは、常に自ら先頭を切って行動し、活路を開き、同志に「勇気」と「希望」を与えてゆく――。ここに人間としての偉さがある。人格の輝きがある。

 学会でいえば、日々地道に広布の第一線で活躍されるリーダーの方々こそ、その尊(たっと)き実践の姿であると実する。


 学会は、真に人間を錬磨し、変革しゆく「大地」である。そのリーダーである皆さま方は、決して「組織悪の指導者」であってはならない。どこまでも「法と信の指導者」として、自らを鍛え抜いていただきたい。

 組織上の役職でも、社会的地位でもない。一人の人間として、どれほど偉大であるか。どれほど豊かな「慈愛の」の指導者であるか。これこそが肝要であると申し上げたい。

「無慈悲」の人には「知恵」は出ない。「慈悲」の人には、限りない「知恵」が湧く。友の幸福と、社会の平和・安穏のための「知恵」が、生命の奥底からこんこんとあふれ出てくるものだ。今、求められているのは、そうした慈愛と知恵のリーダーである。


【第23回本部幹部会 1989-11-18 創価文化会館


「あ、こうすればいいんだ!」と手を叩くようなアイディアが知恵である。視点や表現を変えてみたり、予外の組み合わせなどによって、同じ景色が全く新しく見える瞬間だ。


 指導者が慮すべきことは、「どうすれば、皆がやりやすくなるか」という一点に尽きる。


 人のものををしふると申すは車のおもけれども油をぬりてまわりふねを水にうかべてゆきやすきやうにをしへ候なり(1574頁)


 悪はなくても、「車にブレーキをかけ」たり、「船を山に運ぶよう」な結果になっている幹部が目立つ。力不足を認めながらも平然としていられるのは、「結局、上からの指示だから仕方がない」という逃げ口上があるためだ。組織官僚主義に毒されてくると、木っ端役人みたいな幹部が増えてくる。


 政治学習会を担当した第2総東京の方面幹部(青年部)に呆れたことがある。公明新聞の職員ということで、政界の裏事情を盛り込みながら、立て板に水を流すようにまくし立てた。私は「何て、愚かな奴だろう」とで罵った。会合の目的を見失い、ただ自分の話に酔っている姿が歴然としていたからだ。背の低い、眼鏡をかけた野郎だ。


 責任がないから知恵も出ない典型である。政治学習会とは、「語り口」を教えないと味がないのだ。参加者の誰もが自信を持って語れるフレーズを具体的に示すことが最大の目的である。


 また、選挙時期に政策のことで質問をすると、「とにかく言い切っていこう」とか、「祈れば何とかなる」みたいな馬鹿げた指導をする連中も多い。お釜に米と水を入れて題目を唱えれば、ご飯が出来上がるとでも言うつもりなのだろうか? あるいは、御本尊法使いとでもっているのだろう。


 更に面倒なのは、政権与党入りした公明党の複雑な立場によって、いよいよ説明しにくい事態が続出していることだ。公明党がリードしてつくられた「年金100年安プラン」(2004年)は、わずか3年で木っ端微塵となった。社会保険庁の実態がわからなかったことを踏まえたとしても、失点は避けようがない。


 ちょっとい出してごらんよ。あなたが、3年前にどれだけ自信満々で言い切っていたかを(笑)。山本リンダじゃなくても「困っちゃうな」。


 これはね、本当にしい局面に達しているのだ。私なんぞは、既に何度も表明している通り、新テロ特措法案には個人的に反対している。だが、公明党は賛成しているのだ。友人に対しても、率直にその旨を語ってゆくつもりだ。「で、ほとほと困り果てているんだよ。本当の友達はお前しかいない」と情に訴える予定である(笑)。私の政治的信条は衆参のようにねじれている。


 これだけ問題が発覚しても社会保険庁は誰一人、処分されていない。国が告訴しただけである。また、渡辺喜美行政改革担当相が、独立行政法人の整理合理化計画で奮闘しているが、各大臣からはゼロ回答という惨憺たる結果となっている。これを見ても官僚支配が明らかだ。戦後、半世紀以上にもわたって官僚支配が続いているのだから、政権交代したぐらいで打破できる問題ではあるまい。


 号令や精神論で乗り切れる状況ではないことを、よくよく自覚してもらいたい。更に、末端幹部の知恵でどうにかできることでもない。総区長・県長、方面長レベルで知恵を発揮しなければ、惨敗は避けられない。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sokaodo/20071214/p2