Hatena::ブログ(Diary)

斧節【onobusi】 このページをアンテナに追加 RSSフィード


WWW を検索 創価王道を検索

2007-12-28

偉人は苦難の中で歴史を残す


 トインビー博士は、大著『歴史の研究』の中でも、ダンテに多く言及されている。博士の叔父さんも、有ダンテ学の権威であった。

 博士は書いている(『歴史の研究』第3部「文明の成長」)。

「フィレンツェに於ける生得権を失うことによって、ダンテは世界の市民権を獲得した」(『歴史の研究』刊行会版第6巻)

 すなわち、追放によってはじめて、ダンテは狭い「フィレンツェの市民」から「世界市民」となった。また、時間・空間に縛られた現世の枠から解き放たれて、「永遠」を祖国とする人間になっていった――と。

 それは、運命の「挑戦」に対する、最高の「創造的応戦」であった。ここに“偉人”と呼ばれる人に共通する“人生の軌道”がある。

 存在が大きければ、当然、圧迫も大きい。しかし、圧迫が大きければ、より大いなる知恵と力を振り絞って活路を開いてゆく。迫害の嵐をも、上昇への気流へと変えてゆく。

 この執、この創造的精神をもって一生を戦い抜いた人こそ偉人である。


 書くこと、語ること、歌うこと――ダンテにとって、それは全生命を賭けた「戦い」であった。

 中国最大の歴史家・司馬遷は、権力による理不尽な迫害に耐えて耐えて、不朽の『史記』を完成した。彼は言った。

 ベートーベンの「第九交響曲」が多く聴かれる年末となったが、彼がこの「歓喜の歌」を作った時、彼の生活には何ひとつ歓喜といえるものなどなかった。しみの底にあって彼は、「歓喜の歌」を自らの“胸中から取り出し”、人類に示したのである。

 ダンテ亡命の悲哀の中で死の直前に、執の書『神曲』を完成した。

 トインビー博士は、こうした“人類文化の法則”を知り抜いておられた。

 私に対しても一貫して、“一時の非など当然である。歯牙にもかけず、歴史における重大な使命を果たしてほしい”との態度であられた。

 私は今、4年前の病気という“挑戦”を機に、本格的にスピーチに取り組み、“創造的応戦”を続けている。それもすべて、後世の歴史家と人類に向かっての叫びである。


 さて、ダンテが『神曲』で図したものは何であったか。彼はある手紙の中で、その目的をこう書いている。

「この世に生きる者を悲惨から救い出し、至福へ至らしめることである」と。

 法でいえば、菩薩的精神ともいえよう。

『神曲』には「なぜ人間は、しく、みじめな状態に堕ちてしまうのか」「いかに生きれば、幸福へと上昇できるのか」という大いなる問いかけが、はらまれている。


『神曲』の「地獄篇」には、大きく九つの地獄が描かれている。それぞれ、「欲望にとらわれた者」「暴力者」「反逆者」などが地獄に堕ちてしむ姿を、極めてリアルに表現している。

 ちなみにダンテによれば、「反逆」の罪を犯した者の地獄が最も下部の地獄である。中でも、人(主人)に反逆した人間は、地獄の最低の場所で、氷の中に永遠に閉じ込められている。また、王に食べられ続けている。

 彼が、どれほど「裏切り」の罪を重くみていたことか。

 もとより、主としてキリスト教的な世界観の範疇(はんちゅう)ではあるが、ダンテは彼なりに、厳しき「生命の因果律」を垣間見ていたといえよう。

 イギリスのある詩人は『神曲』について、「永遠の正義の法則」を表現しているとし、それは東洋の言葉でいえば「カルマ)」の法則であると論じている。


 尚、『神曲』の元々の原題は、「喜劇(喜曲)」である。「神聖な」という語は後世に加えられた。

 なぜ、「喜びの劇」なのか――。それは、始めと途中は悩の劇であっても、最後の幸福な結末(至高天への上昇)を迎えるからである。

 ここに、“しみから喜びへ”という「宿命への挑戦」のを読み取れるかもしれない。


【第18回全国青年部幹部会 1989-12-09 創価文化会館


 最初に余計なことを書いておくと、「おじさん」には3種類の表記がある――


 1.伯父さん(父母の兄)

