Hatena::ブログ(Diary)

斧節【onobusi】 このページをアンテナに追加 RSSフィード


WWW を検索 創価王道を検索

2011-09-16

戸田先生「おカネのないのが創価学会の自慢だ」


 私が入会した頃の創価学会は、おカネにはむしろ、恬淡(てんたん)としていて、おカネのかからない宗教だった。戸田城聖第二代会長は、「おカネのないのが創価学会の自慢だ」といい、「我が宗は賽銭箱(さいせんばこ)など置いていない。他の教団はおカネにまつわるトラブルが絶えない」と金権体質にまみれた他の新興宗教を公然と批判していて、おカネが一銭もかからない宗教でありながら現世利益がもたらされるというのが、創価学会だった。

 戸田氏が、1957昭和32)年3月本部幹部会で、次のように幹部を戒(いまし)めたという記録も残っている。

「宗教でカネ儲(もう)けするぐらい簡単なことはないのだぜ。お賽銭を上げろというのだよ。インチキ宗教のやり方は、功徳をもらうには元手がいる、だからカネを出して神を拝めば、倍にも3倍にもなって出てくるから出せ、出せというのだよ。そういうことをして信者を騙(だま)してカネを取る。

 このくらい、世の中に簡単なことはない。やりたければやってもよいが、必ず地獄へ行くから、やってみたまえ。それがいかんというのが、私の精神なのだ。

 そうすると困ることが一つあるのだ。仏教のうえからいって日蓮大聖人様の御書を読んでもはっきりするし、釈迦(しゃか)の学説を聞いてもはっきりするが、『お布施(ふせ)を出せ』ということがある。大聖人様は、お布施は出せとはおっしゃらない。

 しかし、法華経の行者供養(くよう)した者には功徳があるとおっしゃっている。そうすると、出さねばならないような気持ちが出てくる。どうだね。これが邪宗教の起こるもとになってくる。悪いことをするやつは、この原理だけ使うのだ。日蓮大聖人様でない者が、大聖人様のような顔してカネを集めるから邪宗教だろう」


【『黒い手帖 創価学会「日本占領計画」の全記録』矢野絢也〈やの・じゅんや〉(講談社、2009年)】

黒い手帖 創価学会「日本占領計画」の全記録

2010-08-06

「朝鮮動乱と広宣流布」


 三十八度線を中心にした鮮の戦争は、共産軍と国連軍の闘争である。

 戦争の勝敗、政策、思想の是非(ぜひ)を吾人は論ずるものではないが、この戦争によって、夫を失い、妻をなくし、子を求め、親をさがす民衆が多くおりはしないかと嘆くものである。

 きのうまでの財産を失って、路頭に迷って、にわかに死んだものもあるであろう。なんのために死なねばならぬかを知らずに、死んでいった若者もあるであろう。「私はなにも悪いことをしない」と叫んで殺されていった老婆もいるにちがいない。親とか兄弟とかいう種類の縁者が、世の中にいるのかと不思議がる子どもの群(む)れもできているにちがいない。着のみ着のままが、人生のふつうの生活だと思いこむようになった主婦も少なくあるまい。むかし食べた米のごはんを夢みておどろく老人がいないであろうか。

 かれらのなかには、共産党思想が何で、国連軍がなんできたかも知らない者が多くなかろうか。「おまえはどっちの味方だ」と聞かれて、おどろいた顔をして、「ごはんの味方で、家のあるほうへつきます」と、平気で答える者がなかろうか。

 鮮民族の生活は、このうえない悲惨(ひさん)な生活で、かれらの身の上におおいかぶさった世界は悪国悪時の世界である。


昭和26年(1951年)5月10日/『戸田城聖全集 第3巻 論文・講演編』聖教新聞社、1983年】


戸田城聖全集 第3巻 論文・講演編

2009-11-15

時習学館に関する記事


「創価教育学支援会には、鳩山一郎もを連ねています」――これは知らなかった。

2009-06-07

信ずる者は常に勝つ


 更に誉会長は、師の広宣流布への精神を述べつつ、

 1.“いざ”という時には、「獅子」のでいかなくてはならない。自分を守ることに汲々として、あっちに付いたり、こっちに付いたりするような、信のない、臆病な人間であってはならない。私は何があっても信強盛に、常に戸田先生の弟子らしく「獅子」として進んできたつもりである。

