Hatena::ブログ(Diary)

斧節【onobusi】 このページをアンテナに追加 RSSフィード


WWW を検索 創価王道を検索

2007-08-07

安全なところで怪我をする


「徒然草」の第109段には、有な“木登り”の話がある。

 木登りの手が、木から降りてくる人に対して、高い所にいる時でなく、地上に近づいてから、注を促した。

「私が『この程度の高さまで降りたからには、飛び降りることもできるだろう。それなのに、なぜそんなことを言うのか』と申すと、(木登りの手は)『そこが肝なのです。目が回るような高さで、枝も折れそうな間は、本人が気をつけているので何も申しませんでした。けがというものは、安全な所まで来てするものなのです』と言った」

 万事、最後の総仕上げが大事である。

「もう、大丈夫だ」とったところで、わぬ事故を起こしたり、失敗してしまう場合がある。

 広布の戦いであれ、仕事であれ、きちんと決着をつけ、有終の美を飾ることだ。


【徒然草と師の指導を語る 2006-08-11 群馬多宝研修道場


 特に高齢者は注して頂きたい。先日、私のブロックにいるオバアチャンが、エレベーター内で鏡を見ようと振り向いた途端、大腿骨が折れた。信じい話だが、「高齢者にはよくあること」と医師から告げられたそうだ。


 話は変わるが、事故を起こす人には傾向があるものだ。車の運転であれば、ウインカーを出すのが遅い、駐車している車の傍や横断歩道の手前で減速しない、バックミラー・サイドミラーの確認を怠る、等々。また、スリッパなどで、やたらと足音を立てる人、更には、店や会社などのドアを通り抜ける時、後ろを確認しない人、携帯や定期券など必要な物を忘れる人も同様である。


 共通するのは、「他者への像力」が欠如していること。「こんな運転をされたら、迷惑だろうな」「足音がうるさいと、嫌がられるだろうな」という程度の気配りもできない人々だ。


 自分の世界だけで生きている人は、例外なく自我が肥大しており、やや人格障害の気(け)がある。


 会員の人生を引き受ける学会組織にあって、「同じ失敗を繰り返す」人物は正役職に登用すべきでない。


 戦いにおいて有終の美を飾るためには、最後の最後まで勢いを出し続けることだ。人生もまた闘争である。ならば、60代、70代、80代と輝きを増してゆかねば敗北となる。ここがしい。

2006-04-09

「自己満足」に衰亡の因


 ところで、15〜16世紀の大航海時代に、なぜヨーロッパが歴史の主役となり得たのか。

 アラブや中国は当時、ヨーロッパより文化的にも栄えていた。ずっと優れた航海技術を持っていた。それなのになぜ、これらの文明先進国は、後進国のヨーロッパに後(おく)れをとったのか。

 色々な理由が挙げられるが、結論的にいえば、アラブ世界も、中国(当時は明国)も、物質的に満ち足りていた。ゆえに、それ以上、自己の世界を広げようとのいが弱かった。いわば、自己満足していた面があることを否定できない。

 そこに、「飢えたヨーロッパ」が襲いかかった。侵略、略奪である。善悪をいえば、もちろん、ヨーロッパが「悪」である。しかし、そう言って非したところで、奪われた人命も富も返ってはこない。所詮、敗北はどこまでいっても敗北である。

 以後、アジア、アフリカ、南米の民衆は、ヨーロッパの列強のために、長く悩の歳を送ることになってゆく。


 何事も、「自己満足」に陥り、「もう、これでいいだろう」とった時から、後退が始まる。その刹那から、かつての中国・明(みん)の一面のように進取の気を失い、保守化し、自分のカラに閉じこもってしまう。そこには新しい世界へと打って出る“勢い”がなくなる。ゆえに狂暴な力の前に餌食となり、蹂躙(じゅうりん)される結果となる。

 その味で、絶えざる“冒険”“挑戦”の一の姿勢が、鋭く敵を見抜き、敵を破るのである。その気概を失ってしまえば、もはや厳しい現実社会で生き残ることはできない。


第20回本部幹部会 1989-08-17 長野研修道場


 国家が衰退し、歴史の谷間に沈みゆくのも、「自己満足」という油断に起因しているとの指摘。


 日日につより給へすこしもたゆむあらばたよりをうべし(1190頁)


 この御聖訓が、個人にとどまることなく、あらゆる団体、地域、国家にまで及ぶという味になろう。一の変化が歴史の興亡盛衰を織り成す。


 中年期に陥りやすい傾向も全く同じ原因によるものだ(「40代」)。


 では、具体的な「絶えざる挑戦」とは何か? それは、いくつになろうとも新たな出会いを求めることと、日々学び続けることであろう。つまり、自分の生活の中から常に“新しい発見”がある限り、精神は衰えることがない。そして、“発見できた”という事実にこそ、人間革命の実証があるのだ。