 2.叔父さん(父母の弟)

 3.小父さん(縁戚関係ではない)


『神曲』の原題は「Commedia(コメディア=喜劇)」だった。これに、ボッカチオが尊称をつけ「La Divina Commedia(神聖なる喜劇)」となった。


 編集者の松岡正剛氏がこのように綴っている――


 ここには人文の地図があり、精神の渇望があり、文芸のすべてに及ぶ寓が集約されている。それは宇宙であり、像であり、国家であり、そして理の実践のための周到なエンサイクロメディアの記譜なのだ。また、あらゆる信と堕落の構造であり、すべての知の事典であって、それらの真摯な解放なのである。


 私はまだ読んでない。来年の目標の一つに入れることにしよう。


 という溶鉱炉は、ありとあらゆる虚飾を剥(は)ぎ取る。絶望と懊悩(おうのう)の果てに裸の自分がさらされる。深淵(しんえん)の底から、偉人達が発した光は何だったのか。それは、経済的成功や利とは無縁のものだった。生命の本然から発する創造が、希望の光となって人類を照らしたのだ。


 この光を、万人の胸に灯(とも)そうとされたのが釈尊であり、日蓮聖人だった。


 池田門下生であるならば、最もしい時に最大の福運を積んでいることを確信しながら、堂々と一生を歩み抜こう。


神曲〈1〉地獄篇 (集英社文庫ヘリテージシリーズ) 神曲〈2〉煉獄篇 (集英社文庫ヘリテージシリーズ) 神曲〈3〉天国篇 (集英社文庫ヘリテージシリーズ)

2006-10-10

真面目の語義


 私は明年で入信40年を迎える。その間、実に多くの人生を見てきた。その体験の上から、一つの結論として確言できることがある。それは、人柄のよい“真面目(まじめ)”な人格の人こそが、結局、最後に人生の勝利者となり、幸福者になっているという事実である。平凡といえば、これ以上、平凡な原理もない。しかし、ここに最も重要にして銘記すべき一つの基準がある。

 どこの世界にあっても、真面目で真剣でなければ長続きしない。これが道理である。いわんや信仰の世界においては、の奥底に誠実な真面目さと、謙虚な実直さがなければ、生涯の信仰を全うできるものではない。

 また、「信」といっても様々な信の姿がある。“火の信”もあれば、“水の信”もある。格好のみの偽りの信もある。見た目の華やかさや、一時の活躍の姿だけではわからない。

 ゆえに極論すれば、信を抜きにしても、一個の人格として真面目な人であるかどうか――。そこにから信頼し、安して後事を託せる人物か否かの分岐点がある。根が真面目であり、その上に強盛な信が備わっていることが大切なのである。


真面目」の語義ならびに語源をみてみると――真面目味に主として、1.真剣な顔つきであること。真のこもった顔つき。2.真剣な態度。3.本気であること。真摯さ。4.戯(たわむ)れでないこと。誠実であること。虚飾がないこと。率直、実直、真実であること、などがある。

 また、その語源には諸説あるが、主なものに、1.マサシキ目(正しき目)の義、2.真子とシ目(真の目)の義、3.真筋目(真の筋目)の義、などが挙げられている。

 更に漢語の真面目(シンメンボク、シンメンモク)には、1.ありのままの姿。本然のままで偽り飾りのないこと。真相、実相、2.まじめ、実直、の義がある――。

 ここからいえることの一つは、やはり“目”がを表すということだ。落ち着きがあり、澄んだ“正しき目”でなければならない。

 また、偽りや虚飾は不真面目に通じる。口に美辞を並べながら、陰で要領をつかい、諸問題を引き起こし、人々をしめたりする人間は、この類いである。不真面目な人は、長い目でみれば、必ずといってよいほど挫折し、堕ちている。真面目な人は、一見、華々しくはみえない場合があるが、時とともに、にじみ出る人格の光彩がある。そこに人々は信頼を寄せてくるのである。

