Hatena::ブログ(Diary)

斧節【onobusi】 このページをアンテナに追加 RSSフィード


WWW を検索 創価王道を検索

2012-08-18

転居のお知らせ


 ウッカリしていた。はてなダイアリーに広告が表示されるようになったためブログを引っ越すことにした。っていうか既に引っ越し済みだ(笑)。


 今後は今まで以上に客観的に創価学会を含む仏教宗教について、一般的な視点で綴ってゆく予定である。ダラダラと10年以上にわたって駄文を認(したた)めてきたが、私の実感としては創価学会員に特定してメッセージを発信することに意味を見出せなくなった。


「私は学会員である」という自意識に束縛されているため、学会員は党派性でしか物事を判断できなくなっているように思う。それゆえ言論の内容を吟味せず、単純に「敵か味方か」で判断する手合いが多い。


 ネット上では大した活動もしていない有象無象が徘徊している。


 ま、今更ではあるが少しばかり自己紹介をしておこう(笑)。


 私は個人折伏を10世帯やっている(全国制覇は4回)。完全に冬眠状態の会員を200人以上起こしてきた。メールのやり取りだけで本尊流布を行ったこともあるし、未活動のメンバーを活動家にしたこともある。言論部が立ち上げられた時、東京で一番最初に一般紙への投書が掲載されたのも私である。法華講との攻防についても詳細は書けないのだが、金星に等しい功績を二つ上げている。


 こんなものは自慢でも何でもない。結果を出すのは当たり前であるからだ。


 ネット学会員はネトウヨならぬネトガクに堕した感がある。不勉強を恥じることなく、堂々と「自分たちの正義」を語る臆面のなさ。彼らは他宗を罵り、他党を罵り、他の学会員を罵ることでしか自我を保つことができない。


 そんなわけで今後は宗教全般を通して世間一般に向けてメッセージを放つことにした。


 以上をもって、はてなは終了。

2012-07-27

気をつけること


2012-07-20

皇室中心の貴族仏教(最澄と空海)


 このような皇室中心の貴族仏教(最澄と空海)が、庶民の不幸の生活をふみ台として、400年という長いあいだにわたり、偽りの繁栄を謳歌したのは、まことに驚くべきことである。


【『鎌倉佛教 親鸞と道元と日蓮』戸頃重基〈ところ・しげもと〉(中公新書、1967年)】


 創価学会では「平和な時代」としているが、視点を民に置けば全く別の見方ができる。多様な視点・発想を奪い取ることが宗教における最大のマイナス要素だ。中央集権という共通項によって教団と社会主義国はまったく同じ行動原理となる。

鎌倉佛教 親鸞と道元と日蓮

2012-05-13

大木道惠の創価学会問題とその周辺


 以前からトップページにリンクを貼っていたのだが、ブログ名が変わった模様。大木氏だったとはね。

仏教者の戦争責任―日蓮正宗の歴史改ざんを問う

鎌倉時代の人身売買


 当時はこうした人質や人身の売買が頻繁に行われていたのである。この場合、六男は債務奴隷として下人となり百姓身分から転落することとなった。


【『戦国仏教 中世社会と日蓮宗』湯浅治久(中公新書、2009年)】

戦国仏教―中世社会と日蓮宗 (中公新書)