 青年部を卒して真っ先にショックを受けるのは、壮年部が“惰の泥沼”と化していることだ(笑)。だがそこで、成長しない人々の間(はざま)に埋没してしまうか、その方々から何かを学んでいけるかは、人によって異なる。


 日本人には冒険が少ないのと同様、発明が少ないといわれる。発明は、現状を打開しようという欲の結晶だ。ところが、日本人の場合、忍耐を美徳とする伝統的価値があるため、必要以上に我慢し続ける羽目となる。そのため、現状に甘んじる結果となり、発明が生まれにくいというのである。


 煩悩即菩提とは、ある面からいえば、不満即成長と私は考える。環境に対して、自分自身に対して不満を持たなくなれば、新しい価値は絶対に生み出せない。なぜなら、“惰を破壊する”作なくして、創造の営みは実現しないからだ。ただし、不満の奴隷となってしまえば本末転倒である。


 冒険とは、いまだかつて自分が到達したことのない高みを目指す行為だ。道往く人々は皆、同じ姿で歩いている。しかし、どこを目指して、いかなる決がその一歩一歩に込められているか。ここで、人生の命運が分かれる。

2005-07-14

わずかな心の隙が魔の跳梁を許す


 つまり、太田親昌(ちかまさ)や長崎時綱の二人の退転は、彼らが駿河の中者であった高橋六郎兵衛入道と情的なもつれがあり、そこを行智らにつけ込まれたものと考えられる。

 情のわだかまりから生まれた、わずかなの隙(すき)。そこに、すかさず入り込んだ「悪知識」によって信を破られてしまう。それのみか逆に、かつての妙法の同志である子達を散々に迫害する。ちょうど、近年の山崎某や「正信会」によって、退転と反逆の道を歩んでしまった卑劣の輩とよく似ている。しかし、二人とも、法は厳然であった。信において、全く怖いものは「悪知識」である。


 信の実践にあっては、“いかなる人につくか”、それによって成不成が決まってしまうといっても過言ではない。本当に広宣流布のためになっているのか、また、護法のためになっているのか、その点を大きな基準として“つくべき人”を決めていかねばならない。


【第11回富士宮圏幹部会 1988-03-01 富士宮国際文化会館


 人は情の動物である。プログラムを入力すれば、その通り動くというわけにはいかない。リーダーの役目は正論を吐くことではなく、皆のを知ることであろう。


 情が理を狂わせ、わぬ誤解に発展することもある。人間の組織は一筋縄ではいかない。きちんと交通整理をする人がいなければ、支部はおろか、本部までが、デマ情報に翻弄される場合すらあるのだ。そうした例を私はいくつも知っている。かような組織は、悪い人物がはびこりやすい。巧みな情報操作によって、組織はいいように振り回される。


 太田・長崎の両が敵にを売り渡したのは弘安2年。ここ一番という大切な時に、必ず悪党は正体を露呈することになっている。ご存じのように行智は、熱原の農民をいじめ抜いた稀代の悪僧。


 大田の親昌・長崎次郎兵衛の尉時綱・大進房が落馬等は法華経のあらわるるか(1190頁)


 尚、太田親昌は、太田兵衛次郎と同一人物と推測されている。


 悪知識は、同志や組織に対するマイナス情に理解を示し、急速に接近してくる。惰弱な人物は、狡猾な手口によって利用されていることにも気づかず、いつの間にかコントロールされるようになる。はい、退転者の一丁上がり(笑)。


 一緒に班長になった先輩がいた。数年間、共に活動していたが、部長が退転した時に、大いなる不信を起こした。そして、私が上京した直後から、会合に出なくなった。悲しいい出である。当時、私は何度も力説した。「部長がいなくなった今こそ、部長から受けてきた訓練を発揮する時だよ!」、「部長に対する謝のがあるなら、今まで以上に頑張らなきゃいけないよ!」と。私の母は常々、この部長のことを悪く言った。私はライオンがが吠えるように、「うるせえ、くそババア! てめえの子がお世話になった人に対して、よくも、そんな口が利けたもんだな。ぶっ飛ばすぞ!」と怒鳴りつけた。私は今でも、この部長に対するを忘れたことはない。いつの日かきっと、再び広布の庭に戻ってくることを信じている。


 何もない時であれば、「やっぱ、依法不依人でしょ」となる。ところが、いざ自分の周りにが競うと、そうはいかなくなるのが凡夫の常。が揺れなくなるまでには、少なくとも10年以上の訓練が必要だ。それ以降だって、大変なのよ(笑)。後継者としての確かな軌道に入ると、どんどん大変な問題を引き受けざるを得ないコースになってゆく。しかしながら、力がついてくると、問題が出てくる度に、「よっしゃあ、俺の出番だ!」となるから不議だ(笑)。