 更に、“真剣”でなければならないということだ。一流の人物は、例外なく陰で人の何倍、何十倍もの真剣な精進を重ねている。また、我が学会も、諸君のご両親等をはじめとする諸先輩方が、真剣の二字で築き上げたものである。

要するに学会は、真面目だったからここまで大発展を遂げた。このことを絶対に忘れてはならない。真面目さの中に凝結した自己の人格と一が、我が人生を飾っていくのである。


“悩み”のない人はいない。人生は悩みと葛藤の連続であるといってよい。しかし、悩みと労があるからこそ、成長も前進もあるのである。たとえ、いかなる煩悶(はんもん)があったとしても、「煩悩即菩提」の原理で、しみを成長と幸せへの糧としゆくところに、人間としての成長がある。その味から、労と葛藤こそ飛翔への原動力である。

 広宣流布の一切を後継しゆくのは、若き諸君たちである。今後、それぞれの立場にあって、全責任を担い活躍していかなければならない。それは、生死の大海に漂うしみの衆生を、妙法の大船に乗せ、三世にわたり真実の幸福の道へ導くための労作である。そのリーダーとしての立場が諸君である。

 その重大な責任は、青春時代の“労”と“鍛え”なくして、決して果たすことはできない。ゆえに、若き日の絶えざる精進を忘れてはいけない。


 やがて、皆さん方は、青年部から壮年部へと移行していくのは当然の姿である。人によって様々であるが、青年部時代の華やかな舞台から、壮年部の地味な活動の場へと進む場合もある。そのために若干のさびしさをずることがあるかもしれない。しかし、その時にこそ、信を深め、自身を磨いていけるか――ここに大きな分かれ道がある。

 人生は、マラソンレースのようなものだ。調子のいい時もあれば、悪い時もある。自分が評価される時もあれば、されない時もある。ともあれ、いかなる立場にあっても、「本有常住」の一を強く持って、自身の責任に全力で取り組んでいただきたい。その誠実と真剣の行動の中に、一切が開けていくことを知ってほしい。


 諸君は、若き日に広布を誓い合い、多くの同志とともに金の歴史を刻んでいる妙法の青年リーダーである。諸君にだけは絶対に退転してほしくない。信の挫折である退転は、いかなる理由があったとしても、自分自身を、そして、自身の青春の誓いを裏切ることになってしまうからだ。それでは、あまりにも惨めである。

 私も、師・戸田先生との若き日の“誓い”に、人生の全てを賭けてきた。あらゆるに耐え、信の道を進んできた。価値ある人生は、青春時代の“誓い”を、生涯貫くところに実現されることを確信していたからである。今は全く悔いがない。

 信仰の真髄は“生涯不退”にある。どうか諸君は、幸不幸の人生の荒波を経たとしても、どこまでも青春の誓いも固く、生涯、求道と不退の大道を歩み抜いていただきたい。


【青年部代表者会議 1986-12-17 創価学会新館】


 昭和61年の指導である。当時、太田青年部長・浅見男子部長という体制だった。会長勇退から反転攻勢に転じた歴史は、このお二方を抜きにして語れない。昭和56、57年(19811982年)と2年連続で「青年の年」と銘打ち、全国各地で文化祭が繰り広げられた。聖教新聞に先生の指導も掲載されるようになった。


 青年部長・男子部長の叫びが、全男子部を奮い立たせた。男子部が、あらゆる闘争の先頭に立った。先生の手づくりの青年部が誕生した。


 昭和54年(1979年)以降、会長勇退という事実が時間の経過とともに風化して、自然に盛り上がったわけではないことを、現在の青年部に知ってもらいたい。


 全国の青年が師の指揮を求めて懸命に戦った。しかし、再び障が襲い掛かった。昭和57年(1982年)1015、20、27日と、先生が検察側の証人として出廷することになった。東京地裁に向かう車の後を、右翼街宣車が追いかけ、誹謗中傷の限りを尽くし、裁判所の前では待ち構えていた数十社のマスコミがフラッシュを浴びせた。


