Hatena::ブログ(Diary)

W-ZERO3 ツールMEMO このページをアンテナに追加

0000-01-03(月) W-ZERO3 RealVGA化

ozVGA・VGATodayItems 〜W-ZERO3 RealVGA化〜

| 04:54 | ozVGA・VGATodayItems 〜W-ZERO3 RealVGA化〜を含むブックマーク

1.概要

W-ZERO3はVGA(480×640)の解像度がありますが、WindowsMobile5の無駄に太いメニューバーや、解像度がVGAでもレイアウトがQVGAベースなPocketIE等のため、VGAの恩恵が今ひとつ享受できません。何とも勿体ない話です。

このレビューでは、簡単にW-ZERO3をRealVGA化してくれる ozVGA(WM5対応版) と、Today画面の不在着信等のアイテム行を広げて、RealVGA化時でも字がはみ出ないようにするツール VGATodayItems を中心に、現在のRealVGA化について、まとめてみたいと思います。

RealVGA化の方法は、新しいツール等の登場で、徐々に変わってきています。ネット上でW-ZERO3のRealVGA化に関する記事は色々とありますが、古い情報も中にはあります。このレビューでは、なるべく新しい情報を取り入れて、今後も更新を継続していければと思っています。

(追記)ここしばらく、レビュー更新がストップしてしまってます(汗。

最近の情報については、とりあえず、私のBlogのRealVGA化関係のエントリーをご覧下さい。

(注意)

RealVGA化は、必ず成功するとは限りませんので、初心者の方にはお勧めしません。環境によっては、W-ZERO3の動作に異常を来す場合もあります。初めて試される方は必ずバックアップを取ってから行って下さい。

また、W-ZERO3をフォーマットリセットすることになったり、何らかの問題が生じる可能性もありますので、自己責任でお願いいたします。<(_ _)>



2.W-ZERO3 RealVGA化手順 要約

手っ取り早く、RealVGA化の手順がわかればいいという方向けの要約です。

  • MUI公開所で、ozVGA.cabを入手してインストール。ozVGAを起動して、画面左下の「ozVGA!」ボタンを押せばリセットされて、RealVGA化完了。

ozVGA.cabの配布は終了になりました。その辺りはこちらを参照下さい。ホーミンさんが紹介される方法を使えば、おそらくより完璧なRealVGA化ができると思われます。とりあえず前と同様の方法で手っ取り早くRealVGA化されたい方は、ozVGAのWM5対応版(現在ファイルが消えていますので、WebArchiveから)と、MUI公開所からコントロールパネルの配置変更MUIを導入して下さい。ozVGA.cabはこの二つを一気にインストールする物でしたので、個々にインストールしても結果は変わりません。その辺りの手順は、参考記事にあります、シップさんの記事が参考になると思います。


  • VGATodayItemsを入手してインストール。Today設定から「電話(不在着信)」「Eメール(ウィルコムメール)」「ライトメール」のチェックを外し、「TelephoneVGA」「WillcomMailVGA」「LightMailVGA」にチェックを入れれば、Today画面の各情報行の文字はみ出し解決。
  • MUI公開所で、各種海外ツール用のRealVGA化対応版の日本語化MUI・パッチを適宜入手して、インストール。
  • shellres.dllのRealVGA用MUIを適用し、MUI公開所のコントロールパネル用配置変更MUIでも変更されない、コントロールパネル画面のレイアウトを調整する。また、標準メールソフトのオプション設定画面の配置を調整してくれる、outres.dllのRealVGA用MUIを必要であれば適用する。(※このMUIの適用により、多大な問題が発生する可能性がありますので、適用する場合は特に自己責任で)


3.W-ZERO3のRealVGA化 過去の経緯

ざっと、過去の経緯について触れておきます。適当に読み飛ばして下さい(^^;。

RealVGA化するozVGAというツールがあります。ただこれをインストールすると、色々問題が発生するため、あまりお勧めできるものではありませんでした。

しかし、TK109さんのブログで紹介されていた、ozVGAのWM5対応版を使えば、W-ZERO3でも致命的な問題を回避してRealVGA化できるということで、W-ZERO3のRealVGA化が広まり始めます。

ただし、ozVGAのWM5対応版でも、問題点があります。

  • RealVGA化した時、コントロールパネルの各設定画面上の文字が切れてしまう。
  • Today画面の「不在着信」「メール」「Eメール(ウィルコム)」「ライトメール」の情報アイテム行で、文字がはみ出てほとんど見えない
  • SIP(ソフトウェアキーボードや手書き入力パネル)が使えない

