Hatena::ブログ(Diary)

斧節【onobusi】 このページをアンテナに追加 RSSフィード


WWW を検索 創価王道を検索

2012-07-13

19歳娘の余命、客から知らされた女性…勝訴


 がんだった娘の余命を看護師が漏らし、経営する飲食店の客から知らされて精神的苦痛を受けたとして、大分市の女性が同市内の病院院長に330万円の損害賠償を求めた訴訟で、福岡高裁は12日、請求を棄却した1審・大分地裁判決を変更し、院長に110万円の支払いを命じる判決を言い渡した。


 犬飼真二裁判長は「院長には看護師が職務上知り得た情報を漏らすことがないよう、監督する義務があった」と述べた。


 判決によると、女性の娘はがん治療で同病院に入院、通院。担当の女性看護師は2008年6月頃、余命が半年と分かり、飲食店名とともに夫に漏らした。夫は同店の利用客で、同年7月に来店した際、医師から余命を告げられていない女性に「娘さん、長くないんだって。あと半年なんやろ」などと話した。


 娘は同年12月、19歳で亡くなった。


 1審は看護師の夫婦間で私的に行われた行為として、院長の責任は認めなかった。これに対し、高裁判決は「勤務場所でなくても、看護師が職務上知り得た秘密を漏らさないよう、監督することができた」として使用者責任を認めた。


 女性は院長と看護師夫婦を相手に提訴。夫婦とは和解が成立している。院長の代理人弁護士は「判決文を読んでおらず、コメントできない」と話した。


2012年7月13日10時17分 読売新聞


 閉鎖的な集団ほど、その親密さによってプライバシーが踏みにじられる。特にウチは酷い。

 この指導が守られたことはかつてなかった。これからもないことだろうよ。


 池田vs阿部紛争以降、創価学会では敵のプライバシーを突く攻撃手法が常態化した。そして差別的な表現を堂々と使用するようになった。以下の記事がその典型である。

 でもって矢野氏が本を出した途端に沈黙を保ってやがる。まったくもって笑止千万だ。叩いたり引っ込めたり、ご苦労なこって。

2012-05-02

公明党:山口代表 首相公選制に否定的な考え表明


 公明党の山口那津男代表は2日、横浜市で街頭演説し、「大阪維新の会」などが検討する1院制について「内閣に権力が集中し、国会が政府の在り方をチェックする役割や議院内閣制がないがしろになる」と述べ、反対する方針を示した。

 山口氏は首相公選制について「人気投票みたいなことになり心配だ」と否定的な考えを表明。自民党が新憲法改正草案で盛り込んだ集団的自衛権の行使容認に関しても「海外での武力行使は簡単に認めてはならない」と慎重姿勢を強調した。


毎日jp 2012-05-02


 驚いた。ま、殆どの学会員は平和提言を読んでいないから、ピンと来ないことだろう(笑)。


 1999年 SGI創価学会インタナショナル)の日(1月25日)付の『聖教新聞』で首相公選制を提言。(Wikipedia


 山口代表の発言は、創価学会が首相公選制を取り下げたものと判断してよかろう。首相公選制については矢野氏が説得力のある批判をしている。日本の国家元首=天皇陛下にかかわる問題であるため、極めて困難なテーマと考えられる。


乱脈経理 創価学会VS.国税庁の暗闘ドキュメント

2012-04-04

創価学会次期会長に谷川事務総長が確定


 創価学会池田大作名誉会長のXデーが噂される中、かねてより学会のホープと目されてきた谷川佳樹副会長(事務総長、54)の次期会長昇格が確定した。谷川氏の会長昇格の障害になっていた矢野絢也・元公明党委員長との訴訟で、2月10日に和解が成立したためだ。


 矢野氏は谷川氏ら学会幹部から「政治評論活動の妨害」などの人権侵害を受けたとして、学会と谷川氏ら学会幹部7人を提訴。これに対して、谷川氏も週刊新潮の学会関連記事を巡り、矢野氏らに名誉を毀損されたとして訴えていた。


 週刊新潮裁判では、一審で矢野氏らに33万円の賠償金支払いを命じる判決が出たものの、谷川氏が「息子がどうなってもいいのか」と、矢野氏を脅したことが事実と認定された。このため双方が判決を不服として東京高裁に控訴していた。学会側は矢野氏を相手に、ほかにも2件の訴訟を起こし、係争中だった。


 和解を勧告したのは週刊新潮との訴訟を担当していた東京高裁の加藤新太郎裁判長。和解の条件は、双方の提訴取り下げに加え、過去に矢野氏が講談社から出版した学会批判の単行本について、今後は増刷や文庫化をしないなどの内容が含まれる。これまで矢野氏の学会告発本は、ほぼ全て講談社が刊行している。


 矢野氏と新潮社、谷川氏と学会側はこれを受け入れたが、講談社側は増刷や文庫化を認めないのは「言論弾圧に当たる」として反発しているという。


 学会側で和解を主導したのは谷川氏とされ、今回、矢野氏との和解を成立させたことで学会内での谷川氏の立場は「揺るぎないものになった」(本部の副会長)。なぜなら、谷川氏は「身体を張って矢野氏を提訴し、追い詰めた」(学会関係者)ことで男を上げたうえ、矢野氏を脅したという「自らの汚点を消すことにも成功した」(同)からだ。


