Hatena::ブログ(Diary)

斧節【onobusi】 このページをアンテナに追加 RSSフィード


WWW を検索 創価王道を検索

2006-11-10

もう一歩の執念、粘り、努力、配慮


 さて、小堀遠州(えんしゅう)は、万事において磨きに磨き上げた完成品をつくり上げるまで、絶対に妥協しない人であったようだ。真実の信の人、また何事でも本物をつくろうとする人は、決して安易な妥協はしない。ここに世間でいう、いわゆる「一流」と「超一流」の違いがある。

 本当の本物をつくり上げるためには、もう一歩の「執」、もう一歩の「粘り」、もう一歩の「努力」、もう一歩の「配慮」が鍵となる。それはすべての分野においていえる。どうか、中部の皆さま方も、自身の人生の建設に、また地域広布の発展に、この「もう一歩」の努力を、最後まで忘れないでいただきたい。


【中部記幹部会 1988-03-28 中部池田記講堂】


 会合の前半で、「朝の敗北は一生の敗北に」と指導されている。


 古屋天守閣をつくり上げたのは加藤清正。そして、作事奉行が小堀遠州だった。遠州は後に、桂離宮などを設計。書や画、また建築や庭園なども含めた「総合芸術としての茶道」を確立した。遠州流茶道宗家第十二世の小堀宗慶(そうけい)氏は、何と先生のご自宅のお隣に住んでいるとのこと。


 人間革命とは端的にいえば、「できなかったことが、できるようになること」だ。スポーツに例えるとわかりやすい。捕(と)れなかった球が取れるようになった、打てなかったコースにスマッシュを決めれるようになった、などなど。


 芸術家やプロスポーツ選手は、縁覚界の衆生である。彼等の言葉が味わい深いのは、自分自身の限界を打ち破って、孤高ともえる境涯を獲得しているためであろう。これを法用語で“独覚”という。一流の職人にも共通する世界だ。


 彼等は、“ほんの少しの前進”を勝ち取るために、熾烈な格闘を続けている。才能+努力では足りない。それまでの自分を捨て去り、破壊するほどの覚悟がある。“積み重ねられた力”は、土を盛って少しずつ大きくなるボタ山のようなものではなく、破壊と噴火を繰り返すマグマをわせる。


 野球の場合、「あと一歩」の守備範囲が試合の勝負を決することも珍しくない。たった10cm、20cmの距離が、それまで積み重ねてきた皆の努力を木っ端微塵にするのだ。打撃に至ってはミリ単位である。


仏法は勝負」とは、法は戦いであるということだ。「頑張ったけど、負けました」――これは法に非ず。勝負を決する要素には、天の時、地の利、人の和がある。しかし、すべて我が一に収まっている。戦いが進んでゆくと、どうしても戦っていること自体に満足し、油断が生じる。勝利を見失う瞬間である。そこから、もう一歩戦い抜く。これが、人間革命だ。1時間の唱題をする。そこから、もう5分やり切る。これが戦いなのだ。


 是は御ために申すぞ古への御ざし申す計りなし其よりも今一重強盛に御志あるべし、其の時は弥弥十羅刹女の御まほりもつよかるべしとおぼすべし、例には他を引くべからず(1220頁)


 見えるところだけで戦っている内は、30点(笑)。

2006-10-10

たゆまざる 歩みおそろし かたつむり


「たゆまざる 歩みおそろし かたつむり」

 これは、ある日本の有な彫刻家の方の、座右の銘です。

 カタツムリは、皆さんもよく知っているように、ほかの動物とくらべてたいへんにゆっくりとした、のろい歩みをします。しかし、私たちがちょっと目を離していると、いつのまにかおどろくほど前へ進んでいる。

 この彫刻家の方は、人の一生というものは、そういうカタツムリのように、毎日、着実に歩んでいくことがすばらしいのだと、述べているのでしょう。


【「君よ、日々努力の人に」/小学生文化新聞 1986-01-01付】


 紹介されているのは北村西望翁の句である。ガンジーの「善きことはカタツムリの速度で動く」という言葉と深く共鳴している。長崎の平和記念像を制作している渦中で目にした光景を詠んだものである。


 この指導を配信してから、聖教新聞で氏のことが紹介された記事を見て吃驚(びっくり)した。先生との交流があったことを知らなかったからだ。先生の周りに人物が集まる様は、さながら、「磁石の鉄をすうがごとし琥珀の塵をとるがごとし」(1347頁)といった観がある。


 オシム・ジャパンの要として注目を集めている羽生直剛(はにゅう なおたけ)選手(ジェフユナイテッド市原・千葉所属)が、高校新報のインタビューで次のように語っていた。


 夢を持つことは大切です。でも、先のことを頭で考えるだけなのは、よくないといます。地道に目の前のことを、その時その時に全力でやっていくと、面白いことや幸せなことがやってきます。小さな階段でも、一歩ずつ上っていけば、今までと違う景色が必ず広がって見える。お互いに自分らしく、自分ができる最大限のことを、やり切っていきましょう!


