Hatena::ブログ(Diary)

斧節【onobusi】 このページをアンテナに追加 RSSフィード


WWW を検索 創価王道を検索

2008-04-02

一日の生活は朝が勝負


 社会へ雄飛する諸君の将来にとって、「現実」の課題となる点を語っておきたい。

 それは第一に、会社勤め等にあって「遅刻をしてはならない」という点である。何回も話したことだが、簡単なようでしいことなので、改めて申し上げておきたい。

 私は10年間、戸田先生のもとで働かせていただいたが、先生も出勤に関しては厳しかった。私自身も激務の日々にあって、2〜3回体調を崩して遅刻した以外は、休んだことはなかった。

 一日の生活はが勝負である。遅刻をすれば負けである。毎、元気に出勤して「おはようございます!」という姿が大切である。まず人生、「に勝つ」ことが勝利の基(もとい)である。

 その点、結婚している人にとっては、夫を送り出す夫人の姿勢が大事となる。御書では、「夫」を「矢」に、「妻」を「弓」に譬えられている。弓が弱ければ、矢が遠くへ飛ぶことはできないのが道理である。

 戸田先生は、「寝坊は人生の敗北である。そうさせるのは、夫人が悪い」と厳しく指導されていた。

 また、「廷」(天子が政治をとるところ)という言葉があるが、この語の元々の味も、“に仕事(政務)をする”ということから来たとされている。

 同志を裏切り、退転したり、我々に迷惑をかけた連中のほとんどが、の乱れ、生活の狂いから堕落していっている。勤行をしない、何かと理由をつけて、出勤しない等々――不議と共通した姿である。

 ともあれ、毎日を清々(すがすが)しくスタートし、日々に勝利し、楽しくも晴れ晴れと人生に勝利しゆく一人ひとりであっていただきたい。


【神奈川県、青年・学生部代表者会議 1990-01-15 神奈川文化会館


 札幌でのこと。冬ではあったが地区で早勤行を行うことを決め、地区拠点をお借りした。当時、私は班長(現在のニューリーダー)。主要メンバーは3人で、活動家は10人ほどいた。ところが、実際にやってみると3人揃えばまだいい方で、一人ということも珍しくなかった。しかも、この一人が同じメンバーじゃないときたもんだ(笑)。わざわざ、よそのお宅での勤行をするってえのも、中々辛かったよ(笑)。そして、遂に悪夢の日が訪れた。誰も来なかったのだ。拠点の主から厳しく注された。「ストーブだって、タダじゃないんだよ!」と。い出だ。


 大きな闘争になると男子部はやたらと早勤行を行う。その図は「どうせ、普段やってないんだろう? だったら、皆で一緒にやろうじゃねーか!」という浅はかなものだ(笑)。典型的な暴走族型活動。一人になると全滅(笑)。


 上京してからは、寺でやっていたもんだから、もっと大変だったよ。


 男子部はとにかくが弱い。最大の原因は夜が遅いことにある。当たり前だよね。何となく帰りずらくて遅くなるメンバーや、ダラダラと話して皆を帰さない幹部は、流されやすい傾向がある。夜になればなるほど元気がいいのは、起きてない証拠だ。


 活動で遅くなるから、自宅で題目もあがらないし、勉強もできない。その悪しきリズムが、デタラメな幹部をつくる。


 毎、30分の余裕をつくりたい。例えば、30分散歩したとしよう。それだけで健康という財産を手にすることができよう。読書にいそしめば、ものを深く考える癖がついてくる。たった30分間が人生を大きく左右する。唱題や御書拝読と狭く考えると長続きしない。好きなことに挑戦すれば、持続しやすい。


 今日は戸田先生の命日。二代会長亡き後、池田先生は50年間にわたって、一人学会を支えてこられた。先生は戸田先生から10年間訓練された。先生から50年間も訓練を受けてきた我々の中に、本物の弟子はいるのかいないのか。「に報いる」と口で言うのは簡単だ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sokaodo/20080402/p2
Connection: close