Hatena::ブログ(Diary)

斧節【onobusi】 このページをアンテナに追加 RSSフィード


WWW を検索 創価王道を検索

2012-08-18

転居のお知らせ


 ウッカリしていた。はてなダイアリーに広告が表示されるようになったためブログを引っ越すことにした。っていうか既に引っ越し済みだ(笑)。


 今後は今まで以上に客観的に創価学会を含む仏教や宗教について、一般的な視点で綴ってゆく予定である。ダラダラと10年以上にわたって駄文を認(したた)めてきたが、私の実感としては創価学会員に特定してメッセージを発信することに意味を見出せなくなった。


「私は学会員である」という自意識に束縛されているため、学会員は党派性でしか物事を判断できなくなっているように思う。それゆえ言論の内容を吟味せず、単純に「敵か味方か」で判断する手合いが多い。


 ネット上では大した活動もしていない有象無象が徘徊している。


 ま、今更ではあるが少しばかり自己紹介をしておこう(笑)。


 私は個人折伏を10世帯やっている(全国制覇は4回)。完全に冬眠状態の会員を200人以上起こしてきた。メールのやり取りだけで本尊流布を行ったこともあるし、未活動のメンバーを活動家にしたこともある。言論部が立ち上げられた時、東京で一番最初に一般紙への投書が掲載されたのも私である。法華講との攻防についても詳細は書けないのだが、金星に等しい功績を二つ上げている。


 こんなものは自慢でも何でもない。結果を出すのは当たり前であるからだ。


 ネット学会員はネトウヨならぬネトガクに堕した感がある。不勉強を恥じることなく、堂々と「自分たちの正義」を語る臆面のなさ。彼らは他宗を罵り、他党を罵り、他の学会員を罵ることでしか自我を保つことができない。


 そんなわけで今後は宗教全般を通して世間一般に向けてメッセージを放つことにした。


 以上をもって、はてなは終了。

2012-07-20

『池田大作と暴力団 独占スクープと内部資料が明かす創価学会ヤミの裏面史+跡目争いの行方!』西岡研介、乙骨正生、森功、山田直樹(宝島NonfictionBooks、2012年)


池田大作と暴力団 独占スクープと内部資料が明かす創価学会ヤミの裏面史+跡目争いの行方! (宝島NonfictionBooks)


 オウム真理教事件が起こり、宗教法人法の改正で国会が揺れた1990年代半ば――永田町であるテープの存在が囁かれた。山口組直参後藤組の後藤忠政組長(2008年引退)と、池田大作名誉会長の“腹心”として学会の裏仕事を担ってきた藤井富雄・都議会公明党顧問(当時は都議)の密会テープである。このテープが永田町に流出。藤井顧問は後藤組長に対し、当時、自民党の組織広報本部長として反学会キャンペーンの先頭に立っていた亀井静香議員の口封じなどを依頼したという。果たしてその真相は?本書では“盗聴実行犯”と初めて接触し、生々しい証言の獲得に成功。「パンドラの箱」からは、驚くべき事実が飛び出してきた!


目次

INTRODUCTION


PART1 池田大作と山口組と謀略

 ▼創価学会&公明党に大型スキャンダル

 独占スクープ 盗聴実行犯、17年目の告白!

 後藤組組長/藤井都議会公明党顧問「密会テープ」の全貌!!

 池田大作の腹心が山口組本家にもちかけた頼み事   西岡研介


 ▼「学会ウラ部隊」謀略の真実!

 私は創価学会に盗撮され、通話記録を盗まれていた

 学会内部資料「諜報マニュアル」掲載   乙骨正生


 ▼反創価学会勢力潰しの「世論工作」と公明党の隠微な関係!

 告発スクープ 謎の調査会社JTCに流れた公明党の“政党交付金”   高橋篤史


PART2 支配されたメディア知識人

 ▼選挙の広告塔が密かに増殖中!

 創価学会の芸能界占領計画

 AKB総選挙でも学会票!? 芸能人の実名総まくり!   常田 裕


 ▼『公明新聞』だけでも年間7億2800万円!

 『聖教新聞』の印刷利権に牛耳られ、池田大作の“提灯記事”を載せる朝日・読売・毎日   黒薮哲哉


 ▼『潮』『第三文明』『灯台』『パンプキン』徹底リサーチ

 池田教の“広告塔”に墜ちた学会シンパの知識人リスト!