これらをある程度解決する方法を含めて、以下、簡単にできるW-ZERO3でのRealVGA化について、ご紹介します。




4.ozVGA cabインストールファイル で、一発RealVGA化


ozVGA インストール・実行

ozVGAのWM5対応版と、コントロールパネル各設定画面で文字がはみ出ないように調整するMUIを、まとめて一つにしたcabファイルを、id:danceinthemoodさんが公開されています。このファイルのおかげで、RealVGA化・RealVGA解除が、お手軽・簡単にできるようになりました。

目立たない所(^^;にありますが、RealVGA化、の所から「ozVGA.cab」がダウンロードできます。このcabファイルをW-ZERO3で実行してインストール。

(追記)

ozVGA.cabの配布は終了になりました。その辺りはこちらを参照下さい。ホーミンさんが紹介される方法を使えば、おそらくより完璧なRealVGA化ができると思われます。とりあえず前と同様の方法で手っ取り早くRealVGA化されたい方は、ozVGAのWM5対応版(現在ファイルが消えていますので、WebArchiveから)と、MUI公開所からコントロールパネルの配置変更MUIを導入して下さい。ozVGA.cabはこの二つを一気にインストールする物でしたので、個々にインストールしても結果は変わりません。その辺りの手順は、参考記事にあります、シップさんの記事が参考になると思います。



インストールが終了後、スタートメニューのプログラムから、ozVGAを実行すると以下の画面が表示されます。

f:id:solipt:20060304013649j:image

  • RealVGA化前の時は、左下のボタンが「ozVGA!」になっています。このボタンを押すと、リセットされ、RealVGA化されます。また、RealVGA化前なのに「SEvga!」になっていることがあります。その時は、一度このボタンを押してリセットされた後(まだこの段階ではRealVGA化されません)、もう一度この画面を開くと、今度は「ozVGA!」になっていると思います。それでもう一度ボタンを押せばリセットされて、RealVGA化されます。
  • 逆にRealVGA化後の時は、左下のボタンが「SEvga!」になっています。ボタンを押せば、リセットされて、RealVGA化が解除されます。

RealVGA化した後のGSFinder+の画面です。広く使えていい感じです。(^^)

f:id:solipt:20060304015511j:image


ozVGAのフォントサイズ指定

上のGSFinder+の画像を見ると、ファイルパス欄のフォントが少し大きめで太くなっていますので、これを少し調整します。

RealVGA化時・解除時のフォント設定は、先ほどの ozVGA画面にある「Settings...」ボタンで開く、この画面で行います。

f:id:solipt:20060304020546j:image

左側のSEvga列がRealVGA解除時のフォント設定。右側のozVGA列がRealVGA化時のフォント設定です。

  • (Menu&Bar Font):画面下部のメニューで使われるフォント設定
  • (System Font):システムフォント設定
  • (Boldの左右にあるチェックBOX):チェックを入れると、フォントを太字にする
  • (Hor.Scrollbar):横スクロールバーの太さ
  • (Ver.Scrollbar):縦スクロールバーの太さ
  • (Min Scrl Thumb):スクロールバー上のつまみ(単語が思い浮かびません^^;)の最小サイズ
  • (Fonts Arrays):スタートメニュー→設定→システムタブ→画面→文字サイズ で設定できる、5段階文字サイズをカンマ区切りで指定します。

