Hatena::ブログ(Diary)

斧節【onobusi】 このページをアンテナに追加 RSSフィード


WWW を検索 創価王道を検索

2012-07-20

皇室中心の貴族仏教(最澄と空海)


 このような皇室中心の貴族仏教(最澄と空海)が、庶民の不幸の生活をふみ台として、400年という長いあいだにわたり、偽りの繁栄を謳歌したのは、まことに驚くべきことである。


【『鎌倉佛教 親鸞と道元と日蓮』戸頃重基〈ところ・しげもと〉(中公新書、1967年)】


 創価学会では「平和な時代」としているが、視点を民に置けば全く別の見方ができる。多様な視点・発想を奪い取ることが宗教における最大のマイナス要素だ。中央集権という共通項によって教団と社会主義国はまったく同じ行動原理となる。

鎌倉佛教 親鸞と道元と日蓮

2012-07-18

真言密教は最澄の法統を密教で換骨奪胎


 東大寺別当をかね、大僧正に補せられた空海は、最澄以上に官僚的な貴族僧で、彼が一宗として確立した真言密教の勢いは、高野山や東寺だけでは満足できず、日本天台の法城比叡山にまで深く食いこみ、『法華経』に帰依した最澄の法統を密教換骨奪胎し、のちの日蓮を激怒させた。


【『鎌倉佛教 親鸞と道元と日蓮』戸頃重基〈ところ・しげもと〉(中公新書、1967年)】


 視点の高さが概念を変える。ただし法統は思想に非ず。もちろん真理とも関係がない。

鎌倉佛教 親鸞と道元と日蓮

2012-06-27

辻説法の可能性


 大仏殿工事が行なわれていた仁治元年(1240)2月2日、鎌倉の市制に関する重要法令が、幕府から発令された。その内容は、次の人々を取り締まる件についてであった。

  一、盗人のこと

  一、旅人のこと

  一、辻捕(人さらい)のこと

  一、悪党のこと

  一、丁々辻々の売買のこと

  一、小路を狭くなすこと

  一、辻々の盲法師ならびに辻相撲のこと

  一、押買のこと

 鎌倉には【人さらい】がおり、町角では盲法師が平家琵琶を語り、辻相撲が行なわれ、小町屋(商店)が商品を店先に並べて道幅を狭くするなど、都市鎌倉の繁栄が窺(うかが)われる。“押売り”ではなく「押買」いであることも、また興味深い。


【『もっと行きたい 鎌倉歴史散歩』奥富敬之〈おくとみ・たかゆき〉(新人物文庫、2010年)】


 やはり日蓮が辻説法を行った可能性は否定できないと思う。また草原や砂浜で語らったとしても別におかしな話ではあるまい。

もっと行きたい 鎌倉歴史散歩 (新人物文庫)

2012-06-15

腹切りやぐらと松葉ヶ谷草庵


より大きな地図で 腹切りやぐらと松葉ヶ谷草庵 を表示


 まずは以下の記事を読まれよ。

 東勝寺合戦の果てに北条高時と一族283人、臣下870人が自害した場所が、東勝寺の腹切りやぐら(青印)である。

 高倉健が北条篤時の末裔にあたり供養をしているようだ。

 で、この宝戒寺というのが紫色のポイントで、北条義時以来の歴代の鎌倉幕府執権の屋敷地跡。そして緑色が先日紹介した日蓮辻説法跡。


 参考までに松葉ヶ谷草庵跡の推定される場所を赤印にした。私は安国論寺にしか行ったことがないが、これほど近くにあるとは思わなかった。長勝寺から宝戒寺までは歩いてわずか22分という距離である。

2012-06-10

鶴岡八幡宮の大銀杏倒れる


 2010年3月10日に倒れた模様(樹齢は推定800〜1000年)。私は大銀杏(おおいちょう)の存在すら知らなかった。奇しくも立正安国論を北条時頼に渡してからちょうど750年というタイミングで。もちろん偶然に決まっている。色々な物語を創作したい気持ちはわからぬでもないが。


 たぶん由比ヶ浜から若宮大路を吹く潮風の影響もあったことだろう。


 地図で見ると日蓮が辻説法をしたとされる跡は、鶴岡八幡宮(つるがおかはちまんぐう)から目と鼻の先である。当時は武家屋敷があったようだが、幕府の目には挑発と映ったはずだ。ちなみに直ぐ上の妙隆寺は、鍋かむり日親が修行した中山系の寺である。

 創価学会では辻説法を否定し、「座談会方式であったに違いない」との見解を示しているが、現代の常識を鎌倉時代に当てはめたところで十分な根拠となるはずもない。日蓮がストリート折伏を行ったとしても別におかしな話ではあるまい。大道芸などの風俗を調べるのがよいと思う。



大きな地図で見る