Hatena::ブログ(Diary)

斧節【onobusi】 このページをアンテナに追加 RSSフィード


WWW を検索 創価王道を検索

2012-07-27

周恩来とコスイギン


2012-07-20

『池田大作と暴力団 独占スクープと内部資料が明かす創価学会ヤミの裏面史+跡目争いの行方!』西岡研介、乙骨正生、森功、山田直樹(宝島NonfictionBooks、2012年)


池田大作と暴力団 独占スクープと内部資料が明かす創価学会ヤミの裏面史+跡目争いの行方! (宝島NonfictionBooks)


 オウム真理教事件が起こり、宗教法人法の改正で国会が揺れた1990年代半ば――永田町であるテープの存在が囁かれた。山口組直参後藤組の後藤忠政組長(2008年引退)と、池田大作名誉会長の“腹心”として学会の裏仕事を担ってきた藤井富雄・都議会公明党顧問(当時は都議)の密会テープである。このテープが永田町に流出。藤井顧問は後藤組長に対し、当時、自民党の組織広報本部長として反学会キャンペーンの先頭に立っていた亀井静香議員の口封じなどを依頼したという。果たしてその真相は?本書では“盗聴実行犯”と初めて接触し、生々しい証言の獲得に成功。「パンドラの箱」からは、驚くべき事実が飛び出してきた!


目次

INTRODUCTION


PART1 池田大作と山口組と謀略

 ▼創価学会&公明党に大型スキャンダル

 独占スクープ 盗聴実行犯、17年目の告白!

 後藤組組長/藤井都議会公明党顧問「密会テープ」の全貌!!

 池田大作の腹心が山口組本家にもちかけた頼み事   西岡研介


 ▼「学会ウラ部隊」謀略の真実!

 私は創価学会に盗撮され、通話記録を盗まれていた

 学会内部資料「諜報マニュアル」掲載   乙骨正生


 ▼反創価学会勢力潰しの「世論工作」と公明党の隠微な関係!

 告発スクープ 謎の調査会社JTCに流れた公明党の“政党交付金”   高橋篤史


PART2 支配されたメディア知識人

 ▼選挙の広告塔が密かに増殖中!

 創価学会の芸能界占領計画

 AKB総選挙でも学会票!? 芸能人の実名総まくり!   常田 裕


 ▼『公明新聞』だけでも年間7億2800万円!

 『聖教新聞』の印刷利権に牛耳られ、池田大作の“提灯記事”を載せる朝日・読売・毎日   黒薮哲哉


 ▼『潮』『第三文明』『灯台』『パンプキン』徹底リサーチ

 池田教の“広告塔”に墜ちた学会シンパの知識人リスト!

 田原総一朗佐藤優・山口二郎・雨宮処凛・茂木健一郎のありえない発言   佐々木奎一


 ▼覆面記者座談会

 創価学会系球団の御三家は「日ハム」「楽天」「巨人

 事情通がブチまける学会とプロ野球の知られざる関係   取材・構成=白城嗣郎


 ナンバーワンは『読売新聞』! 創価学会系広告出稿ランキング公表

 全国紙からブロック紙まで、ズブズブの関係を数値化してみた   佐々木奎一


PART3 池田大作なき後の跡目争い

 ▼信濃町コンフィデンシャル

 相続問題で国税当局に怯えて迷走する池田大作の“跡目争い”!

 検証! 長男「博正」をかつぐ御学友派vs現実路線の谷川グループ   山田直樹


 ▼本邦初の本格調査!

 池田大作なき後に残る「創価学会」の巨額資産を見積もる

 信濃町施設の資産価値から墓苑事業の収益、関連法人の財務内容まで!   高橋篤史


 ▼カリスマの潰えた野望

 池田大作ノーベル平和賞受賞」工作の軌跡   広岡裕児


 ▼金満教祖のルーツ「関西創価学会」の裏面史

 池田大作をトップに君臨させた高利貸し時代の営業力とカネ   森 功


PART4 池田大作なき後の日本支配

 ▼「東大法華経研究会」OBの進路実態

 財務省・経産省・外務省……

 日本の中枢に学会エリートはどれだけ浸透したか?   談=福本潤一 取材・執筆=石井謙一郎


 ▼国防の中枢に入り込み「主流派」の一角を占める非常事態

 政府秘密文書を本邦初公開! 創価学会「自衛隊折伏計画」の驚くべき真相   小和田三郎


 ▼「総体革命」はどうなるのか?

 総数20万人! 創価大学OBの“進路”に見る日本社会の“学会員浸透度”

 地方公務員1500人、公立学校教員6100人、大手上場企業も軒並み   乙骨正生


 ▼信濃町ウォッチング

 『聖教新聞』の広告クライアントに大異変!

 ゼネコン生保・銀行が激減、半数以上が通販広告のなぜ?   藤倉善郎

2012-01-08

月刊誌『潮』と原発マネー


toden2


 遅れ馳せながら、明けましておめでとうございます。これは衝撃的なデータである。広告を介して原発マネーが宗教系出版社の発行する総合誌に流れているわけだから。しかもポイント数が一番大きい。『別冊宝島 原発の深い闇』より。


原発の深い闇 (別冊宝島) (別冊宝島 1796 ノンフィクション) 原発の深い闇 2 (別冊宝島) (別冊宝島 1821 ノンフィクション)

2010-05-13

『憚(はばか)りながら』後藤忠政(宝島社、2010年)


 著者は武闘派暴力団後藤組の元組長で現在は天台宗の坊主。以前、公明党藤井富雄元都議との関係が報じられたことがある。15日発売。


憚(はばか)りながら


 あの男(※山崎正友)がすべて仕切っていて、池田ともサシで話し合えるぐらいの実力は持ってたんだ。実際、俺にも「親分のことは池田会長に伝えてあります。池田会長も『くれぐれもよろしく』と言ってました」と言ってたんだから。

2008-06-27

遂に文庫化! 『となりの創価学会』宝島編集部編


 賛否両論を掲載したことで、極めて中立の高い出来栄えとなっている。それまでのイエロージャーナリズムとは一線を画す内容で、出版された当初、多くの学会員が時代の変化をじた。


となりの創価学会 [宝島SUGOI文庫] (宝島SUGOI文庫 A へ 1-31)