そのほかの設定やタブについては、現状、特に変更しなくて良いと思います。詳細は本家ozVGAの説明をご覧下さい。

ちなみに私のフォント指定は、こんな感じ。太字はRealVGA化時、解除時、両方とも外して、RealVGA化時のフォントの大きさを少し小さくしています。

f:id:solipt:20060608005344p:image

設定が終わったら、右上のOKボタンを押して、親画面で「Apply & Reset」ボタンを押すと、リセットがかかって、フォント設定が反映されます。

この設定で同じくGSFinder+の画面を見てみると、すっきりして見やすくなりました。フォントの設定は好みに応じて変えると良いと思います。

f:id:solipt:20060304030024j:image




5.VGATodayItems で、Today画面の文字はみ出し解消


Today画面の、文字はみ出し・・

このozVGAでRealVGA化すると、Today画面がこんな感じになってしまいます。

f:id:solipt:20060304032913j:image

電話の不在着信、Eメール(ウィルコムメール)、ライトメールの情報行の文字が、ほとんどはみ出してしまってます。

この問題は、なかなか対策が出てきませんでしたが、ついにこれを解消するツールが公開されました。

これら情報行の文字を小さくするのではなく、逆に行を広げることで文字を見えるようにしてくれる、 VGATodayItems です。


VGATodayItems インストール・実行

VGATodayItemsはこちらで公開されています。

作者さんなおさんのブログはこちら。

VGATodayItemsのcabファイルをダウンロードして、W-ZERO3で実行・インストールします。その後、スタートメニュー→設定→個人用タブ→Today から、アイテムの設定を行います。

まず、W-ZERO3デフォルトでチェックが付いている、「電話(不在着信)」「Eメール(ウィルコムメール)」「ライトメール」を必ず外します。(「メール」は元々はみ出さないですし、VGATodayItemsによる置き換えの対象外ですから、外さなくても大丈夫です)

f:id:solipt:20060304032933j:image

そして、VGATodayItemsで追加された3つのアイテム「TelephoneVGA」「WillcomMailVGA」「LightMailVGA」にチェックを入れます

f:id:solipt:20060304033416j:image

OKボタンで設定を閉じてToday画面を見ますと、新たに行が広い情報行が下に表示され、文字が見えるようになりました。(^^)

f:id:solipt:20060304033846j:image

将来、もし行を狭くする方法が見つかっても、狭い方がいい場合(Todayが広くなる)と、広げた方がいい場合(見やすい。タップしやすい。)とありますからね。VGATodayItemsを使い続ける方はきっといらっしゃると思います。




6.VGA Large Keyboard、Happy Tapping Keyboard で、SIP不具合回避


動かない標準SIP

RealVGA化してしまうと、SIP(ソフトウェアキーボードや手書き入力パッド)が使えなくなるという問題があります。ソフトウェアキーボードを出そうとしても、こんな感じで正しく表示されず、機能もしません。

また、右下に「あ」と表示されるはずのSIPアイコンも、SIPを切り替える「」だけが残って、アイコンが表示されません。

f:id:solipt:20060304034823j:image

この対策としては、他のSIPを使うことで解決します。ここでは、id:KOTETUさんが公開されている、VGA Large Keyboardと、Happy Tapping Keyboardの2つについて、簡単に紹介させて頂きます。好みで使い分けると良いのではないかと思います。


VGA Large Keyboard

VGA Large Keyboardの入手は、こちらから。

VGA Large Keyboardは、VGAに対応したシンプルなSIPです。デフォルトはシンプルなデザインですが、id:kzouさんが綺麗なスキンを公開されています。

RealVGA画面で、VGA Large Keyboardを出すとこんな感じです。スキンはkzouさんのものを使わせて頂いてます。

f:id:solipt:20060304040822j:image


Happy Tapping Keyboard

Happy Tapping Keyboardの入手は、こちらから。

Happy Tapping Keyboardは、指タップしやすい大きさでまとめられたSIPです。こちらもスキンが色々な方によって作られています。

tf_ftrさんがまとめページを公開されていますので、こちらを参照下さい。

あるデザイナーの雑記@W-ZERO3(改題) ... Happy Tapping Keyboard用スキンページ

RealVGA画面で、Happy Tapping Keyboardを出すとこんな感じです。スキンは、tf_ftrさん作のtiger_grayです。とても格好いいスキンですね。

f:id:solipt:20060608011547p:image

キーボードを閉じて縦画面で使うことを考えますと、VGA Large Keyboardよりも、指タップでとても快適に入力できるHappy Tapping Keyboardの方が、お勧めです。


手書き入力は・・・

手書き入力パッドの代用としては、フリーで使えるものを私は知りません。。(^-^A;;

ぱっと思いつくものでは、製品のJapanist for PocketPCが思い浮かびますが、こちらはWindowsMobile5はサポートされておらず、W-ZERO3では動作に問題があるとのことです。

どうしてもRealVGAで手書き入力したい!・・・という方は、こちらの 2ch W-ZERO3過去ログ倉庫に行かれて、総合スレを色々探してみると・・・何かいいことがあるかもしれません。(これ以上は、ここでは書けませんので・・(^-^A;;;)




