Hatena::ブログ(Diary)

斧節【onobusi】 このページをアンテナに追加 RSSフィード


WWW を検索 創価王道を検索

2010-02-09

戸田先生の悟達


 ご自身の悟達後の境涯について、戸田先生は、ある人に、こうも語っておられた。


次の50年へ! 2010-02-06


「ある人」とは辻武寿(つじ・たけひさ)さんである。

2009-03-28

北条雋八さんと北条浩さん


 草創期を知る古参の先輩から、「北条雋八(しゅんぱち)さんは北条時頼の末裔(まつえい)だ」と聞かされたことがある。で、今調べてみた。どうやら違うようだ。


 北条ツネ子さん(雋八さんの姉)が貞明皇后(ていめいこうごう/九条節子)を折伏した。昭和16年8のことである。で、ツネ子さんが書いた宗旨建立七百年記法要に関する手記の末尾で、「北条つね子様(82才)は元子爵北条雋八御令嬢・北条時宗公の子孫に当られる」と聖教新聞が紹介している。伝説の原因はここにあった。そしてこの記事は更なる問題を生んでいる。記事冒頭では「北条元子爵御令姉つね子様」と書いておきながら、最後は「御令嬢」となっているのだ。Wikipediaによると、「娘 克子」となっているので、私は「姉説」を採用した(※後日、玉井禮一郎著『大石寺の「罪と罰」』たまいらぼ出版、1997年で確認したところ、どちらも「御令姉」となっていた。尚、同記事はいずれも「北條」を使用/428日訂正)。雋八氏は華族の一員であった。

 更にWikipediaでは、「伊達政宗の男系の子孫に当たる」としている。伊達政宗は、「伊達朝宗を祖とする伊達氏」とあるので、北条時頼とは関係がなさそうだ。


 第四代会長の北条浩さんは、雋八さんの甥(おい)に当たる。「先祖は河内狭山藩初代藩主の北条氏規」(Wikipediaによる)であり、さかのぼってゆくと、北条氏康北条氏綱北条早雲に至る。つまり、八王子城滝山城創価大学付近)の主は北条会長の先祖だったってわけよ。

 とすると、北条会長は「後北条氏」だから、やっぱり時頼や時宗とは何の関係もないことになる。


 ということで、都市伝説は打ち破っておいた。間違いがあれば、ご教示願う。

2008-12-02

ヒマラヤの語義


(※阿頼耶識〈あらやしき〉の)「アーラヤ」とは、基体とか蔵(くら)を味する。例えば、ヒマーラヤは「ヒマ(雪)のアーラヤ(基体、存する場)」を味するのである。


【『空の思想史 原始仏教から日本近代へ』立川武蔵(講談社学術文庫)】

空の思想史 (講談社学術文庫)

2008-02-09

拍手と万歳の歴史


 日本に拍手が輸入されたのは明治22年(1889年)のこと。翌年の明治23年(1890年)から万歳も導入された。牧口先生北海道尋常師範学校の3年に編入されたのが明治24年(1891年)。

2007-12-18

箕面文化会館(大阪)


 1214日に箕面(みのお)文化会館の開館式が行われた(1215日付聖教新聞)。寡聞にして知らなかったのだが、東海自然歩道で八王子までつながっているそうだ。今度、是非とも歩いてみたい。途中まで(笑)。

2007-12-11

村八分


 なぜ、「村十分」ではないのか? 葬式と火事の時だけ、村で面倒をみるからである(二分)。残りの八分は、成人式、結婚式、出産、病気の世話、新改築の手伝い、水害時の世話、年忌法要、旅行となる。関係が完全に切れていないところに、いやらしさをじてならない。日本社会における“社会的抹殺=制裁”とは、村八分のことである。小中高生が織りなすイジメの現場では、「シカト」という行為で受け継がれている。村八分は過去の歴史ではなく、現在でもしっかりと行われており、今でも時々裁判が行われている。

2007-09-25

給食制度


「給食制度を始めたのは牧口初代会長」と信じている学会員も多いが、これも誤り。日本で最初の給食を行ったのは山形県鶴岡町私立忠愛小学校で、1889年(明治22年)のこと。牧口先生が給食制度を導入したのは1920年(大正9年)である。しかしながら、私費を投じた牧口先生の偉大さが色褪せることはない。昨今は、組織内での都市伝説が多いので、お気をつけ遊ばせ。

阪神大震災


 阪神大震災で、真っ先に救援活動を行ったのは学会青年部だとっている人が多いが、実は違う。一番最初に動いたのはキリスト教の団体と、山口組である。山口組については、暴力団という理由で殆どのメディアが報じなかった。