Hatena::ブログ(Diary)

斧節【onobusi】 このページをアンテナに追加 RSSフィード


WWW を検索 創価王道を検索

2007-12-25

“魂の自由”を拡げよ


 ともあれ、広布に邁進しゆく我々は真の子である。ゆえに、大聖人の御振る舞いを深く生命に刻み、子としての使命と誇りに、豁然(かつぜん)と目覚めていかねばならない。

 世の中は矛盾に満ちている。しかし、御本尊の功力は宇宙大であり、三世永遠である。この御本尊を受持した我々に何を恐れるものがあろうか。いかなる権威権勢にも、いかなる邪悪な勢力にも、断じて臆してはならない。臆病であっては、すべてにおいて損をしてしまう。

 何ものにも奪われない“魂の自由”――ここに、今や世界の良識の眼は注がれている。“民衆の時代”への新たな動向も、“魂の自由”を広げゆく胎動に他ならない。いわんや信仰は、最も深く、最も強い“魂の自由”である。“魂の自由を守れ!”。この叫びこそ、私どもの信仰実践の精髄であると、強く申し上げておきたい。


【第9回全国婦人部幹部会 1989-11-29 創価文化会館


魂の自由ってえのあ、界のことだな」――当時はその程度にしか考えられなかった。


 1985年(昭和61年)にゴルバチョフ氏がソ連共産党書記長に就任。ペレストロイカ(改革)とグラスノスチ情報公開)を断行した。これが、東欧の民主化革命の導火線となり、ベルリンの壁をも崩壊させた(1989年119日)。この指導がなされたのは、チェコスロバキアでビロード革命が起こっている真っ只中のこと。


 次々と、世界各地で「民主化」が産(うぶごえ)を上げていた。大いなる時代の変化をじながらも、日本はまだバブルに酔いしれていた。僧・日顕の謀略が発覚するのは一年後のことである。


 真の自由は、束縛を解いた人にしか味わえない。束縛が常態と化すと、人は環境に従う。例えば、劣悪な労働環境で働く少年少女は世界中にいるが、親は食い扶持(ぶち)が減るだけでも助かっているのが現状だ。


「衣の権威」という束縛に我々が気づいたのは、1990年(平成2年)1227日以降のことである。この日、先生が法華講総講頭を罷免(ひめん)された。それまで、広宣流布の先頭に立ったこともなく、学会の後ろから付いてきた坊主が、突然斬りつけてきたのだ。皆が唖然とした。金魚の糞が、金魚を襲おうとしたのだ。吃驚(びっくり)するわな。

 当時はまだ、血脈相承という秘密の儀式を重んじていたこともあり、学会は直ちに反撃するような真似はしなかった。秋谷会長(当時)が幾度となく、法主に対して話し合いを求めた。ところが日顕は、これを拒絶。「お目通りかなわぬ身」などと時代錯誤も甚だしい言い草だった。


 創価学会が反転攻勢の狼煙(のろし)を上げたのは、「破門通告書」(1991年1128日)以降だと記憶する。ファックス通信「地涌からの通信」が、日顕を呼び捨て表記にしたのが、これに先立つ1011日のことだった。

 我々は宗史を学ぶことによって、魂が鎖で縛られていたことに気づいた。そして、ここから本化(ほんげ)の池田門下生が陸続と登場したのだ。学会は、「会長勇退」(1979年)という“迹”をはらい、いよいよ本地を顕(あらわ)す時代となった。


 あれから既に17年が経過しようとしている。宗門問題を知らない世代も増えている。また、宗門問題の義を知らず、組織悪の奴隷となっているメンバーも多い。


 本日、「創価スピリット」を発行してから4周年となった。この指導を綴ったことが偶然とはえない。不議な使命をじる。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sokaodo/20071225/p1