 おまけに、学会マネー(莫大な広告費や印刷費)が浸透した新聞、テレビが学会批判から退く中で、学会に批判的な講談社の「矢野本」の出版活動を封じ込めたことは「大きな戦果」(先の副会長)。「谷川会長」が確定するのも当然だ。


 今回の和解劇の発端は、昨年10月に矢野氏が『乱脈経理 創価学会vs国税庁の暗闘ドキュメント』(講談社)を出版したこと。同書で矢野氏は、池田氏ら首脳部の強い要請を受け、学会と池田氏に対する国税庁の税務調査を妨害した経緯を、当時の国税幹部の実名を挙げ、洗いざらいぶちまけている。これだけでもひどいダメージなのに、矢野氏は「私は学会・公明党の裏面史ともいえる手帖を順次公開し、学会・公明党の実態を世に問うことにした。その第一弾が本書である」と、池田氏ら首脳部に宣戦布告していた。


 これには学会首脳部も頭を抱えた。矢野氏が暗部を暴き続ける限り、学会は過去の醜聞と決別できない。また、池田氏の莫大な相続財産について、国税当局と事前交渉ができず、勢い世代交代も進まない。そこで谷川氏は、首脳部が和解案を受け入れ、「矢野リスク」を解消する方向へと動いた。

 

 一方、矢野氏も強気一辺倒ではなかった。加藤裁判長が担当する週刊新潮裁判で、一審と同じく矢野氏側の敗訴判決が出そうな雲行きだった。双方が弱みを抱える中、阿吽の呼吸で和解が成立したのが真相らしい。


FACTA 2012年4月号

2012-03-21

創価学会版「中国文革4人組」が大活躍


 創価学会でも中国の「文革4人組」紛いの“蛮行”が露骨となり、全国的に批判の輪が拡がりをみせている。


 学会版「文革4人組」と指弾されているのは、来秋次期会長に昇格するとみられている谷川佳樹副会長、学会のダーティワークを担ってきたとされる弁護士の、「法匪グループのトップである八尋頼雄副会長、東大グループながら原田稔会長追い落とし劇を黙認するなど八尋氏側に肩入れする元広報室長の萩本直樹壮年部長、それに一連の原田会長追い落としを巡ってマスコミ工作を担ってきた重川利昭渉外部長の4人で、中国の毛沢東国家主席の晩年、老化が著しいことを幸いにして毛主席の威光を借りた妻の江青女史ら4人組が文化大革命の名の下に、優秀な人材を次々と粛清していった如く、学会でも池田大作名誉会長の長期不在により、八尋副会長らが中心に、「紅衛兵」さながら、傘下の葬儀会社H社等を使って改革派の追放に躍起になっているという。

 

 中でも、八尋副会長は、矢野絢也元公明党委員長が昨年10月に出版した『乱脈経理』(講談社)の中で矢野氏を通じて竹下登元首相や国税幹部らによる国税庁の学会への税務調査封じを画策したことを暴露され、訴訟好きの創価学会、就くその仕掛け人の八尋副会長も沈黙を余儀なくされるなど、事実上出版内容を認める結果となり、執行部でも窮地に立たされていたという。


 しかも矢野氏が“二の矢、三の矢”を放つ動きをみせたことで、慌てた八尋副会長は、学会の関連会社のO社長を介して野中広務元官房長官に矢野対策を相談した模様。


中央ジャーナル 2012-03-20

2012-02-29

和解条件


 今回の和解条件として、矢野氏の既刊本を増刷しないことと、矢野氏が学会の名誉を毀損する新刊本を出さないことが盛り込まれたという。その結果、『乱脈経理』で予告された第2弾は“お蔵入り”となったようだ


【『週刊朝日』2012年3月9日号】


乱脈経理 創価学会VS.国税庁の暗闘ドキュメント 創価学会 もうひとつのニッポン 私が愛した池田大作 「虚飾の王」との五〇年


黒い手帖 創価学会「日本占領計画」の全記録 「黒い手帖」裁判全記録 (現代プレミアブック) 闇の流れ 矢野絢也メモ (講談社プラスアルファ文庫) 

2012-02-20

創価学会側と矢野元公明委員長が「手打ち」 双方が提訴4件すべて取り下げ

 金でも支払ったのだろうか? ま、後の祭りだ。矢野バッシングを止める人物がいなかった時点で学会本部は終わっているよ。

2011-12-24

『乱脈経理 創価学会 vs. 国税庁の暗闘ドキュメント』読了


 飼い犬に手を噛まれるレベルを超えている。喉笛を噛まれたといっていいだろう。創価学会批判の重要文献として長く読まれることになると思う。竹下(登)−矢野ルートを通じて国税庁が税務調査に手心を加えた事実は重い。宗教法人はその公益性によって税負担を軽減されているが、明白な悪用が見受けられる。


 国税庁に影響を与えたのは竹下登元首相であった。そして最大の恩人である竹下氏をまず公明党(石田幸四郎)が、そして創価学会(山崎尚見)があっさりと裏切る。また、これほどの汚れ仕事を矢野氏に押し付けておきながら、学会は矢野氏を後ろから斬りつけた。本書は公明党OBが矢野氏から強奪した「黒い手帖」を元に描かれており、第一弾という位置づけとなっている。


 典型的な因果応報であり自業自得としか言いようがない。でも、きっとこれで少しはよくなっていくと思うよ。少しはね。


乱脈経理 創価学会VS.国税庁の暗闘ドキュメント