7.RealVGA用の、日本語化MUI・パッチを適用する。

RealVGA化すると、色々なツールのダイアログやレイアウトが崩れてしまい、使いづらくなってしまうことがあります。

ozVGA.cabが公開されているMUI公開所では、色々な海外の定番ツールについて、RealVGA化用の日本語化MUI・パッチが提供されています。

2006/03/04現在、以下のツールについて公開されています。danceinthemoodさん、沢山のご提供ありがとうございます。<(_ _)>


    • 日本語化MUI
      • Magic Button Ver2.0
      • PHM Regedit Ver0.70
      • Pocket RAR Ver3.50
      • Terminal Services
    • 配置変更MUI
      • コントロールパネル(※こちらは、ozVGA.cabに同梱されていますので、ozVGA.cabでRealVGA化されたかたは、別途導入する必要はありません) ozVGA.cabは公開終了しましたので、こちらも導入されることをお勧めします。
      • bLaunch
      • Next Train
      • MSN Messenger
    • 日本語化パッチ
      • NoteM Ver1.21
      • Pocket Wakeup Ver1.1
      • PHM Regedit Ver0.70

また、無線LAN接続切替ツールの配置変更MUIが、ブログの方で公開されています。



8.shellres.dllのRealVGA用MUIの適用など

(注意!! このMUIを適用することで、多大な問題が発生する可能性がありますので、適用する場合は特に自己責任で!)

MUI公開所のコントロールパネル用配置変更MUIを適用しても、例えば、設定のToday→アイテムの画面など、左上に偏って各コントロールが配置されるものがあります。

f:id:solipt:20060605000445p:image

これは、単純にMUIを適用するだけでは反映できないdllの中で、リソース定義されているためだと思われます。

こういった画面の配置を変更するMUI+証明書をセットにしたものを、id:danceinthemoodさんが公開されています。

なんでも日記 - shellres.dllのRealVGA用MUI

ダウンロードは、上記リンク先のエントリータイトル「shellres.dllのRealVGA用MUI」からできます。

インストール手順については、リンク先でid:danceinthemoodさんが紹介されています。また、MUI公開所で公開されているコントロールパネル配置調整MUIとは、別の画面を調整するものだと思いますので、両方を導入されることをお勧めします。

まず先に、danceinthemood_cert.cabをインストールして、それからshellres.cabをインストールします。この順番を守らないと、MUIが正しく適用されないので、ご注意下さい。

shellres.cabのインストール後、再起動すると、コントロールパネルの一部の画面について、画面配置が変更されます。

先ほどのToday→アイテムの画面はこんな感じになります。

f:id:solipt:20060605001306p:image

そのほか、画面左上に各項目が詰まって配置されていた画面が、画面いっぱいに広がります。私がざっと見た限りでは、細かいレイアウト調整を含めますと、かなりの数の画面について調整が行われます。

初めにも書きましたが、このMUIの適用によって問題が発生する可能性もあります。適用する場合は特にご注意下さい。(そもそもRealVGA化自体、自己責任でするべきことではありますが)


また、標準メールソフトの、主にオプション設定画面の配置を調整する、outres.dllのRealVGA用MUIも公開されています。

なんでも日記 - outres.dllのRealVGA用MUI

インストール手順は、上記リンク先にあるid:danceinthemoodさんの説明をご覧下さい。すでにshellres.dll用のMUIを適用でdanceinthemood_cert.cabをインストールされている方はoutres.cabのインストールだけでOK。そうでない方は、まずdanceinthemood_cert.cabをインストールしてから、outres.cabをインストールします。

