Hatena::ブログ(Diary)

斧節【onobusi】 このページをアンテナに追加 RSSフィード


WWW を検索 創価王道を検索

2008-09-09

11年度から消費税10%、経団連要望へ


 日本経団連は8日、中期的な税制の抜本改革案として、消費税率を2011年度から5%引き上げて10%とするよう政府に要望する方向で最終調整に入った。

 正副会長による正式な組織決定を経て9末にも公表する。

 経団連はこれまで、07年1御手洗冨士夫会長のビジョンという形で、15年までに2段階で消費税率を事実上10%まで引き上げるよう求めていた。しかし最近の試算によって、医療年金などの社会保障制度を安定的に持続させるためには、消費税率を一気に引き上げ、引き上げ時期も前倒しせざるを得ないと判断した。

 試算にあたっては、日本経済が安定的に発展する条件として、政府が目標とする11年度の基礎的財政収支(プライマリーバランス)黒字化を前提とした。さらに、消費税率引き上げによる負担増が個人消費に打撃を与えないよう、中所得者層以下への負担軽減策も組み合わせる必要があるとみている。

 具体的には、子育て世代への減税策や、中所得者層以下への所得税の戻し減税など数兆円規模の大規模減税策を要望に盛り込む方針だ。


【読売新聞 2008-09-09】


「経団連」とは現代における貴族階級のことである。もちろん、自民党とグルになっている。「日本の将来を本気で考えているのは我々だ」というい込みが強く、一般大衆のことは一顧だにしない連中だ。メガバンクなどは過去最高益を出しておきながら法人税はゼロ。こっちの方がはるかに問題だろう。資本主義国家の税制は大企が優遇される実態がある。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sokaodo/20080909/p2