Hatena::ブログ(Diary)

斧節【onobusi】 このページをアンテナに追加 RSSフィード


WWW を検索 創価王道を検索

2012-07-20

皇室中心の貴族仏教(最澄と空海)


 このような皇室中心の貴族仏教(最澄と空海)が、庶民の不幸の生活をふみ台として、400年という長いあいだにわたり、偽りの繁栄を謳歌したのは、まことに驚くべきことである。


【『鎌倉佛教 親鸞と道元と日蓮』戸頃重基〈ところ・しげもと〉(中公新書、1967年)】


 創価学会では「平和な時代」としているが、視点を民に置けば全く別の見方ができる。多様な視点・発想を奪い取ることが宗教における最大のマイナス要素だ。中央集権という共通項によって教団と社会主義国はまったく同じ行動原理となる。

鎌倉佛教 親鸞と道元と日蓮

2012-07-18

真言密教は最澄の法統を密教で換骨奪胎


 東大寺別当をかね、大僧正に補せられた空海は、最澄以上に官僚的な貴族僧で、彼が一宗として確立した真言密教の勢いは、高野山や東寺だけでは満足できず、日本天台の法城比叡山にまで深く食いこみ、『法華経』に帰依した最澄の法統を密教換骨奪胎し、のちの日蓮を激怒させた。


【『鎌倉佛教 親鸞と道元と日蓮』戸頃重基〈ところ・しげもと〉(中公新書、1967年)】


 視点の高さが概念を変える。ただし法統は思想に非ず。もちろん真理とも関係がない。

鎌倉佛教 親鸞と道元と日蓮

2012-05-13

鎌倉時代の人身売買


 当時はこうした人質や人身の売買が頻繁に行われていたのである。この場合、六男は債務奴隷として下人となり百姓身分から転落することとなった。


【『戦国仏教 中世社会と日蓮宗』湯浅治久(中公新書、2009年)】

戦国仏教―中世社会と日蓮宗 (中公新書)

2012-02-05

秩序→無秩序、無秩序→秩序


 つまり、エントロピー増大則という普遍的な自然法則によれば、

  秩序→無秩序

 という変化から何物も逃れることができないはずであるのに、生きている系では、

  無秩序→秩序

 という逆の変化が普遍的におきているのです。


【『生命を捉えなおす 生きている状態とは何か』清水博(中公新書、1978年)】

生命を捉えなおす―生きている状態とは何か (中公新書)

2012-02-02

定見のなさ


 昨日まで「一億玉砕」を叫んでいたのに、一朝にして「一億総懺悔」を訴えたり、ごく最近まで中国の国連加入阻止に血道をあげていたのに、いつの間にやら国交回復のお先棒を担ごうとする精神は、これとはほど遠いだろう。


【『パラドックス 論理分析への招待』中村秀吉〈なかむら・ひできち〉(中公新書、1972年)】


「僧俗和合」から「打倒日顕」、「東(祥三)支援」から「東は敵」も似たようなものだろう。

パラドックス―論理分析への招待 (中公新書 (297))

2011-10-26

客引きに大切なのは声のデカさと強引さだ


「そう。客引きに大切なのは、声のデカさと強引さだ。奥ゆかしさだとかは、案内した先の旅館の従業員が心がければいいのだよ」

 了解した。が、広告業界はそれでオッケーなのだとしても、テレビ業界がそれじゃマズいだろ? 客引きがだみ声合戦を繰り広げるのは容認するにしても、肝心の旅館のおかみが、がさつ者ではいかんだろうが。

 ここ数年、テレビから流れてくるCMの半分は不愉快CMと言っていい。それも、あえて狙った神経逆なでCMだ。(中略)

 ってことは、結局、現状のCM界は、「振り向かせるためには何でもやる」素人の大道芸みたいな世界になっているわけだ。


【『テレビ標本箱』小田嶋隆中公新書ラクレ、2006年)】

テレビ標本箱 (中公新書ラクレ (231))