 2.広布の組織においても、“互いに信しているから、言わなくてもわかっているだろう”というのは間違いである。正しいことを明快に言い切っていくのが、指導者の責任である――などと語り励ました。


戸田先生生誕90年記の懇談会/第3回懇談会 1990-02-11 東京・学会別館】


戸田先生生誕90年記念の懇談会/第2回懇談会」の翌日に開催された会合。紹介された内容は大綱のみと察する。厳しい指導は公(おおやけ)にされなくなった。不信を起こすメンバーが出てくるからだ。そしてインターネットを中とした情報化社会は、組織から口伝を奪い去った。


「正しいことを明快に言い切って」ゆくのは、身についてしまうとしいことではない。何がしいかというと、「自分を正しく律して」ゆくことなのだ。自信がないから言い切れない。「嫌われたらどうしようかな」などと考えてしまう。大した好かれているわけでもないのにね(笑)。


 訓練期間においては、一つ一つを経験しながら、一つ一つの勝利を積み重ねてゆくしかない。この間の勝負どころを曖昧にした人物は、後々困る羽目となる。目の前の山を識し、踏破するだけの脚力が求められているのだ。


 獅子の部分に関しては、「先生、何を今更……」といういが拭えなかった。だが、壮年部へ以降してからわかるようになった。そして、引っ越してからもっとわかるようになった。こういうのは、わかっても嬉しくないね(笑)。


 大人は狡賢(ずるがしこ)くて卑怯だ。世渡りみたいにして組織を泳いでいる幹部も多い。幹部の前ではニコニコと愛を振りまき、いなくなった途端陰口を叩き出す婦人部は掃いて捨てるほどいるよ。


 こんな連中が後輩を守れるはずもない。彼等が守るのは自分の立場だけだ。


 外と関係ないように見えるだろうが、喧嘩(けんか)の強いリーダーは会合を盛り上げることができる。なぜなら考えようによっては、会合も参加者との喧嘩であるからだ。折伏も当然喧嘩である。牧口先生は「後の喧嘩を先にするのだ」と最初にきっちり破折しておくべき姿勢を教えられている。

2009-06-03

深き信心の眼を


 戸田城聖第二代会長の生誕90周年を記しての第2回懇談会が、10日午後5時半過ぎから、池田誉会長が出席し、東京・信濃町の学会別館で開かれた。

 その際、誉会長は参加者と厳粛に三座の勤行をするとともに、戸田第二代会長をしのびつつ、師の指導を語り伝えておきたいとし、約1時間にわたり大要、次のように語った。


 1.「『組織の眼』だけではなく、常に『信の眼』で人を見なければならない。特に役職は高くなくても、また役職はなくても、本当に真面目な信の方がおられる。その方々を尊び、からたたえ、励まし、守っていくが、自分自身の信の証であることを忘れてはならない」

 2.「広宣流布のために、常に行動していく人は、まことの大聖人の門下であられる。これこそ学会にあっては私の真の弟子である。広宣流布の行動をしているように見えながら、すべて自分自身の利害のために動いている人は、私の敵である」と厳しかった。

 3.「私がいなくなった後、悪い幹部も出るに違いない。口のうまい人、学会を利用して自分の利害を考える人等々――常に青年は、濁ったそれらの人々を見抜き、戦っていかねばならない。そうでなければ、正法の永遠も、信の正しさも証明できなくなってしまうからである」と指導された。私は青年として、こうした悪しき幹部とも徹底して戦ってきた。

 4.「母親は子供をいくら叱っても配ない。しかし、父親が叱ることは非常に危険な場合がある。鋭敏な子供は、母親の叱り方には愛情をじる。父親から叱られると、重圧をじてひねくれたり、反抗をしたがるものである。この点、子供を育てる場合、よくよく気をつけるように」

 5.「夫の力が社会で『十』のうち『五』くらいの存在であっても、妻が聡明であれば『八』までの力を出し、生かすことができる。反対に、夫が『十』の力のある存在であっても、妻が愚かであると『五』とか『四』とか『三』の存在に引き下げてしまうものである。

 また、夫人が非常識であれば、夫をダメにしてしまう。夫人が聡明で、夫に言うべきことをきちんと言っていけば、夫もどんどん伸びるものだ。

 要するに、“夫に力がある”とか“人より偉い”といって見栄を張ることは、愚かさの象徴である。自惚(うぬぼ)れと非常識は皆から嫌われ、暗い人生の方向に追いやられてしまう場合がある」と、妻の信、聡明さがどれほど重要であるかを厳しく注されていた。

