Hatena::ブログ(Diary)

斧節【onobusi】 このページをアンテナに追加 RSSフィード


WWW を検索 創価王道を検索

2008-10-01

顕正会の会員2人を逮捕 大学生に入会強要の容疑


 大学生に執拗(しつよう)に入会を迫ったとして、熊本県警は30日、強要の疑いで宗教法人顕正会」(本部・さいたま市)会員の山下幸一郎容疑者(36)=同県宇市=と岡村治容疑者(22)=同市=の2人を逮捕した。2人は「勧誘したが、強要はしていない」と容疑を否認しているという。

 県警によると、顕正会に関しては勧誘や脱会をめぐるトラブルが相次いでいるが、九州沖縄での逮捕は初めて。全国の警察には今年前半、約600件の相談が寄せられているという。

 調べでは、両容疑者は615日午後、山下容疑者宅や近くの駐車場で入会を拒んだ熊本市の男子大学生(20)を「信しないと成しない」などと脅し、入会届を書かせた疑い。

 顕正会は「詳しい内容は聞いていない。コメントすることはない」としている。


【産経新聞 2008-09-30】

2008-01-18

顕正会員を逮捕、本部など家宅捜索


【『フェイク』第893号(2008-01-18発行)】


暴力勧誘の浅井昭衛一派が警察を逆恨み


「週刊新潮」の記事は大ウソと間違い


 邪教「顕正会」(会長・浅井昭衛)は暴力や傷害を伴う勧誘を続けているが、新潟県警警備部は17日、新潟市中央区に住む顕正会員の牛腸明(31歳)と20代の男会員を監禁と傷害の容疑で逮捕した。


 調べによると、この顕正会の男二人は一昨年11、新潟市の当時10代だった男を無理に車に乗せて監禁、その後、同市内にある同会の関連施設に連れて行った。その際、投げ飛ばしてケガを負わせるなど悪辣な手口で入会を強要した疑い。


 この日、同県警は新潟市内の顕正会関連施設を家宅捜索すると共に、さいたま市の顕正会本部を家宅捜索した。


 顕正会の勧誘に関し、毎年100件を超える相談が警察に寄せられ、昨年1は神奈川県警が大学生を無理やり入会させた会員の男3人を逮捕、同会本部などを家宅捜索した。顕正会は昨年に引き続き、今年も頭から逮捕者二人を出し、家宅捜索を受けたわけである。


 顕正会の会員は公称124万人。新潟県内は顕正会が増殖している地域で、約10万4000人の会員がいるという。だが、その約9割は騙されて入会させられた被害者と言ってよい。入会させられたことを自覚していない人も多いのだ。


 非常識な暴力勧誘を繰り返す会員の逮捕について、浅井昭衛一派は「顕正会弾圧の警察に大下る」(顕正新聞 平成11年105日付)と逆恨みしている。


『週刊新潮』(124日号)にも「顕正会vs創価学会」という特集記事を載せ、理事の小峰勝彦に「会員の逮捕などは創価学会の謀略です」と言わせている。まったくデタラメな記事だ。週刊新潮は顕正会について「正式な称は冨士大石寺顕正会」と書いているが、これも間違い。浅井が勝手に詐称しているだけで登録は「顕正会」だ。『週刊新潮』はウソばかり書く。顕正会員の逮捕は自自得なのだ。

2008-01-17

強引勧誘で顕正会員に逮捕状


 宗教法人顕正会」(本部・さいたま市大宮区)の会員が、入会勧誘時に新潟市の男を車に押し込み監禁したなどとして、県警は16日までに逮捕監禁と傷害の疑いで会員の男2人の逮捕状を取った。所在確認など最終的な詰めの捜査をしており、逮捕と同時に、さいたま市の同会本部や新潟市中央区の県支部など関係先の家宅捜索に着手する方針だ。


 調べでは、男2人は2006年、当時10代だった同市の男を勧誘する際、男を殴った上、車に長時間監禁した疑い。県警は組織的に強引な勧誘をしていた疑いもあるとみている。


