Hatena::ブログ(Diary)

斧節【onobusi】 このページをアンテナに追加 RSSフィード


WWW を検索 創価王道を検索

2012-07-20

『池田大作と暴力団 独占スクープと内部資料が明かす創価学会ヤミの裏面史+跡目争いの行方!』西岡研介、乙骨正生、森功、山田直樹(宝島NonfictionBooks、2012年)


池田大作と暴力団 独占スクープと内部資料が明かす創価学会ヤミの裏面史+跡目争いの行方! (宝島NonfictionBooks)


 オウム真理教事件が起こり、宗教法人法の改正で国会が揺れた1990年代半ば――永田町であるテープの存在が囁かれた。山口組直参後藤組の後藤忠政組長(2008年引退)と、池田大作名誉会長の“腹心”として学会の裏仕事を担ってきた藤井富雄・都議会公明党顧問(当時は都議)の密会テープである。このテープが永田町に流出。藤井顧問は後藤組長に対し、当時、自民党の組織広報本部長として反学会キャンペーンの先頭に立っていた亀井静香議員の口封じなどを依頼したという。果たしてその真相は?本書では“盗聴実行犯”と初めて接触し、生々しい証言の獲得に成功。「パンドラの箱」からは、驚くべき事実が飛び出してきた!


目次

INTRODUCTION


PART1 池田大作と山口組と謀略

 ▼創価学会&公明党に大型スキャンダル

 独占スクープ 盗聴実行犯、17年目の告白!

 後藤組組長/藤井都議会公明党顧問「密会テープ」の全貌!!

 池田大作の腹心が山口組本家にもちかけた頼み事   西岡研介


 ▼「学会ウラ部隊」謀略の真実!

 私は創価学会に盗撮され、通話記録を盗まれていた

 学会内部資料「諜報マニュアル」掲載   乙骨正生


 ▼反創価学会勢力潰しの「世論工作」と公明党の隠微な関係!

 告発スクープ 謎の調査会社JTCに流れた公明党の“政党交付金”   高橋篤史


PART2 支配されたメディア知識人

 ▼選挙の広告塔が密かに増殖中!

 創価学会の芸能界占領計画

 AKB総選挙でも学会票!? 芸能人の実名総まくり!   常田 裕


 ▼『公明新聞』だけでも年間7億2800万円!

 『聖教新聞』の印刷利権に牛耳られ、池田大作の“提灯記事”を載せる朝日・読売・毎日   黒薮哲哉


 ▼『潮』『第三文明』『灯台』『パンプキン』徹底リサーチ

 池田教の“広告塔”に墜ちた学会シンパの知識人リスト!

 田原総一朗佐藤優・山口二郎・雨宮処凛・茂木健一郎のありえない発言   佐々木奎一


 ▼覆面記者座談会

 創価学会系球団の御三家は「日ハム」「楽天」「巨人

 事情通がブチまける学会とプロ野球の知られざる関係   取材・構成=白城嗣郎


 ナンバーワンは『読売新聞』! 創価学会系広告出稿ランキング公表

 全国紙からブロック紙まで、ズブズブの関係を数値化してみた   佐々木奎一


PART3 池田大作なき後の跡目争い

 ▼信濃町コンフィデンシャル

 相続問題で国税当局に怯えて迷走する池田大作の“跡目争い”!

 検証! 長男「博正」をかつぐ御学友派vs現実路線の谷川グループ   山田直樹


 ▼本邦初の本格調査!

 池田大作なき後に残る「創価学会」の巨額資産を見積もる

 信濃町施設の資産価値から墓苑事業の収益、関連法人の財務内容まで!   高橋篤史


 ▼カリスマの潰えた野望

 池田大作ノーベル平和賞受賞」工作の軌跡   広岡裕児


 ▼金満教祖のルーツ「関西創価学会」の裏面史

 池田大作をトップに君臨させた高利貸し時代の営業力とカネ   森 功


PART4 池田大作なき後の日本支配

 ▼「東大法華経研究会」OBの進路実態

 財務省・経産省・外務省……

 日本の中枢に学会エリートはどれだけ浸透したか?   談=福本潤一 取材・執筆=石井謙一郎


 ▼国防の中枢に入り込み「主流派」の一角を占める非常事態

 政府秘密文書を本邦初公開! 創価学会「自衛隊折伏計画」の驚くべき真相   小和田三郎


 ▼「総体革命」はどうなるのか?

 総数20万人! 創価大学OBの“進路”に見る日本社会の“学会員浸透度”

 地方公務員1500人、公立学校教員6100人、大手上場企業も軒並み   乙骨正生


 ▼信濃町ウォッチング

 『聖教新聞』の広告クライアントに大異変!

