Hatena::ブログ(Diary)

斧節【onobusi】 このページをアンテナに追加 RSSフィード


WWW を検索 創価王道を検索

2012-07-27

何かを信じるということは、その何かについて判断を放棄すること


 教えてあげよう。人であれ、神であれ、何かの信条であれ、無条件に信じるのは、そりゃ精神の頽廃だぞ。だって、何かを信じるということは、その何かについて判断を放棄することだろうが。

「その通りだ、わが子よ。信仰は怠惰だ」

 では、主よ、なぜあなたは人々に信仰を求めるのですか?

「ちっぽけな鰯頭でモノを考えるよりは、信心した方がマシだってことだよ」

 思考停止がですか?

「その通り。どうせロクなこと考えやしないんだからな」

 ……しかし。

「お前自信、マニュアルを読まなかったせいで、ずいぶんトラブルにあってきたじゃないか」

 ……主よ、しかし、パソコンと人生は違うのではないかと……

「同じだよ。マニュアルをきちんと読んで、指示通りに扱えば何も問題は起こらない。それを、お前みたいな思いあがった半可オタクは、自分勝手な判断でコトを勧めて、結局墓穴を掘るわけだ」

 素人がレジストリをいじったりするなと?

「アプリケーションを利用してれば十分だろ? 何が不満なんだ?」


【『イン・ヒズ・オウン・サイト ネット巌窟王の電脳日記ワールド』小田嶋隆(朝日新聞社、2005年)】

イン・ヒズ・オウン・サイト ネット巌窟王の電脳日記ワールド

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sokaodo/20120727/p3