 6.「金銭にだらしのない家は不幸である。決して栄えない。金銭、そして一日一日の生活を大事にしていく家庭は健全である。して家計簿はつけるべきである」と言われていた。我が家は今でもその通り実行している。


 更に誉会長は、「人の格は、中々変わらないものだ。ゆえに『相手が変わる』ことを望むのではなく、自分が力をつけ、成長していくことである。それが、環境を変えゆく原動力となる」「情報化時代である。情報をいかに速く、正確につかむかで、事の成否が決まってしまう場合があまりにも多い」「何事も明快に話し、指導していかねばならない。それがの雲を晴らし、確信の行動を生むのである」など語った。


戸田先生生誕90年記の懇談会/第2回懇談会 1990-02-10 東京・学会別館】


 この手の指導は理由があって箇条書きとなっているのだ。求道心次第で受け止め方には決定的な差が生じる。文字だけ読めば、幾度となく紹介された内容である。


 振り返ると、1989年12の終わりに日経平均株価は3万8957円の天井をつけてから暴落した。翌1990年の101日には1万9781円まで下がった。そして、1991年から「失われた10年」が始まったのだ。


 景気が冷え込み、リストラの嵐が訪れる直前に、先生は信の基本を打ち込まれた。これは今だから理解できることだ。この頃、ある青年実家に教えてもらったのだが、「本部幹部会で先生は、『バブルが弾けた』と明快に仰った」そうだ。私は全く記憶になかった。


 大変なご労をされた方も多かったこととう。それでも我々は、日顕宗に鉄槌を加え、四月会と戦った。失われた10年は、学会にとって激動の10年だった。この間に私は、男子部の部長から総区副青年部長となっていた。あっと言う間に駆け抜けた10年だった。迷っている暇すらなかった。


 師の指導を軽々しく受け止め、浅はかに考えていたメンバーは皆、落伍していった。我々はどんなに頑張っても、自分の境涯の範疇(はんちゅう)でしか判断できない。しかし、広布最前線で闘争し抜く時、自分の境涯を打破せざるを得なくなる。その時に指導の本質が少しわかるようになる。理が事になる瞬間といえよう。


「わかったつもり」になっている幹部が一番危ない。

2009-05-07

「決して恐れるな、獅子として堂々と生き抜け」


 戸田城聖第二代会長生誕90周年を記し、第二代会長をしのぶ第1回懇談会が9日午後5時半から、池田誉会長が出席し、新宿区内で開かれた。

 席上、誉会長は、メンバーの日頃の活躍の労をねぎらいつつ、「戸田先生を知らない世代に、師の残された広宣流布の精神を語り伝えておきたい」と述べ、約1時間にわたり、大要、次のように戸田第二代会長の指導を語った。


 1.戸田先生が晩年、青年によく言われていた指導がある。「決して恐れるな、獅子として堂々と生き抜け」と。

 2.人生には、さまざまなことがある。ゆえに、必ず何でも相談できる人を一人、に置いておくことが大事である。

 3.常に弱者の味方たれ。傲慢とは、どこまでも戦い抜いていかねばならない。

 4.いかなる組織や団体でも、大きくなれば、さまざまな問題や事故はあるものだ。これは必然である。しかし、それらの問題を解決しながら、更に大きく発展させていくのが「妙法」の力であり、価値創造なのである。

 5.「世界の広宣流布を」との日蓮大聖人の御遺命は素晴らしいことである。「理」が大きければ大きいほど、「人生」は大きくなる。また、労なくして真の指導者は育たない。


 更に誉会長は、こうした第二代会長の指導を引きながら、「時とともに成長していかないのは、本当の人生修行ではない」「何事も電光石火のごとく手を打たねばならない。そこに勝敗の分かれ目がある」「強く生きよ。堂々と我が信の道を進んでいくことだ」「一生懸命行動した分だけ、人々との絆を強めることができる。そのの結び合った人たちが、いざという時に諸天善神の働きとなってくれる」「子を守るための戦いを忘れてはならない。『戸田の生命よりも大切な広宣流布の組織』で戦っている人を守れということである」など語った。


