Hatena::ブログ(Diary)

斧節【onobusi】 このページをアンテナに追加 RSSフィード


WWW を検索 創価王道を検索

2008-05-08

【胡錦濤氏訪日】公明・太田代表と会談 チベット問題で


 中国の胡錦濤国家主席は7日午後、東京・紀尾井町のホテルニューオータニで、公明党太田昭宏代表ら同党執行部と会談した。主なやりとりは以下の通り。

 太田代表「日中関係の新たな指針である戦略互恵関係が両国民、国際社会に強く印象づけられる義深い訪日になることを望んでいる。首脳会談で、戦略的互恵関係の具体化に向けた数多くの協力が打ち出され、両首脳間の共同明が発出されたのは大きな義がある」

 胡主席公明党の古き友人のみなさんに会えて大変うれしい。公明党は一貫して日中友好発展にご尽力いただいていることを高く評価している。特に、日中国交正常化のために特別な貢献をなされた。善隣友好関係の建設に積極的な役割を果たされたと認識している。公明党は、日中間の環境保護に取り組んでこられた。世界の最先端の日本の省エネ技術を学んでいきたい」

 太田代表「今回の(首脳)会談を通して東シナ海のガス田の解決にめどが立ったと報道されている。チベットの件もさまざまな報道がされているが、当事者間の対話を通じて平和的に解決するのが望ましい」

 胡主席「(ガス田開発問題は)これまでも有益な対話がなされてきた。問題解決の全景が見えてきた。(チベット問題では)中国もダライ・ラマ側の個人代表との接触は継続する。中国側は対話の扉を開けている。ダライ・ラマは中国国内の分裂と暴力と、五輪を破壊を停止すべきだ。私の立場を理解し、支持してほしい」

 太田氏「(8の北京五輪について)大成功してほしい。またぜひ訪中したい」

 胡主席「日本選手団の活躍に期待している。都合のいいときにいつでもきてほしい」


【産経新聞 2008-05-07】

ギニアの刑務所の受刑者ら、スプーンで壁に穴を開け脱獄


 ギニア南東部N'Zerekore市にある刑務所で今週、36人の受刑者らが大雨によって地盤の軟らかくなった壁をスプーンで掘り脱獄していたことがわかった。刑務所関係者が国営テレビで明らかにした。

 看守の一人は同テレビに対し、「われわれは、受刑者らが雨で水分を含んだ壁にスプーンで穴を開けたのを発見した。彼らはシーツやシャツをロープ状にしたものを使って壁を降りた」と語った。

 ギニア国内にある多くの古い刑務所の建物は、昨年初めに起きたインフレへの抗議とランサナ・コンテ大統領の退陣を求めた労働組合のストライキが激化し、国内全土で流血の事態となった暴動で損傷を受けていた。

 同暴動では治安部隊による銃撃で130人以上が死亡。犠牲者の大半が一般市民だった。


ロイター 2008-05-04】


 まるで、映画みたいな話。