 田原総一朗佐藤優・山口二郎・雨宮処凛・茂木健一郎のありえない発言   佐々木奎一


 ▼覆面記者座談会

 創価学会系球団の御三家は「日ハム」「楽天」「巨人

 事情通がブチまける学会とプロ野球の知られざる関係   取材・構成=白城嗣郎


 ナンバーワンは『読売新聞』! 創価学会系広告出稿ランキング公表

 全国紙からブロック紙まで、ズブズブの関係を数値化してみた   佐々木奎一


PART3 池田大作なき後の跡目争い

 ▼信濃町コンフィデンシャル

 相続問題で国税当局に怯えて迷走する池田大作の“跡目争い”!

 検証! 長男「博正」をかつぐ御学友派vs現実路線の谷川グループ   山田直樹


 ▼本邦初の本格調査!

 池田大作なき後に残る「創価学会」の巨額資産を見積もる

 信濃町施設の資産価値から墓苑事業の収益、関連法人の財務内容まで!   高橋篤史


 ▼カリスマの潰えた野望

 池田大作ノーベル平和賞受賞」工作の軌跡   広岡裕児


 ▼金満教祖のルーツ「関西創価学会」の裏面史

 池田大作をトップに君臨させた高利貸し時代の営業力とカネ   森 功


PART4 池田大作なき後の日本支配

 ▼「東大法華経研究会」OBの進路実態

 財務省・経産省・外務省……

 日本の中枢に学会エリートはどれだけ浸透したか?   談=福本潤一 取材・執筆=石井謙一郎


 ▼国防の中枢に入り込み「主流派」の一角を占める非常事態

 政府秘密文書を本邦初公開! 創価学会自衛隊折伏計画」の驚くべき真相   小和田三郎


 ▼「総体革命」はどうなるのか?

 総数20万人! 創価大学OBの“進路”に見る日本社会の“学会員浸透度”

 地方公務員1500人、公立学校教員6100人、大手上場企業も軒並み   乙骨正生


 ▼信濃町ウォッチング

 『聖教新聞』の広告クライアントに大異変!

 ゼネコン生保・銀行が激減、半数以上が通販広告のなぜ?   藤倉善郎

皇室中心の貴族仏教(最澄と空海)


 このような皇室中心の貴族仏教(最澄と空海)が、庶民の不幸の生活をふみ台として、400年という長いあいだにわたり、偽りの繁栄を謳歌したのは、まことに驚くべきことである。


【『鎌倉佛教 親鸞と道元と日蓮』戸頃重基〈ところ・しげもと〉(中公新書、1967年)】


 創価学会では「平和な時代」としているが、視点を民に置けば全く別の見方ができる。多様な視点・発想を奪い取ることが宗教における最大のマイナス要素だ。中央集権という共通項によって教団と社会主義国はまったく同じ行動原理となる。

鎌倉佛教 親鸞と道元と日蓮

2012-07-13

19歳娘の余命、客から知らされた女性…勝訴


 がんだった娘の余命を看護師が漏らし、経営する飲食店の客から知らされて精神的苦痛を受けたとして、大分市の女性が同市内の病院院長に330万円の損害賠償を求めた訴訟で、福岡高裁は12日、請求を棄却した1審・大分地裁判決を変更し、院長に110万円の支払いを命じる判決を言い渡した。


 犬飼真二裁判長は「院長には看護師が職務上知り得た情報を漏らすことがないよう、監督する義務があった」と述べた。


 判決によると、女性の娘はがん治療で同病院に入院、通院。担当の女性看護師は2008年6月頃、余命が半年と分かり、飲食店名とともに夫に漏らした。夫は同店の利用客で、同年7月に来店した際、医師から余命を告げられていない女性に「娘さん、長くないんだって。あと半年なんやろ」などと話した。


 娘は同年12月、19歳で亡くなった。


 1審は看護師の夫婦間で私的に行われた行為として、院長の責任は認めなかった。これに対し、高裁判決は「勤務場所でなくても、看護師が職務上知り得た秘密を漏らさないよう、監督することができた」として使用者責任を認めた。


