即是時空録

2013-08-30

幽明相隔てて 21:55

さなえちゃん

そちらはどう

すきなものと

きらいなもの

あいかわらず

はっきりさせ

まわりじゅう

わらわせてね


げてこいまは

こちらをみて

しまったって

おもってない

あっというま

おさらばして

ひとりあそび

たのしんでね


なかじまくん

かくごのしは

しょうせつに

いかされんと

かぶしまから

えみしのちを

もじにきざみ

いのっててね

2013-05-04

理非曲直 21:53

くわせもんは

くわせたほう

くらったほう

きらいないか

きづかずたべ

おいしかった

うそかまこと


うさんくさい

にせものじゃ

まっちゃわん

じつはこうか

でもあやしい

もちぬしこそ

うろんなひと


くせものじゃ

であえであえ

しのびのもの

おにわばんが

いりみだれて

ひみつさぐる

いくさはやみ

2013-01-20

ろばののりかた 10:35

驢馬の背に揺られながら

巷を探訪し 詩句の断片を

錦の嚢中に投げ入れて

深夜 深沈と推敲した

李賀くん


細い雨の中驢馬に騎って

剣門に入る 村市の酒に酔い

未だ敢えて空囊を羞じず

蘭漫たり 詩千首

宗国の再興を希った

陸游どの


ロバにのって杜甫ゆかりの村に

入った白石かずこさんいわく

ロバは耳を 口をもたず

哲学を支えている

借金と不幸には

何の責任も持たないと

2012-06-29

sokuze2012-06-29

孫子の円柱      G 22:42

おおまわりしたこうえんは

へらぶなつりのひとびとと

はなしょうぶをみるひとと

かぞくづれでさんぽをする

ふだんぎのひとたちつどう

ひとふでがきであるくみち


こまわりのきくこどもたち

すけぼーわざのだんさには

ふじだなのかげがあやなし

ふっとさるのわかものたち

やきゅうしどうをするおや

まんべんなくりようしてる


さきまわりしてうんつかむ

そんなもんあるわけないよ

おかぐらのまいはしんけん

ちよろずのかみをかしこみ

ひょっとこおかめがおどり

ささげたてまつるいやさか

2012-05-29

sokuze2012-05-29

孫子の円熟     G 20:46

くったくのないえがお

ほどよくしつけられて

あさばんのごあいさつ

はっきりとしたへんじ

めいっぱいあそんだら

おもいっきりおひるね

おぼこむすめのそだち


けんのあるまなざしで

あいてをみすえていう

もんくあるならいいな

うでずくならいますぐ

かかってきやがれぐず

なわばりあらさせねえ

いなせなあにいのしま


かんろくじゅうぶんの

たっぷりとしたようす

なやみもめごとすべて

いってくれりゃのるぜ

すいもあまいもみんな

おもてもうらもつうじ

とどのつまりおやぶん

Connection: close