Hatena::ブログ(Diary)

斧節【onobusi】 このページをアンテナに追加 RSSフィード


WWW を検索 創価王道を検索

2009-12-02

訃報:平山郁夫さん79歳=日本画家、シルクロード描く


 現代を代表する日本画家で、教やシルクロードに題材をとった作品を数多く描き、世界各地の文化財保護活動にも尽力した文化勲章受章者、平山郁夫(ひらやま・いくお)さんが2日午後0時38分、脳梗塞(こうそく)のため東京都内の病院で死去した。79歳。葬儀は近親者だけで行い、後日、お別れの会を開く。

 広島県の生口(いくち)島(現・尾道市瀬戸田町)生まれ。旧制中学3年の時、学徒勤労動員先で被爆した。東京美術学校(現東京芸術大)で日本画家の前田青邨(せいそん)に師事。卒後、母校の助手を務めながら、日本美術院展(院展)に出品を始めた。1953年、院展に初入選した。

 当初は故郷の牧歌的な風景や人物を描いていたが、59年、典を中国に持ち帰った玄奘(げんじょう)三蔵を描いた「教伝来」で一躍注目を集めた。以来、平和を祈し、教やシルクロードをテーマにした作品をライフワークにした。

 旺盛な制作のかたわら、高古墳の壁画模写など文化財保護活動にも取り組んだ。その活動は国外へと広がり、「文化財赤十字」構を提唱。私財を投じ、中国・敦煌の石窟(せっくつ)寺院や北鮮の高句麗壁画古墳、アフガニスタンのバーミヤン遺跡など、教遺跡を中とした保護・修復活動を行った。日中友好に貢献したほか、ユネスコ親善大使なども積極的に務めた。

 後進の指導にも情熱を注ぎ、73年に東京芸大教授。89年学長に就任した。95年末でいったん退いたが、01年に再度選ばれ、05年まで務めた。96年、日本美術院理事長。98年、文化勲章。96年、フランスのレジオン・ドヌール勲章をはじめ、世界各国から文化交流の実績をたたえられた。毎日新聞社特別顧問なども務めた。


毎日新聞 2009-12-02

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sokaodo/20091202/p2