Hatena::ブログ(Diary)

斧節【onobusi】 このページをアンテナに追加 RSSフィード


WWW を検索 創価王道を検索

2011-07-02

ガンディーは民族主義者にすぎなかった


 南アフリカ滞在の初期に、ガンジーはすでにナショナリスト(民族主義)指導者であった。ガンジーの最初の変身である。彼は生涯を通してナショナリストであったから、これを認識することは重要である。彼のヒューマニスム(ママ)は、インドおよびインド人への深い愛着から離れることがなかった。


【『ガンジーの実像』ロベール・ドリエージュ/今枝由郎訳(白水社文庫クセジュ、2002年)】

ガンジーの実像 (文庫クセジュ)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sokaodo/20110702/p1