outres.dllの適用前でこのように左上に偏って配置されている画面が

f:id:solipt:20060608004121p:image

MUIを適用することで、こんな配置になります。

f:id:solipt:20060608004211p:image

こちらは適用しなくても大きな不便はないと思いますので、必要と思う方だけ、インストールされると良いと思います。


9.最後に

RealVGA化は、メーカーがサポートしているものではなく、色々と問題は出てくると思いますので、導入される方はご注意下さい。

また今後、他に新しい手法が発見される可能性は大きいですね。その時は、またこのレビューを更新して、まとめを継続していこうと思っています。

便利なツールを公開して下さっている、danceinthemoodさん、なおさん、KOTETUさんには本当に感謝です。ありがとうございました。<(_ _)>



10.参考記事

シップさんによる、ozVGA導入の詳しい解説


私が以前に書いたRealVGA化記事。danceinthemoodさんによる、コントロールパネル設定画面を調整するMUIの効果など。



11.このレビューの更新履歴

  • 2006/06/08
    • id:danceinthemoodさんが公開された、outres.dllのRealVGA用MUIについて追記。あと、ozVGAのSettingの私の設定例が、変な設定になっていたので修正。(FontsArraysのozVGA設定に、フォント指定が4つしか入っていなかったです・・・今頃気がつくとは。。orz)
      また、tf_ftrさんによるHappyTappingKeyboard用スキンのまとめページを追加し、スクリーンショットもtf_ftrさんのtiger_grayに変更。やはりVGA Large KeyboardよりHappy Tapping Keyboardがお勧めですから、少しプッシュしないと、ということで(^^;
  • 2006/06/05
    • id:danceinthemoodさんが公開された、shellres.dllのRealVGA用MUIについて追記。
  • 2006/04/19
    • ozVGA.cabの配布終了に伴い、簡単にその辺りを追記。ホーミンさんの紹介された方法をベースにしたRealVGA化については、またいずれ更新できれば・・と(^^;
  • 2006/04/15
    • id:danceinthemoodさんがMSN Messenger用MUIを公開されたので、それだけ追記(^^;
  • 2006/03/16
    • VGATodayItemsの公開URIが変更になったため修正。
    • danceinthemoodさんのMUIがいくつか追加になったので追記。
  • 2006/03/06
    • 概要に、注意書きを追記しました。RealVGA化に失敗して、結局フォーマットリセットしたという声もありますので、試される方は十分に準備をして、かつ自己責任でお願いいたします。
  • 2006/03/04 (2回目)
    • 導入手順自体はシンプルなのに、だらだらと長いので(^^;、わかる方向けに、先頭に要約を追加。他、文面を微修正。あとdanceinthemoodさんのRealVGA化用日本語化MUIの記述が漏れていましたので、追記。
  • 2006/03/04
    • なおさんが、VGATodayItemsの公開をこちらにご報告して下さり、内心、キターーーーー!!という嬉しさから(^-^A;、これは改めて今現在のRealVGA化をまとめないと!という勢いで作成。

こうこう 2006/03/04 13:19 初めまして。
昨日、ZERO3を購入したばかりの新米です(^^:
RealVGA化の手順が丁寧に書かれてあり、非常に助かりました。
心よりお礼申し上げます┌○ペコリ

soliptsolipt 2006/03/04 15:20 >こうさん
初めまして。ZERO3ユーザーの仲間入りですね(^^)。記事がお役に立っていただければ幸いです。

TomyTomy 2006/03/05 05:56 詳しい解説ありがとうございます。
VGA Large Keyboard をインストールしましたが、▲をタップしないときどうしなかったり、あ▲ と表示されても半角のアルファベットモードだったりするのですが、私の環境がおかしいのでしょうか?

BOSSBOSS 2006/03/05 10:23 はじめまして
早速VGA化に挑戦してみたのですが、一番最初のインストールでつまずきました。「ozVGAのインストールに失敗しました」となってしまいます。cabファイルの行き場所とかに決まりごとでもありますか?

BOSSBOSS 2006/03/05 16:43 たびたびすみません。
cabファイルの行き場所ではなく、置き場所でした。

soliptsolipt 2006/03/05 23:00 >Tomyさん
初めまして。私も同じ状態です。特に致命的な現象ではないですので、私はあまり気にしていません(^^;。ただ話は少しずれますが、VLKを、Pocketの手等で、デフォルトのSIPにはしないほうが良いと思います(Pocketの手でも警告メッセージがでますし)。私の場合はそうしたら、エクスプローラーが起動しなくなったり、意味不明な挙動になってしまいましたので(^^;
W-ZERO3 Utility PlusのSIP設定で、VLKに切り替えるように設定しておくと便利かもしれません。

>BOSSさん
私は、cabファイルはminiSDに置いて、インストール先にデバイスの方を指定してインストールしました。置き場所に問題が有るようには思えませんが、まずはcabファイルが壊れている可能性もありますから、ダウンロードし直してみるか、もしくはcabファイルによるインストールではなく、上記レビューの参考記事にあります、シップさんが紹介されている方法で試されてはどうでしょうか。
cabファイルはozVGA(改造版)+コンパネ用MUIをまとめて、簡単にインスト・アンインストできるようにされたものですので、cabファイルインストールでないといけないわけではありません。シップさんの記事の方法でも、やることは同じです。


