Hatena::ブログ(Diary)

斧節【onobusi】 このページをアンテナに追加 RSSフィード


WWW を検索 創価王道を検索

2009-11-21

あれこれ


◎無識とは、自覚のないまま刷り込まれた文化・伝統・価値観などの条件づけである。


◎イメージは過去であるがゆえに、考もまた過去である。そして、生は現在を流れる。


◎過去のイメージをい描くのは記憶の回想であって、観心ではない。


◎如々として来り、如々として去る中間に自分が存在している。


◎不安・恐怖は記憶の中に存在する。楽は覚であるが自覚した途端に過去のものとなる。


如来とは、記憶の呪縛を解き放ち、現在に生きることを味している。


◎真の現在を覚知すれば、そこには圧倒的な変化や流れがあるはずだ。その時、諸行無常は諸法実相と化す。


◎自分は過去(=)によって形成されている。自分の実体は「自分としての反応」である。記憶から自由になった時、は音を立てて変化する。しかし、重度の認知症患者がそのように見えないのはなぜか?


◎人間革命とは、現在の因々、日々、瞬間瞬間に進化させてゆくことだ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sokaodo/20091121/p4