Hatena::ブログ(Diary)

太陽電池最新情報 RSSフィード

2013-06-10

伊藤忠、南アフリカでアフリカ最大級の太陽光発電設備建設に着工

 伊藤忠商事株式会社(以下「伊藤忠」)は、同社が37.5%を出資するノルウェーのScatec Solar社(以下「スカテック・ソーラー」)が、2012年5月の入札で南アフリカ政府より優先契約交渉権を獲得した第2期太陽光発電事業(合計115MW)について、2013年5月9日付で20年間の売電契約を国営電力会社Eskomと締結し、同国の銀行との融資契約も締結され、2014年末頃の稼働開始を目指して建設着工致したと発表した。

 同事業においては160haの敷地に約46万枚の太陽電池パネルを敷き詰めることで年間225GWh以上の発電量を見込んでおり、約53,000世帯相当分の消費電力を賄うと同時に、年間190,000tのCO2削減効果が期待される。

 南アフリカ政府が将来的に電力需要の約2割を太陽光をはじめとする再生可能エネルギーにより賄うという目標を設定する中、この案件はREIPPP制度に基づき推進されるものでで、スカテック・ソーラーの同国における太陽光発電設備容量は第1期(75MW)と合計で190MWとなり、大型太陽光発電所の開発から建設・保有を手がける太陽光システムインテグレーターとしてのアフリカでの地位を確固たるものとなるとのこと。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/solarinfo/20130610/1370861751