Hatena::ブログ(Diary)

斧節【onobusi】 このページをアンテナに追加 RSSフィード


WWW を検索 創価王道を検索

2007-12-17

激闘の人生に真の幸福が


 さて、「幸福観」について一言述べておきたい。

「人生の幸福」といっても、もちろん人によって様々なイメージがある。それぞれの価値観により、幸福像は大きく異なるものである。

 ただ平穏無事に過ぎる一生を「幸福」とする人も少なくない。ひたすら、「安定」と「快適」を求め、そこに人生の価値を見出す。描かれる幸福像は、例えば「何も困ったことが起きない生活」(笑い)であり、「夫婦で手をつなぎ“カフェ”に入る」(笑い)光景であろうか。

 一見、いかにも「幸福」にえるかもしれない。しかしそこには本当の「深み」も、人生の「味わい」もない。

 それに対し私どもの広布の旅路には、さながら劇の如く次から次へと試練の嵐が来る。悩の高波もある。悪の突風が吹く。しかし、それらに耐え、戦い、乗り越えてこそ、自身の深まりと充実があり、向上がある。人と人との信頼が生まれ、絆が強まる。つまり、人生の確かな「価値」が創造され、花開いてゆく。


【第9回全国婦人部幹部会 1989-11-29 創価文化会館


 この指導を婦人部のEさんに捧げよう。


 彼女から初めてメールをもらったのが4のこと。新入会とのことで、悩みを打ち明けるまでに随分とためらいもあった。のた打ち回るような悶の中で、ひと以上考える時間を要した。あらいざらいを打ち明けたのは、1ヶ半後のこと。


 私はやきもきしながら、手厳しいメールを手裏剣の如く放ち続けた。事態に一区切りついたのは8だった。ところが、任用試験に挑戦している最中に、全く別の問題に遭遇した。新入会のメンバーにとってはあまりにも過酷な状況だった。


 しかし彼女は、戦って、戦って、今も尚戦い続けている。その中で任用試験に勝利し、何と一昨日、妹さんの折伏を決めた。御守りじゃないよ。私はわず、パソコンの前で万歳を叫んだ。


 一時は自殺まで考え、自分の悩みを打ち明けることすら出来なかった彼女が、悩める人のために行動している現実は、見事な人間革命の姿である。モロボシ・ダンがウルトラセブンに変身したようなもんだよ。私はM72星雲から見守るウルトラの父だ(笑)。


 平穏無事な時に望む幸福は、所詮「淡い期待」に過ぎない。自分に都合のいいことばかりで、欲得づくの内容である場合が多い。一方、の中で鍛え抜かれた幸福観は、人生の真実の姿をくっきりと浮き彫りにする。


 真の幸福とは、「恵まれた環境」ではない。冬の酷寒に耐え、打ち破っていくことができる生命力そのものにある。


 法華経を信ずる人は冬のごとし冬は必ず春となる(1253頁)


【※追伸/私に相談メールが来た時、Eさんは既に御本尊を支部長に返却していた】

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sokaodo/20071217/p1