 札幌でも部長以上の幹部による唱題会が連日行われていた。しかし、師匠を晒(さら)し者にしてしまった。


「諸君にだけは絶対に退転してほしくない」――先生はどんないで、この言葉を発せられたことか。


 男なら力を示せ。力がなければ、師を宣揚することはできない。

2005-11-10

勇気と知恵で一切を開け


 かつて戸田先生が、私たち青年部に教えてくださったことがある。山道を大きな石がふさいで前に進めない。しかし、どうしても行かなくてはいけない。どうするか、その時こそ「勇気」を奮い起こし、「知恵」を発揮してゆくところに、信の本当の強さと深さがある、と。

 ただ一人立ったナンセンの決定した「一」と「行動」は、冷淡な人々の無関や悪の包囲網も、突破せずにはおかなかった。要するに“決定(けつじょう)の一人”がいるかいないかである。彼は「人道」の新しい道を堂々と開き、残していったのである。


【第18回本部幹部会 1989-06-26 創価文化会館


 フリチョフ・ナンセン[Fridtjof Nansen](1861-1930)は冒険家として知られるが、晩年は国際連盟の民高等弁務官として尽力。1922年にノーベル平和賞を受賞している。

 ナンセンは自らカメラを抱えて、悩する民の姿を撮影し、救援を訴えた。国際連盟が国家の利害で揺れに揺れる中、「なさねばならぬ事柄をなすべき道は、つねにある」(『ナンセン伝』アナ・ガートルード・ホール/岩波書店:絶版)と、ナンセンは前へ進んだ。彼が人道支援を始めたのは60歳になろうとしていた時のことである。私財を投げ打ち、文字通り全てを賭けて、命尽きるまで民のために奮闘した。わずか11年間で、彼が救済した民の数は1000万人といわれている。


「ヨーロッパ大陸には、ナンセンのなした事にたいする喜びで妻や母親の泣かなかった国は一つもない」(前掲書)


 ナンセンの事によって、夫や子が捕虜の身から解放され、再開の喜びをかみしめた妻や母親は全欧州の至るところに存在した。


 その後、国際連盟が1946年に解散したことを踏まえると、ナンセンにどれほどの労があったか理解できよう。


 困に遭遇した時、その人の真価がわかる。何かあった時、その人の命が出る。悩みが深い人ほど、使命は大きい。多くの課題を抱えていればこそ、飛躍が可能となる。


 小さな“あきらめ”が、大きなツケとなる。たった一度の責任回避が、“逃げ癖”をつける。「法勝負」の厳しさを知る人は、何があろうとも、絶対に逃げるような真似はしない。崖っ淵で一歩退くことが、致命的であることを知っているからだ。




 今日付の「社説」に11度の総県長会議の内容が書かれている。これが、明年の呼吸である。「流れ」の変化を見逃さぬよう、よくよく参照されたい。

2005-10-15

苦難こそ福運の本因


 私も、19歳の時に戸田前会長の弟子となり、おそばにお仕(つか)えする立場となりました。当時、私は身体が悪かった。今みたいに多数の青年はいなかった。実際は数人であったかもしれない。そして、随分しい仕事もあった。事も大変であるし、学会もそれこそ豆粒ぐらいの存在であり、何を言っても狂人のようにわれていた時代であります。しかし、私は働きました。戸田前会長を信じ、学会を信じて、御本尊を受持し、ただ峻厳に進んでまいりました。

 一段落し、二段落し、きっと戸田前会長は家も建ててくださるだろう。また、私が悩んでいた身体が少しでもよくなるために、ゆっくり休ませてくれるかもしれない。また、自分のい通りに大学まで謝を出して行かせてくれるであろう等々と、甘い考えをもっておりました。しかし、全部、してくださらなかった。身体が悪いと言えば、本当に配はしてくださった。しかし、泣いて御本尊にお願いして、宿命転換できないわけはないという指導でした。また、アパートの狭しい生活であった。それが生涯、い出になる。今からいい家に入って安穏としていたならば、10年、20年先にきっと困ってしまう。学校の方も俺が教える。何も行く必要はない。本当の勉強をしなさい等々、私の甘い考えは全部吹っ飛ばされました。それで鍛えられました。それが、今日の私の福運です。今日の栄光ある地涌の菩薩の先駆を切って、諸君を指導しきっていける力と変わったのであります。

