Hatena::ブログ(Diary)

斧節【onobusi】 このページをアンテナに追加 RSSフィード


WWW を検索 創価王道を検索

2008-09-07

良書を読み抜き、自在の対話を


 ともあれ諸君は、「良書」を求め、読み抜いていただきたい。どこへ行っても、どのような人に対しても、自在に話を展開し、深い銘を与えるだけの力を培っていただきたい。青春時代の今やっておかなければ、必ず悔いを残すことになる。ゆえに私は、若き諸君に繰り返し申し上げているのだ。

 信仰者として、「御書」を肝に染めていくことを根本として、更に幅広い勉強が必要である。そうでなければ多様な現実の大地に生きる人々に、「妙法」の偉大さを理解させ、証明してゆくことはできないからである。

 私は、戸田先生のもとで「読む」ことを徹底して鍛えられた。「論語読みの論語知らず」であってはならない。

 教の教義しか知らず、あとのことは何も論ずることができないようでは、「法」まで偏頗(へんぱ)にしてしまう。法の序分であり、流通分である一切の「学問」も必要となるのである。


【静岡県青年会議 1990-01-21 富士宮国際文化会館


 今、つくづく読書の大切さをい知る。


 私の家には本棚が12本あり、それぞれの棚に前後2列ずつ本が並んでいる。その上、床には本の山が林立していて、ハードルみたいになっている。約5000冊所蔵。もちろん、全部読んだわけじゃない。20年間でこれだけ買ってきたのだが、随分と嗜好も変わってきた。


 10代の頃から毎年、100冊以上は読んできた。だが今にしてえば、2倍は読めたと反省している。所詮、「好き」という範疇(はんちゅう)では、守備範囲が広がらないのだ。大失敗。


 そんな反省から、今年は200冊ペースを維持している。幼い頃から読んできたものを含めると、多分3000冊は読んできているとう。一念三千ではないが、3000冊読んで見えてきたものがある。それは、知識が概にまで高められると、ものの見方が激変することだ。つまり、価値観がガラリと変わり、人生そのものが変化する。


 一冊、また一冊と読み続けるうちに、考の根は枝分かれを繰り返し、どんどん地中深く食い込んでゆく。樹木の大きさは根に等しい。地中には、木の枝と同じ幅の根が広がっているのだ。


 優れた人物との出会いを求め、私は今日も本を開かずにはいられない。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sokaodo/20080907/p4