【高校新報 2006-09-27付】


 一流は一流と響き合う。以下にイチローの言葉を紹介する。索の糧とされたい。


 小さいことを積み重ねるのが、とんでもないところへ行くただひとつの道だとっています。




 今自分にできること。頑張ればできそうなこと。そういうことを積み重ねていかないと、遠くの大きな目標は近づいてこない。




 少しずつ前に進んでいるという覚は、人間としてすごく大事。




 成績は出ているから今の自分でいいんだ、という評価を自分でしてしまっていたら、今の自分はない。




 僕はいつも一生懸命プレーしていますが、今日はよい結果が出なかった。でも、だからといって後悔もしていないし、恥ずかしいともっていません。なぜなら、できる限りの努力をしたからです。




 自分のできることをとことんやってきたという識があるかないか。それを実践してきた自分がいること、継続できたこと、そこに誇りを持つべきだ。




 やれることはすべてやったし、手を抜いたことはありません。常にやれることをやろうとした自分がいたこと、それに対して、準備した自分がいたことを誇りにっています。




 積み重ねていかないと、遠くの大きな目標は近づいてこない。




 結果が出ない時、どういう自分でいられるか。決してあきらめない姿勢が、何かを生み出すきっかけをつくる。

2005-08-26

小事が大事


 信だけは、どこまでも純粋であらねばならない。それゆえ、厳しい姿勢が求められる。ほんの少しでも妥協すれば、無疑曰信(むぎわっしん)ではなくなる。


 折伏の際、謗法厳戒を打ち込む時に私が必ず話すことがある。「小事が大事だ。小さな決幸福に直結し、小さな妥協が不幸に通ずる。足にトゲが刺さっていて平気だろうか? 眼にゴミが入っても笑っていられるだろうか? ほんの少しのウンコを入れた水を飲むことができるだろうか? 味噌とクソは確かに似ているが、全くの別物だ」。


 一昔前であれば、その信の厳しさを教わる世界が、創価班であり、部長会であった。今は、もうないね。そう、断言しておこう。ひたすら、真剣にスピーチを拝し、自ら厳しさを体得せねばならない。恐ろしい先輩がたくさん存在した我が青年部時代は、何と幸せだったことだろう。その味で、今の青年部が気の毒でならない。


 先生が、伸一会・鳳雛会に大号令をかけた。最高幹部による人材グループは、号令なしでは動かないのだろうか?


 我が本地は東京下町の男子部だ。一兵卒となって肉弾戦に臨むのは、最も得とするところだ。腰抜け幹部を睥睨(へいげい)しながら、自分自身の戦いを進めるのみ。

2005-03-26

紙一枚無駄にするな


 伸一は、開館式の前夜、地元の幹部と、会館をくまなく見て回った。納戸(なんど)も開けて、点検しながら、整理整頓の大切さを語った。

「細かいことまでチェックしているようで申し訳ないが、実は小事が大事なんです。火事や事故というのは、すべて小さなことから起こっている。幹部は、そうした細かいことに気を使っていくことが、結果的に、会員を、同志を守ることになる」

 さらに、ここに勤務することになる職員に言った。

会館の調度品や備品も大切に扱ってください。皆が仕事で使う鉛筆一本にいたるまで、その財源を担ってくれているのは学会員であり、同志の尊い浄財です。だから、紙一枚にしても無駄なことをしてはならない。

 私も、そういう気持ちで、封筒一つ、無駄にはしていません。たとえば、私あてに出された書類の封筒があれば、そのあてを消して、再利用するようにしています。その精神が職員の伝統です」

 会員世帯の増加にともなって、学会の職員の数も次第に増えつつあった。それだけに、伸一は、会員に奉仕する職員の精神を、一人ひとりに徹して伝えようとしていた。


【『新・人間革命』第5巻 「勝利」 1999-06-06発行】


 この指導を、各会館のコピー機に貼り付けておくことを望む。無駄なコピーをしているのは中堅幹部と相場が決まっている。レジュメや聖教新聞のコピーが大半だろう。いずれも不要だ。


 企も一流になればなるほど、コストダウン、CO2削減のために、ありとあらゆる努力をしている。CO2削減とは、具体的にはゴミを減らすことである。「自分の物じゃないから」と社員が無駄を繰り返す会社は二流だ。雇われ根のサラリーマンが、会社の績の足を引っ張っている。


 物を大切にしない人は、他人のも軽んじる傾向が強い。


 小事が大事だ。事故や病気なども必ず前兆がある。一昨年、北海道苫小牧市の出光興産北海道製油所で火災が起こった。様々な原因が考えられたがその中に、「ベテラン社員のリストラや、安全管理要員の削減によって、事故の予兆を見逃したのではないか」という指摘があった。


 目を配り、を配ることを配慮と申す。学会は人の命や宿命を預かっている組織なのだという責任があれば、小さな変化を見逃すことはない。


「これぐらいは」という油断が全ての歯車を狂わせる。好い加減な甘えが信をも崩してゆく。創価とは価値創造の異なれば、無駄の多い生活は謗法となる。さしたる決もない活動は、無駄の最たるものだ。動いた分だけ価値を生み、勝利の結果につなげるのが“小事に徹するリーダー”だ。