 同会のホームページなどによると、全国の会員総数は公称約124万人。県内は約10万4000人で、本部のある埼玉県や東京都など4都県に次いで5番目の会員数としている。05年5には、同市の朱鷺メッセで1万人規模の集会を実施したという。


 県警によると、県内では10〜20代の若者を中に勧誘時のトラブルが起きている。飲食店に呼び出された後、車内に監禁され、会員数人から数時間にわたって勧誘されたり、自宅に上がり込まれて入会を強要されたりといった被害の相談が寄せられている。


 同会をめぐっては、神奈川県警が昨年1、大学生を無理やり入会させた強要の疑いで会員の男3人を逮捕し、さいたま市の同会本部などを家宅捜索した。全国では、暴力を伴う勧誘をしたとして、会員が傷害容疑で逮捕される事件も相次いでいる。


【新潟日報 2008-01-17】

2007-12-09

宗教施設内トイレで刺される=軽いけが、傷害容疑で捜査―警視庁


 8日午後3時45分ごろ、東京都板橋区常盤台の宗教法人顕正会」東京会館1階のトイレで、神奈川県座間市の会社員男(42)が、男に刃物のようなもので背中を刺された。男は軽いけが。警視庁板橋署は、傷害容疑で逃げた男の行方を追っている。

 調べによると、刺した男は身長約170センチで、映画「スパイダーマン」のようなマスクをし、ジャンパー姿。若い男のようだったという。


時事通信 2007-12-09】


 プリン君からの情報。

2007-01-11

強引勧誘で3人逮捕、「顕正会」本部捜索


 宗教法人顕正会」の会員の男ら3人が、男子大学生に入会するよう強引に勧誘した疑いが強まり、神奈川県警は男らを逮捕するとともに、さいたま市にある「顕正会」本部を初めて捜索しました。

 強要の疑いで家宅捜索を受けているのは、さいたま市大宮区にある「顕正会」本部と、神奈川県小田原市にある「顕正会」小田原会館など6ヶ所です。

 県警は南足柄市に住む会社員、大川正規容疑者(28)と、小田原市に住む会社員、寒河江真容疑者(30)、それに神奈川県内に住む19歳の少年の、「顕正会」の会員合わせて3人を逮捕しました。

 調べによりますと3人は去年9、厚木市の男子大学生(20)を「顕正会」小田原会館に連れ込み、前や住所を無理やり聞き出し入会手続きをさせた疑いが持たれています。

顕正会」は教系の宗教法人で、インターネットのホームページには、「日蓮大聖人に背く日本は必ず滅びる」などど終末を唱えています。

顕正会」をめぐっては、強引な勧誘活動を行ったとして会員が逮捕されるなど、各地でトラブルが相次いでいますが、「顕正会」本部に警察の捜索が入ったのは初めてのことです。

 今回の捜索について、「顕正会」は「完全なる不当な捜索で不当な逮捕だ」とコメントしています。


【TBS】

2006-12-01

「顕正会」の会員2人逮捕、事務所捜索


 宗教法人顕正会」の会員の女2人が、埼玉県に住む48歳の女を勧誘中に女の持っていたお守りをはさみで切ったとして、埼玉県警に逮捕されました。県警は、茨県にある「顕正会」の事務所も捜索しました。

 器物損壊の疑いで逮捕されたのは、東京都江戸川区に住む「顕正会」会員、溝口順子容疑者(47)ら2人です。

 溝口容疑者らは今年4埼玉県行田市内のレストランで、48歳の主婦に「お金が入って来なくなる」などと言い、主婦の持っていたお守り2個をはさみで切った疑いが持たれています。

 調べによりますと、溝口容疑者らは「を治すにはいい方法がある」などと言って、およそ5時間に渡り、「顕正会」に入信するよう、この主婦を勧誘したということです。

 さらに、勧誘を受けた主婦は「茨県にある事務所に連れて行かれた」と話しているということです。調べに対し溝口容疑者は「知らない」「関係ない」と話しているということです。警察は、詳しいいきさつを調べています。


【TBS 30日13:40】