Hatena::ブログ(Diary)

斧節【onobusi】 このページをアンテナに追加 RSSフィード


WWW を検索 創価王道を検索

2011-09-01

ルワンダとベルギー


 フツ族に少なくとも地方自治は与えていた丘ごとの統治機構は組織的に解体され、ツチ族エリートにはフツ族の労働を収奪し、税を課すほぼ無制限の権限が与えられた。1931年、ベルギー人と教会は自立心が強すぎる王ムワミを廃し、従順さの観点から注意深く選んだ結果、ムタラ・ルダヒグワを新王に据えた。ムタラは即座にカソリックに改宗し、聖性を放棄して、全国に大洗礼ブームを引き起こし、ルワンダアフリカ一カソリック化された国にしてしまった。続いて、1933年から34年にかけてベルギー人は「人種」IDカードを発行するための人口調査を実施し、すべてのルワンダ人をフツ族(85パーセント)とツチ族(14パーセント)とトゥワ族(1パーセント)に分類した。IDカードによってフツ族がツチ族に変わるのは実質的に不可能となった。ベルギー人はツチ族優越神話に根ざした人種差別機構を完成させたのだ。


【『ジェノサイドの丘』フィリップ・ゴーレイヴィッチ/柳下毅一郎〈やなした・きいちろう〉訳(WAVE出版、2003年)】

ジェノサイドの丘〈新装版〉―ルワンダ虐殺の隠された真実

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sokaodo/20110901/p2
Connection: close