Hatena::ブログ(Diary)

斧節【onobusi】 このページをアンテナに追加 RSSフィード


WWW を検索 創価王道を検索

2011-10-26

客引きに大切なのは声のデカさと強引さだ


「そう。客引きに大切なのは、声のデカさと強引さだ。奥ゆかしさだとかは、案内した先の旅館の従業員が心がければいいのだよ」

 了解した。が、広告業界はそれでオッケーなのだとしても、テレビ業界がそれじゃマズいだろ? 客引きがだみ声合戦を繰り広げるのは容認するにしても、肝心の旅館のおかみが、がさつ者ではいかんだろうが。

 ここ数年、テレビから流れてくるCMの半分は不愉快CMと言っていい。それも、あえて狙った神経逆なでCMだ。(中略)

 ってことは、結局、現状のCM界は、「振り向かせるためには何でもやる」素人の大道芸みたいな世界になっているわけだ。


【『テレビ標本箱』小田嶋隆(中公新書ラクレ、2006年)】

テレビ標本箱 (中公新書ラクレ (231))

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sokaodo/20111026/p1
Connection: close