 諸君の中にも、経済力にしんでいる人もたくさんいるとう。仕事の上、それから家庭の上、職場の上等々において、あらゆる点で悩みの多い時代であるとう。だが、青年期だ。青年期とは、将来の人生形成のため、悩みと戦っていく時代の異です。そのをば、どうか信一途に堂々と打開し、変毒為薬し、未来に輝かしい実証を出してもらいたい。それを固く信じて邁進(まいしん)していっていただきたい。諸君の先輩もそのの道を切り拓いて、今日の栄冠を獲得しております。これは絶対の事実であります。


【夏期講習会/全国男子部部隊長会 1966-08-05 総本山大石寺・大客殿】


 草創期以来、「学会は貧乏人と病人の集まりだ」と世間は蔑(さげす)んできた。古参の副会長が語った。「でもね、学会に入ったから貧乏になったわけじゃない。入る前から貧乏だった(笑)」。本来であれば、政治が手を差し伸べなければならない人々を、真っ先に励まし、生きる希望を指し示し、人生を力強く進む確信を与えたのは、一人ひとりの学会員だった。


 貧乏と病気に喘(あえ)いでいた民衆は、妙法と巡り会うことによって、「宿」を「使命」へと昇華させた。「願兼於業」の法理によって、それまでは受動的に捉えられていた“”を、能動的に捉え直すという一大転換がなされた。重い荷物を背負わされていたとったら、何と、自分は重量挙げの選手だったということだ(笑)。


 労を避けて充実の人生はない。鍛えなくして偉大な人物はできない。今現実に宿命と闘っている方々は、“妙法のアスリート”と化して、勇んで“広布と信新記録”に挑戦しよう。


 昨夜、6に入会した学生部のメンバーを激励。任用試験に臨む構えについて縷々(るる)語る。若き生命は実に反応がいい。

2005-07-19

労苦から感動の劇は生まれる


 障害を恐れてはならない。労から、動の劇は生まれるのだ。怯めば「障害」だが、勇気を奮い起こして突き進む人には、それは、勝利の「飛躍台」となるのだ。


【『新・人間革命』「民衆」33 2005-07-01 聖教新聞


 そして、我々は勇んで労を引き受け、動の劇をつくった。法は勝負なれば、勝った人のみが知り得る世界が確かにある。


 それは、労が報われたという次元にとどまらず、自分の中の何かが革命され、周囲の人間関係にまで波動を与える。


 飛躍した一人ひとりが、また新たな目標に向かって、更に深い友情を築きながら邁進(まいしん)してゆく。ここに広布がある。

2005-05-05

二つの顔をもつ“万里の長城”


 万里の長の建設。そこにみられる「民を守る長」という理と、「民をしめる長」という現実――この深刻な落差に民衆の悲劇があった。

 次元は異なるが、私どもは一生成のために道修行をしている。また、世界の人々の幸福のためにも、広宣流布を進めている。道修行にも、広布の戦いにも、数々のはある。幸福という理と、道修行という労の現実との“落差”に悩む人もいるかもしれない。

 しかし、道修行、広宣流布のための労は、幸福を築くための労である。それは理と現実の“落差”ではなく、幸福のための“直道”なのである。

 このように道修行や広布のための労はある。だが、信以外のことで利用され、しむ必要はない。

 これまでも、純粋で真面目学会員を利用して、自分たちの邪(よこしま)な目的を成し遂げようとする黒い動きがあった。今後もそうした動きが必ず起きてくるだろうが、もはや絶対に許してはならない。それらを許せば結局、学会員がしむことになり、信の世界を濁らせてしまうからである。


【第14回本部幹部会 1989-02-20 神奈川文化会館


 数百万人を超える民の役(くえき)によって万里の長は成った。平易な言葉の奥深くに込められているものは重い。


 我々の立場でいえば、万里の長とは組織といえよう。会員を守るべき組織が、時に会員をしめる場合がある。本気で家庭指導に徹し、会員から信頼され、慕われているリーダーであれば、知悉(ちしつ)していることだろう。組織主義の悪弊に慮しながらも、これを革命できる人のみが本物の後継者である。