2005-02-02

配慮に配慮を重ねる


 なお、ボードレーは、よりよき図書館を作るために、実に細かいところにまで気をつかった。

 例えば当時、本は1冊1冊が形も大きく、高価でもあり、盗防止のために鎖につながれていた。しかし、ボードレーは、これは「人間不信」に基づくあり方であり、何とか改良したいと工夫を重ねた。

 また、書籍の分類目録や並べ方なども、一つ一つ研究し、試みた。こうして今日にまで至る図書館の重要な課題に対して、先駆的に取り組んでいった。

 ある味で最も地味な、光の当らない仕事である。しかし、その影響は時とともに計り知れない力を持つ。欠かすことのできない「基本」である。

 こうした目立たない、誰がほめるわけでもない細かな基本を、一つ一つきちっと固めていく。

 そのためにを砕き、索し、陰ながら配慮に配慮を重ねる。これが事を成す人物に共通する姿勢である。また、法の正しいいき方である。

 私も広宣流布のため、学会員のために、誰一人気がつかない細かなところにこそ、懸命にを砕いてきた。神経をすり減らし、いを巡らし、気を配りに配ってきたつもりである。

 あの人はどうしているか。この点はこれでよいのか。一つ一つ真剣に手を打ってきた。

 その針の先で突くような小事の積み重ねを避けて、広宣流布の大事は、現実には一歩も前に進まないことを深く知っているからである。

 その味からいえば、幹部であればあるほど、全てにわたって今の100倍、1000倍の配慮が必要であると、あえて申し上げておきたい。


【「8.24」記大田・世田谷・杉並区合同支部長会 1988-08-24 東京池田記講堂】


苦難の時に一人立て」の続きの指導。内容が変わるため、別項目とした。


 オックスフォード大学ボードリアン図書館の歴史を通しての指導。

  • 1320年、たった350冊の寄贈書から始まった。
  • 15世紀半ば、大学総長のハンフリー公の寄贈によって、本格的な大学図書館となった。
  • 16世紀中頃、大きな危機に直面。宗教的な圧迫を加えるため、権力が介入し、数多くの書籍が破棄されてしまった。
  • この時、一人の卒生が立ち上がった。トーマス・ボードレー卿である。外交官・政治家・学者として活躍した彼は、母校の図書館を復興させるために、その晩年を捧げた。
  • たった一人の卒生の血を注いだ尽力によって、1602年に新たな図書館が一般公開される日を迎えた。この図書館は、ボードレーのを冠して「ボードリアン図書館」とづけられ、その功労は今尚、不朽のものとして顕彰されている。

 どんな壮大な歴史も、その始まりは大河の一滴である。焦る必要はない。源流の精神を、途切れなく脈々と伝え、広げていけるかどうかである。その清らかな“流れ”の勢いがある限り、時とともに滔々(とうとう)たる潮流になっていく。


 とも指導されている。


“気がつく”というのが境涯である。生命が清らかで研ぎ澄まされているから、気がつくのだ。“他者への”と言い換えることもできよう。鈍な愚将は、民衆を救うことができない因によって必ずを受ける。智なく、慈悲なきリーダーは邪な存在だ。信弱く、力弱き幹部は不要だ。


「配慮」とは、を配り、を慮(おもんぱか)ることだ。信の世界における配慮とは、格や才覚などとは全く関係がない。広宣流布のための具体的な祈りがあるかどうかで決まる。


 ただこそ大切なれ(1192頁)


 妙法を信ずる、広布のために戦う、同志と団結する。これが信の一である。「友のために何ができるか」――身を苛(さいな)むほどの真剣な祈りがあれば、道は無限に開かれてゆく。


「針の先で突くような小事の積み重ね」という一言に、断崖絶壁を歩んでこられた先生の深きの一端が垣間見える。


 歴史は水面下でつくられる。巨木は根によって生長する。


「100倍、1000倍」とは、我々のの浅さを指摘したもの。「如我等無異(にょがとうむい/我が如く等しくして異なること無からしめん)」との慈悲が胸に迫ってくる。

2004-01-02

革命の実像


 そこで一生懸命、毎日毎日研究し、失敗しては人に笑われても、(ライト)兄弟は努力を重ねた。

 約3年後に、自分達の研究の結果をためす時がきた。わずか5人の観客だったが、ライト兄弟は飛んだ。たった59秒で260数メートル、それが今日の大航空時代の宣言の日になった。

 59秒、200数十メートル、観客は5人。これが革命だ。


【第1回全国未来会 1971-05-03 聖教新聞社】


 革命の実像は小さな変化だ。人々が抱いている「無理だ」「できるはずがない」との先入観を打ち破る瞬間に革命の真実が光る。若き先生が築かれた、文京・蒲田・札幌・大阪・山口での法戦は、革命そのものだった。


 我等の革命は、宗教革命にして人間革命なり。一時的な革命ではなくして、永久革命である。