Hatena::ブログ(Diary)

斧節【onobusi】 このページをアンテナに追加 RSSフィード


WWW を検索 創価王道を検索

2009-06-09

偉大な使命感が悪条件をはねのける


 人間は、どのような境遇、悪条件の中にあっても、大目的に目覚め、偉大な使命をじて立ち上がった時には、必ず大きく成長できるものである。


【『指導メモ』1966-06-01(聖教新聞社)】


 人は行き詰まると目の前しか見えなくなる。ま、袋小路みたいなものだ。逆に言えば、目の前しか見えていないからこそ行き詰まっているとも考えられる。


 大目的に目覚めるとは、苫米地英人流に言うと「視点を高くする」ことだ。すると、壁を見下ろすことができる。それどころか、壁の向こう側に続く遥かな道も見渡せる。後は、壁を踏みつけるか、乗り越えるかというところに落ち着く。


 使命と聞いてい出すのは井上靖著『蒼き狼』(文芸春秋新社、1960年)だ。主人公のテムジン少年(=ジンギスカン)は自分の出自に疑を抱いていた。「自分は誰の子なのか」――。テムジンは「蒼き狼」の末裔(まつえい)であると自ら決めて、生涯を懸けて証明しようとした。


 10代から教学を学び始めて、まず驚かされたのは自分が地涌の菩薩であるという事実であった。「ゲゲッ、俺は俺じゃなかったんだ! 地涌の菩薩だったんだあー!」ってな具合だ。その時、私はハヤタ隊員ではなくウルトラマンとなった。


 それからというもの、妙な自信が芽生えた。少々の困ったことくらいで動じなくなった。なぜなら、私は地涌の菩薩であるからだ(笑)。


 一文字隼人(いちもんじ・はやと)が悪党を目の前にして悩むだろうか? 悩まないね。だって、仮面ライダー変身すりゃいいだけだもの。だから、私は小さなことで悩んでいるメンバーを見ると、嘆かわしくて仕方がなくなる。変身を忘れた一文字隼人は、歌を忘れたカナリアよりも悲惨だ。


 変身したい人は、今直ぐ自宅の壇の前に集合せよ!

蒼き狼 (新潮文庫)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sokaodo/20090609/p3