 ゼネコン生保・銀行が激減、半数以上が通販広告のなぜ?   藤倉善郎

2012-06-23

2012-02-28

『仏教の思想 12 永遠のいのち〈日蓮〉』紀野一義、梅原猛(角川ソフィア文庫、1997年)


永遠のいのち「日蓮」―仏教の思想〈12〉 (角川文庫ソフィア)


 混迷する時代の中で、弾圧と迫害をくぐり抜け、新しい価値創造者となった日蓮。その強烈な個性と実践力で打ち立てられた「山川草木悉皆成仏」という思想は、また日蓮を信奉した宮沢賢治の思想でもある。この仏教的自然観は、21世紀における人類の世界観になりうる壮大な思想であり、日蓮がめざす「久遠実成」「永遠のいのち」の生命論である。

2012-02-27

『カトリックと創価学会 信仰・制度・社会的実践』南山宗教文化研究所編(第三文明社、1996年)


カトリックと創価学会 信仰・制度・社会的実践


 1996年、名古屋の南山大学南山宗教文化研究所と東京の創価大学のキャンパスにある東洋哲学研究所の所員は、カトリックと創価学会の1年にわたる対話の帰結として、南山大学においてシンポジウムを開催した。本書はこのシンポジウムの記録である。

 本書の核となっているのは、諸宗教対話の本質、宗教における社会的実践の役割、信仰と制度的構造の間の関係である。各発表に対して各セッションの代表者によってレスポンスを行なわれ、さらに長時間の討論が行われた。本書にはこれらの記録の全体が収録されている。

2012-01-26

『脳科学からみた「祈り」』中野信子(潮出版社、2011年)


脳科学からみた「祈り」


「前向きな心、感謝、人を思う祈り」が脳を活性化し免疫力を高める。

2012-01-24

『越境する日韓宗教文化 韓国の日系新宗教 日本の韓流キリスト教』李元範、櫻井義秀編(北海道大学出版会、2011年)


越境する日韓宗教文化―韓国の日系新宗教 日本の韓流キリスト教


 なぜ、日本において韓国系キリスト教が教勢を伸ばしているのか。なぜ、反日感情の強い韓国で、創価学会が140万人もの信者を獲得できたのか。日韓の研究者による包括的な調査から、これまで知られなかった布教の実態と、外来宗教が受容された要因を明らかにする!


目次

はじめに  櫻井義秀

第一部 「宗教文化」の理解と方法

第一章 「宗教文化」の動態  土屋博

 第二章 日本における「韓流」と「癒し」の文化  李元範

第二部 韓国における日系新宗教

 第三章 韓国における日本の新宗教  李元範

 第四章 韓国における創価学会の展開  李賢京

 第五章 韓国天理教三世信者の信仰継承  李賢京

第三部 日本における韓国の新宗教・伝統宗教

 第六章 韓国新宗教の日本布教  林泰弘・李賢京

 第七章 韓国円仏教の日本布教の現状と展望  梁銀容

 第八章 統一教会の日本宣教――日韓比較の視座――   李進龜(李賢京 訳)・櫻井義秀

 第九章 朝鮮学校教員家族における祖先祭祀の変容  猪瀬優理

第四部 日本における韓国のキリスト教

 第一〇章 韓国キリスト教の日本宣教  申光(李賢京 訳)・中西尋子

  資料1 韓国系の教団教派の教会/資料2 代表者が韓国人もしくは韓国語の礼拝を行っている教会

 第一一章 韓国キリスト教の日本宣教戦略と「韓流」   李賢京

 第一二章 在日大韓基督教会と韓国系キリスト教会の日本宣教   中西尋子

 第一三章 沖縄における韓国系キリスト教会の展開

      ――在日大韓基督教会沖縄教会と純福音沖縄教会を事例に――  吉野航一

 第一四章 韓国キリスト教によるホームレス伝道  白波瀬達也

 第一五章 ある韓国系教会のカルト化――聖神中央教会を事例に――  櫻井義秀

 おわりに  櫻井義秀

2011-12-17

矢野本を推す


 10月に刊行された『乱脈経理 創価学会 VS. 国税庁の暗闘ドキュメント』を読んでいるのだが、まあ面白い。私と同世代で青年部の中堅幹部を務めた者であれば、様々な疑念が氷解することだろう。とにかく読み物として、よくできている。矢野本については本書から入り、『闇の流れ 矢野絢也メモ』→『私が愛した池田大作 「虚飾の王」との五〇年』と進むのが望ましい。尚、『私が愛した』はまだ読んでいないので不要かも。


 ブログを持っている諸君は是非とも感想をアップしてもらいたい。ま、創価学会員でこの本をきちんと読める人は稀だと思うが。年が明けたら、私も詳細にわたって所感を綴る予定である。


乱脈経理 創価学会VS.国税庁の暗闘ドキュメント 闇の流れ 矢野絢也メモ (講談社プラスアルファ文庫) 私が愛した池田大作 「虚飾の王」との五〇年