戸田先生生誕90年記の懇談会/第1回懇談会 1990-02-09 東京・新宿区内】


 民主主義の代詞である議院内閣制が生れたのは18世紀のこと。古代インドや古代ギリシアには部分的な民主政は存在したが、その後否定されている。民主主義の母体となった市民革命は、1641年にイギリスで清教徒革命が起こり、1789年にはフランス革命が欧州の大地を揺るがした。しかしながら両国はその後、王政復古へと逆戻りしている。歴史はいつだって矛盾に満ちている。そして大衆はいつだって気まぐれだ。


 人類がまだ民主政を発見していなかった頃、政治は君主制だった。王位は自動的に継承された。代々続けば、時には愚かな王様も現れる。そうしたリスクを回避するために幼少時から施されたのが帝王学である。ソクラテスからマキャベリに至るまで帝王学というテーマは継承された(上田惇生著『ドラッカー入門 万人のための帝王学を求めて』ダイヤモンド社、2006年)。


 我が創価学会においては、民衆の指導者を育てるべく戸田先生が青年部に将軍学を叩き込まれた。そして、組織の命運を左右する参謀室・渉外部の責任者に若き池田先生を任命された。人材を抜擢して育てるのが戸田先生の育成法だった。


 将軍学が知識であるうちは、まだダメだ。肚(はら)の底に入っていて、瞬時に行動できるようでなければ。これは、訓練を繰り返す中でしか身につかない。そして、偉大なる将軍の身近にいなければ、将軍たる者の覚を理解し得ない。結局、人が人を育てるのだ。


 短い言葉の中に深遠な教えが込められている。そこに気づき、索し、体得する日々であらねば。

2008-12-09

所帯を持った池田青年に対する戸田先生の指導/『池田大作 行動と軌跡』前原政之


 遅ればせながら『池田大作 行動と軌跡』を読んだ。労作である。何にも増して文章がいい。先生の著作を一通り読んだ者であれば、二番煎じ的な印象を受けるかも知れない。だが、それは底の浅い読み方である。著者の図は、飽くまでも池田大作という人物の全体像を描くことに力点が置かれ、妙な粉飾を斥(しりぞ)けていることがわかる。つまり、著者が定しているのは創価学会員ではない。先生を知らない人、または先生を誤解している人にこそ向けられた書籍といってよい。


 そして、私ほど先生の著作に親しんできた者であれば(←自慢だよ♪)、時代の変遷(へんせん)と、学会における歴史的義の変化までもが読み取れる。抑制された文章の上辺に捉われるとそこが理解できない。我々学会員は、せめて著者と同じ程度に先生の著作をひもとくべきだろう。


 池田先生が結婚された時の以下の指導を、私は初めて知った――


 昭和27年(1952年)53日、池田が白木香峯子と結婚すると、戸田は「これからは鉄ではなく金を鍛えるぞ」と宣言し、私生活の上でも口やかましく指導し始めた。池田が粗悪品を買ってくると「みっともないことをするな」と睨(にら)みつけた。礼を尽くすべき相手への贈り物も一流品を買わせ、「高い安いではない。真を届けるのだ」と自ら店を指定した。池田の結婚披露宴でも花嫁の香峯子にむかって「ダイちゃんが悪くなったら、みんなあなたの責任ですぞ」と断言し、池田に「どんなに偉くなっても中流生活、どんなにおちぶれても中流生活を守れ」と厳命した。さらに、男子のたしなみとして、座布団一枚のうえで舞を舞う足運びさえ池田に伝授した。


【『池田大作 行動と軌跡』前原政之(中央公論新社、2006年)】


 カテゴリを「将軍学」としたが、実際は「帝王学」ともいうべき内容である。形式だけの儀礼を嫌い、中流生活を勧める戸田先生の発言が、釈尊の初期経典で説かれる「バラモン」をい起こさせる。豊かな暮らしが、庶民の姿を見えなくする。また、贅沢(ぜいたく)は人のから謝を奪い去る。そして、欲望は確実に肥大してゆき、傲慢な人間が醸成されるのだ。


「人の振舞」(1174頁)と口にすることは易(やさ)しい。だが、そこに具体がなければ、人のには刺さらない。戸田先生の言葉は、宝石の如き至言であり、襟を正さざるを得ない響きをじる。


池田大作 行動と軌跡