Hatena::ブログ(Diary)

斧節【onobusi】 このページをアンテナに追加 RSSフィード


WWW を検索 創価王道を検索

2009-06-02

相談急増、子どもの貧困も チャイルドライン10年


「親が失して高校を退学する。悔しい」。子どもの悩みを電話で聞く特定非営利活動法人NPO法人)「チャイルドライン支援センター」(東京)にこんな相談が舞い込んでいる。センターができて10年、相談電話への着信件数は77万件を超すが、最近は貧困問題の訴えも目立つ。

 センターは英国の団体をモデルに設立。各地の市民団体と連携し、地元や近県にいる専門の相談員が悩みを聞く。

 人間関係いじめ、恋愛、の悩みなど内容はさまざまで、この1年は貧困問題が増えた。小学生から「お父さんが工場を辞めさせられ、お母さんもパートが駄目に」「友達が急に転校してお父さんが『気の毒に。不況のせいだ』って言う」という相談もあった。

 清川輝基代表理事は「これまでなかった傾向。誰かに話したいとき、気軽にかけて」と話す。

 2007年度に13万5000件だった着信件数は08年度は18万件に急増。今年5から、無料でつながるフリーダイヤル(0120)997777の本格運用も始まった。受付は日曜を除く毎日午後4時から同9時。


共同通信 2009-05-30】

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sokaodo/20090602/p1