 針が落ちる音も聞き逃さない姿勢で、会員のを澄ませば、人々が抱える悩をすくい取ることができる。相手のを解きほぐし、何が何でも御本尊に向かわせる。そして、しかるべき手を、断固たる態度で次々に打ってこそ、幹部の存在が光る。また、こうした作を通して、周囲の幹部達をふるいにかけることもできる。


 ここで注しなければならないのは、手を打つようにみえながら、単なる情のレベルになってしまう人が大半であることだ。手を打つというのは、相手が動く方向にもっていかねばならない。テクニックというと、あざとく聞こえてしまうが、コツがあるのは確かだ。交渉力とでもいうべき代物。きちっと手を打てない人物は、幹部に対する不平不満を抱いて終わってしまう。こうして、無気力な人物が一人でき上がる(笑)。


 中者に利をじた場合、徹底的に戦わないと駄目だ。完膚なきまでに叩いておかないと、そこで戦う同志の殆どが、無気力な活動を強いられる結果となるからだ。


学会は、人材のでいくのだ!」と戸田先生は言われた。悪しき幹部と戦い、後輩を守り切る人こそが、学会にとっての“”の存在である。この一人がいれば、全員が守られるのだ。

2005-02-17

潔き信心あるところ苦難は福徳の糧に


 ともあれ、私どもが今、なさんとしているのは「末法万年」への壮大なる仕事である。

 しかも、妙法という無上の「法則」に基づいて、人類の「平和」と「幸福」の大道を開きゆく大偉である。

 この「大法」は世界中、いまだ他の誰人も知らない。いかなる財宝をもっても購(あがな)うこともできない。宇宙に唯一の「尊極(そんごく)の法」である。

 この法を根本にしてこそ、真実の「人類の夜明け」はある。これ以上の素晴らしき事はない。これ以上に深き義ある人生もない(大拍手)。

 この遠征の前に、少々の困や障害など、むしろ当然である。乗り越えるべき障害があってこそ、成長もあるし、爽快なる楽しみもある(拍手)。

 また、潔(いさぎよ)き信あるところ、「」はすべて「福徳」の糧(かて)と変わる。未来をひときわ輝かせるためのバネとなる。


【第9回SGI総会 1988-09-22 創価文化会館


 今の自分が変わることなくして、自分の願いが全部かなったら、どうなるだろう? 学会は、底の浅い人間と、ボンクラの集まりと化すことだろう(笑)。何の努力もしない怠(なま)け者だらけ。怪我もしない、病気にもならない、死にもしない人間だらけになる可能大(笑)。そんな風になったら、温かいビニールハウスに浮遊する塵(ちり)と変わりがない。


 そもそも、楽をすることが幸福であれば、スポーツなどする味がなくなってしまう。山登りなんぞ、愚の骨頂ってことになりかねない。


 身体を鍛えるには、負荷をかけるしかない。負荷に耐えてこそ、強靭な筋力が身につく。


 自分が止まって受ける風は、あまり気持ちのいいものではない。だが、自分の方から走って受ける風は爽快だ。自転車やオートバイに乗ったことのある人なら、誰でも実することだろう。


 ホームランの世界記録を持つ王貞治氏がこう書いている。


 常に挑戦するを持ち続けること、これは野球の世界だけではなく、どの世界にいても大事なことだという気がする。

 野球選手の場合は、もっとうまくなりたい、もっと遠くへ飛ばしたい、もっと速い球を投げたい、というような“もっともっと”という貪欲(どんよく)さを失わなければ、こういう不断の挑戦を自分のものとして保持し、持続することができる。(中略)

 挑戦を持続するには、いつも「なぜ?」という疑問を持っていることが必要だ。

 よりうまくなりたいとえば、肉体や精神のしみも倍加する。しかし、しんだ分だけうまくなれば、うまくなるためにはしむのが当然だとえるようになる。こうなったら、もうシメたものだ。

 なぜなら、上手にやれるものほど、やって楽しいし、楽しければ、それに伴うしみもまた楽しみに変えることができる、という不議な能力を人間は持っているからである。


【『回想』王貞治(勁文社)】


 つまり、をすべて福徳の糧と変えることのできる潔き信の人ほど、人生は面白いってこったね。