Hatena::ブログ(Diary)

斧節【onobusi】 このページをアンテナに追加 RSSフィード


WWW を検索 創価王道を検索

2008-09-06

友と会えば生命はダイナミックに回転を始める


 小さな自分のカラに閉じこもった生活――そこには躍動がない。真の創造も、喜びもない。ゆえに生きた知の深まりも、価値ある行動の広がりもないであろう。

 ところが一歩、人間への行動を起こす。友と会い、語る。一緒に悩み、考える。すると中には、限りない慈しみと知恵が湧く。それが、い切った実践となっていく。いつしか生命は、ダイナミックに回転を始める。「友情」が、生命にみずみずしい触発を与えているのだ。

 友への断ちい熱情。会って確かめ合う信頼と誓い。しみを分かち合うの強さ、潔さ。「友情」はを強くし、人生の行き詰まりを破り、越えてゆく大いなる力となる。


【静岡県青年会議 1990-01-21 富士宮国際文化会館


「小さな自分のカラに閉じこもった生活」――これって、アンチ学会の連中そのものだよ。奴等の行動は、「アンチアンチによるアンチのための書き込み」に集約されている。生きがいは“創価学会を貶(おとし)めること”である。結構だ。そういう人生があってもいいだろう。アンチアンチ同士で固まって、ビッグバン以前の宇宙ぐらいの大きさになってゆくに違いない。多分、鼻クソぐらいの大きさになる予定である。


 で、今度は我々だ。友達と会えば生命が「ダイナミックに回転を始める」とは限らない。「ダイナミックな空転」はありがちだ。そこの男子部、お前さんのことだよ。幹部から無理矢理背中を押されて、ヨロヨロと慣の法則で友人のところに辿り着いているような姿もある。そう、君はサッカーボールだ。地球の引力に敗れて、必ず止まることになっている。


 これはだ、志がどこにあるのかという問題だ。「中々やる気は起こらないのだが、中堅幹部なんで取り敢えず既成事実をつくっておくか」――これが根のない部幹部の活動スタイルだ。数は上がっても実(じつ)がない。皆無。ゼロ。ブラックホール。穴があったらお前が入れよ。


 大組織になればなるほど、相対的に自分の志が小さくなる。企も教団も変わらない。人間は管理下に置かれ、手足のように動かされる羽目となる。「俺はロボットなのか?」――そう、ロボットだよ。


 突っ込んだことを書いておこう。組織というものは、「組織する」場合においてのみ本来の目的を果たすことができる。つまり、自分が中となってネットワークを拡大すれば、そこに集うのは「志を同じくする」人々となるのだ。だから、出来上がった組織の一構成員という自覚では、自分の志が欠落してしまう。


組織を守る」ことは正しい。だが、「組織に生きる」ことはやめるべきだ。「組織のための自分」なのか、あるいは「自分のための組織」なのか――こうしたことを考えている学会員は極めて少ない。創価学会幸福になるための組織である以上、正解は後者となる。だから本当は、「自分の人生をよりよいものとするために、創価学会を使ってみる」という姿勢こそ正しいのだよ。これぞ、究極の組織利用。このあたりを、反対にい込んでいる会員が目に余る。自分を犠牲にしながらの学会活動だ。まるで祭壇に捧げられた生贄(いけにえ)。そんなものは、殉教の精神とは異なるマゾヒズムに過ぎないよ。


 洗い物をする時はタワシを使う。遠くに出掛ける場合は飛行機を使う。幸せになるためには創価学会を使う。これでオッケー。


 まあ、色々と回りくどいことを書いているが、結局、随自意とはここから始まるのだ。自分が自分の志で動く。そうすると、生命はダイナミックに回転を始める。試しにやってごらんよ。活動が楽しくなるから。


 尚、以上のテキストは、25歳以下の青年と入会3年以内のメンバーに対して書いたものである。それ以外で該当する人がいたら、一度脱会して、再入会した方がいいかもな。もちろん本気で言っている。

2006-12-12

動かなければ勝てない


 教職員が動き、語っていった分だけ、大学・学園は発展する。

 動かなければ勝てない。これは万般に通じる鉄則である。


創価教育代表者会議 2006-08-03 長野研修道場


「動かなければ勝てない」――これを肝に銘じたい。


 私の周囲を見渡すと、あまりにも無駄な動きが多い。いくら、打ち合わせや会合をやったところで人は育たないのだ。


 悩める人のための組織であり、一人のための組織である。その本末を転倒すると、組織は人間を失い、必ず制度疲労を起こす。


 幹部が動いてない――ここに組織一凶がある。一見すると動いているように見えるが、打ち出しに躍らされているだけだ。こういう連中が、組織悪を育み、最前線の邪をする。


 幹部は偉そうな顔をしなくていいから、せめて、連れ出しぐらい手伝ったら、どうなんだ?