>レビューを読んでくださった皆様
RealVGA化は、サポートされた機能ではありませんので、色々問題が出てくる可能性はあります。
そういった問題を、私の方で全て再現できるわけでもありませんし、原因について、すぐご回答することもできないと思います。
その辺りはご了承下さい。<(_ _)>

はじめましてはじめまして 2006/03/06 16:14 この記事通りにやったら、無事REALVGA化出来ました。私の場合は、(あ)も(▲)も表示されてて、選択も出来、まるちたっぷなんかも普通に使えます。本当にありがとうございましたm(__)m

soliptsolipt 2006/03/07 01:50 >はじめましてさん
初めまして(^^;。記事がお役に立ったようで良かったです。こうやって試される人が増えて、RealVGA化のTips的な情報が出回るといいなと思います・・・が、問題が発生された方もいらっしゃいますので、RealVGAでの運用には気をつけてくださいませ。

KtoNKtoN 2006/04/04 18:05 SIPの問題ですがWM2003SEのmboxjpn.192.dll、mskana.192.dllのビットマップリソースを50%にリサイズしてmboxjpn.96.dll、mskana.96.dllを作成し、Windowsフォルダに入れてやればかなと手書き入力は使用可能です。
ローマ字もmsimj.96.dllを用意すれば良さそうなのですがどうもWM2003SEとWM5ではmsimj.192.dllが微妙に違うらしく上手くいきません。
ZERO3からmsimj.192.dllを取り出してmsimj.96.dllを作成すればもしかしたら解決するかもしれません。

soliptsolipt 2006/04/04 21:42 >KtoNさん
情報提供ありがとうございます。
WM2003SEのdllを使用する方法は一応私も試していますが、2003SEのdllを得る方法は、あまり広く知られて良いものではないと思いまして(^^;、2chの過去ログ倉庫へのリンクのみとした次第です。
あと私の方で、ごにょごにょしてZERO3のROMから直接DLLを取り出し、ビットマップリソースをリサイズして試したのですが、やはりだめでした。リソースを変えるだけではうまく動かないようです。。

tf_ftrtf_ftr 2006/06/08 14:00 あっ!TBまで頂き有り難うございます!ヽ(・∀・)ノ
HTKはリアルじゃなくても外せない良ソフトとしてプッシュです。
各キー変更出来るようになれば更に◎ですけど・・・。

soliptsolipt 2006/06/08 18:11 ★tf_ftrさん
こちらこそコメント頂きありがとうございます。仰るとおりRealVGA関係なく、HTKはお勧めですね。

BOSSBOSS 2006/07/22 08:40 お久しぶりでございます。

今度発売されるW-ZERO3[es]もこれでVGA化できるのかな?
ていうか、2.8インチ液晶でVGA化したら操作できるかな?
VGA化してもATOKはちゃんと機能するのかな?
など、いろいろ気になりますね。

元祖W-ZERO3のVGA化に新たなツールは出てこないんでしょうか?

soliptsolipt 2006/07/22 19:56 ★BOSSさん
どもどもです。

es・・・といいますか、004SH以降、OSがバージョンアップしていますので、003SHほどの安定性は望めないかも?という可能性が大きいです。004SHでRealVGA化された方が、不安定になる、といった報告も聞いたことがありますので。esもOSのバージョンは004SHと同じですから。。


各アプリの問題は、何とも・・やってみないとわかりませんね。

RealVGA化自体は、OSのファイルを元にあれこれファイルを作る必要がある&WM5以降、証明書を作らないと・・・とかなりグレーな部分ですので、RealVGA化という点に関して、日本で新たなツールが出るのは難しいように思います。海外サイトで、また新しいバージョンに対応したファイルが公開されれば別ですけど(^^;。

RealVGA切替部分、だけに関してのみ言えば、別のインターフェースを持たせたツールは出るかも知れませんね。ホーミンさんがRealVGA化するための情報も公開されていますし。ただ今のところozVGAで困らないという所も(^^;

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/solipt/00000103/1141415687
カレンダー
0000 | 01 |
0001 | 01 |
0002 | 01 |
0098 | 08 |
0099 | 06 | 08 | 10 | 12 |
1990 | 01 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 12 |
2009 | 01 | 11 |
2010 | 01 | 02 |
2011 | 05 |
2012 | 01 |