Hatena::ブログ(Diary)

斧節【onobusi】 このページをアンテナに追加 RSSフィード


WWW を検索 創価王道を検索

2009-06-07

信ずる者は常に勝つ


 更に誉会長は、師の広宣流布への精神を述べつつ、

 1.“いざ”という時には、「獅子」のでいかなくてはならない。自分を守ることに汲々として、あっちに付いたり、こっちに付いたりするような、信のない、臆病な人間であってはならない。私は何があっても信強盛に、常に戸田先生の弟子らしく「獅子」として進んできたつもりである。

 2.広布の組織においても、“互いに信しているから、言わなくてもわかっているだろう”というのは間違いである。正しいことを明快に言い切っていくのが、指導者の責任である――などと語り励ました。


戸田先生生誕90年記の懇談会/第3回懇談会 1990-02-11 東京学会別館】


戸田先生生誕90年記念の懇談会/第2回懇談会」の翌日に開催された会合。紹介された内容は大綱のみと察する。厳しい指導は公(おおやけ)にされなくなった。不信を起こすメンバーが出てくるからだ。そしてインターネットを中とした情報化社会は、組織から口伝を奪い去った。


「正しいことを明快に言い切って」ゆくのは、身についてしまうとしいことではない。何がしいかというと、「自分を正しく律して」ゆくことなのだ。自信がないから言い切れない。「嫌われたらどうしようかな」などと考えてしまう。大した好かれているわけでもないのにね(笑)。


 訓練期間においては、一つ一つを経験しながら、一つ一つの勝利を積み重ねてゆくしかない。この間の勝負どころを曖昧にした人物は、後々困る羽目となる。目の前の山を識し、踏破するだけの脚力が求められているのだ。


 獅子の部分に関しては、「先生、何を今更……」といういが拭えなかった。だが、壮年部へ以降してからわかるようになった。そして、引っ越してからもっとわかるようになった。こういうのは、わかっても嬉しくないね(笑)。


 大人は狡賢(ずるがしこ)くて卑怯だ。世渡りみたいにして組織を泳いでいる幹部も多い。幹部の前ではニコニコと愛を振りまき、いなくなった途端陰口を叩き出す婦人部は掃いて捨てるほどいるよ。


 こんな連中が後輩を守れるはずもない。彼等が守るのは自分の立場だけだ。


 外と関係ないように見えるだろうが、喧嘩(けんか)の強いリーダーは会合を盛り上げることができる。なぜなら考えようによっては、会合も参加者との喧嘩であるからだ。折伏も当然喧嘩である。牧口先生は「後の喧嘩を先にするのだ」と最初にきっちり破折しておくべき姿勢を教えられている。

えすえす 2010/11/01 19:52 "正しいことを明快に言い切っていく”どこに言えばいいのでしょうか?苦情ではなく事実を伝えたくてもできません。どうすればいいのか教えてください。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sokaodo/20090607/p2