Hatena::ブログ(Diary)

斧節【onobusi】 このページをアンテナに追加 RSSフィード


WWW を検索 創価王道を検索

2011-06-18

イエス・キリストの記録は何もない


 イエスの生きている間に作られた記録は、何もない。作られたとしても残ってはいない。彼が自分で書いたものは、あったかもしれないが残らなかった。

 姿かたちはどんなだっただろう。身長、体重、目の色、髪の色、そういう記録も一切なし。目立った特徴についても、全く何も書き残されていない。


【『イエスの失われた十七年』エリザベス・クレア・プロフェット/下野博訳(立風書房、1998年)】


 イエスには13歳から30歳までの記録がない。教会はエジプトへ渡ったとの見解を示しているが、ニコラス・ノートヴィッチの調査によればインドに足跡があるという。更にチベットの古文書を調べると「イッサ伝説」があった。イエス=イッサで、実は大乗仏教を学んでいたという主張を展開している。

イエスの失われた十七年

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sokaodo/20110618/p1