 女性は院長と看護師夫婦を相手に提訴。夫婦とは和解が成立している。院長の代理人弁護士は「判決文を読んでおらず、コメントできない」と話した。


2012年7月13日10時17分 読売新聞


 閉鎖的な集団ほど、その親密さによってプライバシーが踏みにじられる。特にウチは酷い。

 この指導が守られたことはかつてなかった。これからもないことだろうよ。


 池田vs阿部紛争以降、創価学会では敵のプライバシーを突く攻撃手法が常態化した。そして差別的な表現を堂々と使用するようになった。以下の記事がその典型である。

 でもって矢野氏が本を出した途端に沈黙を保ってやがる。まったくもって笑止千万だ。叩いたり引っ込めたり、ご苦労なこって。

2012-06-10

鶴岡八幡宮の大銀杏倒れる


 2010年3月10日に倒れた模様(樹齢は推定800〜1000年)。私は大銀杏(おおいちょう)の存在すら知らなかった。奇しくも立正安国論を北条時頼に渡してからちょうど750年というタイミングで。もちろん偶然に決まっている。色々な物語を創作したい気持ちはわからぬでもないが。


 たぶん由比ヶ浜から若宮大路を吹く潮風の影響もあったことだろう。


 地図で見ると日蓮が辻説法をしたとされる跡は、鶴岡八幡宮(つるがおかはちまんぐう)から目と鼻の先である。当時は武家屋敷があったようだが、幕府の目には挑発と映ったはずだ。ちなみに直ぐ上の妙隆寺は、鍋かむり日親が修行した中山系の寺である。

 創価学会では辻説法を否定し、「座談会方式であったに違いない」との見解を示しているが、現代の常識を鎌倉時代に当てはめたところで十分な根拠となるはずもない。日蓮がストリート折伏を行ったとしても別におかしな話ではあるまい。大道芸などの風俗を調べるのがよいと思う。



大きな地図で見る


2012-05-29

頭ごなしに、「愛国心」について語ることば


 頭ごなしに、「愛国心」について語ることばにも注意しなければなりません。あれもまた、ひとりの人間のことばではないからです。複数の人間が関与していることばに気をつけることです。なぜなら、そのことばには、反駁することができないからです。というのも、それをしゃべっているのは誰なのか、よくわからないのですから。


【『13日間で「名文」を書けるようになる方法』高橋源一郎(朝日新聞出版、2009年)】


 創価学会用語の大半も「頭ごなし」に繰り出されることが多い。信心、広宣流布、師弟など。

13日間で「名文」を書けるようになる方法

2012-05-25

最短で7月22日投票 公明が狙う年内解散作戦


 自民党が賛成すれば法案成立で野田佳彦首相が続投。反対すれば首相は衆院解散・総選挙か、退陣に追い込まれる――。消費増税関連法案の審議がいよいよ始まり、永田町の関心は「自民党が賛成するか、否か」に絞られ、首相も自民党の協力取り付けにご執心だ。だが、実は国会の行方を左右するのは、埋没しているかにみえる公明党だ。


「終盤国会に向け、衆院解散に追い込んでいく」


 5月17日、公明党の山口那津男代表は党幹部の会合で声を張り上げた。前日の16日夜には、自民党の谷垣禎一総裁と会談。自公両党の党首で会談するのは久しぶりのこと。思惑の違いを指摘されていた両党が足並みをそろえ始めた。


 公明党と創価学会にとって、東京都議選と参院選が控える来年に衆院選も実施され「トリプル選挙」になるのは何としても避けたい。さらに、「前回、ゼロだった小選挙区での当選がウチの至上命題。そのうち関西の6選挙区は、橋下徹大阪市長との協力でメドがついた」(公明党幹部)ことも強硬姿勢の背景にある。


 創価学会池田大作名誉会長が「関西ナンバーワン作戦」を推進してから半世紀、金城湯池だった関西を席巻するとみられる大阪維新の会との選挙協力がほぼ、みえてきた。創価学会は「7月22日」を最短の投票日に設定した選挙態勢を本格化させており、いつ選挙になっても準備は整っているからだ。


 ただ、仮に自民党と民主党が消費増税法案で合意すれば、公明党幹部は「賛成するのはやぶさかでない。その場合は事実上の大連立となり、長く続くのは世論が許さない。いずれにしても年内には選挙だ」と語る。硬軟両様、二正面作戦が現段階での公明党のスタンスだ。


 6月になれば、いよいよ公明党の出番だ。政局が緊迫して会期延長論などが出れば、必ず内閣不信任決議案の話も出てくる。友党の公明党が不信任に明確に動けば、同じく野党の自民党は反対には回りにくくなる。事情通は「不信任案は衆院で50人いれば提出できる。自民抜きでも成り立つ数字だ」と解説する。


 一方、総選挙を考えると、公明党も先走って、自民党との共闘は崩したくない。公明党が不信任に舵を切るか否か。野田政権の命運を見極めるには、ここを見ていれば間違えることはなさそうだ。


『週刊文春』2012年5月24日号