Hatena::ブログ(Diary)

W-ZERO3 ツールMEMO このページをアンテナに追加

2006-08-06(日)

ATOKのON/OFFを一発で切り替える方法

| 22:31 | ATOKのON/OFFを一発で切り替える方法を含むブックマーク

2chのWILLCOM W-ZERO3[es](WS007SH) Part32にて、ATOKのON/OFFをキー操作ですぐに切り替える方法が紹介されています。ツールのVerUp情報ではありませんが、これは便利なので、エントリー上げてみます。

(情報元:03:LOG)

※以下はレジストリを操作する内容ですので、何があっても自己責任で行うようお願いいたします。

情報元のid:GOLDENBATさんの所でも詳しく紹介されていますが、こちらでも2chの該当書き込みから引用させて頂きます。

40 名前:白ロムさん[sage] 投稿日:2006/08/06(日) 17:07:07 ID:7c5jEVCU0
前スレでできないって人がいたのでもう一度まとめておくと
レジストリエディタで

[HKEY_CURRENT_USER\Control Panel\Input Method\Hot Keys\00000030]
"Ime"=0xE0010411 (3758162961) ※デフォルト値
"KM"=0xC400 (50176)
"VK"=0x1C (28)
(括弧内は10進数表記)

に変更すると変換キー(Fn+文字)で ATOK が ON/OFF できる
もちろん Fn→文字 の2ストロークでも可

"VK" の値を適当なキーコードに変えてやれば
任意のキーに割り当て可能……のはず

これでパスワードは覚えないし、24term も使える

上記のようにesのレジストリを書き換えてリセットをすると、「Fn」キー+「文字」キーを押すことでATOKのON/OFFが切り替わります。これは便利!半角の入力が非常に楽になります! 2chに情報を書き込んだ方には感謝です。

TREなどレジストリファイルインポート・エクスポートができるレジストリエディタ用の、レジストリファイル内容を書いておきます。これは、私がTREでエクスポートしたものです。繰り返しになりますが、使用の際は自己責任で。もしも誤りがありましたら、ご指摘いただけると嬉しいです。<(_ _)>

REGEDIT4

[HKEY_CURRENT_USER\Control Panel\Input Method\Hot Keys\00000030]
"Ime"=dword:e0010411
"KM"=dword:0000c400
"VK"=dword:0000001c

上の枠内の文字をコピーしてエディタに貼り付けて、「atokonoff_custum.reg」とでも名前を付けてesのメモリ内の適当な場所に保存して下さい。そして、esでTREを起動して、メニューの「ファイル」→「レジストリの取り込み」でダイアログが表示されたら、上記「atokonoff_custum.reg」を選択すれば、レジストリに取り込まれます。そしてリセットをすると、反映されます。


元に戻したいことがあると思いますので、デフォルトの設定内容も書いておきます。

REGEDIT4

[HKEY_CURRENT_USER\Control Panel\Input Method\Hot Keys\00000030]
"Ime"=dword:e0010411
"KM"=dword:0000c001
"VK"=dword:00000019

これも、適当な名前でレジストリファイルとして保存しておいて、またTREでレジストリの取り込みをし、リセットすれば、元に戻すことができるはずです。


ファイルにしたものを、私のヤフブリにも置いておきます。「atokonoff_reg.zip」の中の、「atokonoff_custum.reg」が、Fn+文字キーでON/OFF切替するためのレジストリファイル。「atokonoff_default.reg」がデフォルトに戻す際のレジストリファイルです。

W-ZERO3 ツールMEMO 別館 - レジストリ

(補足)

cerberosさんからコメント頂いたので補足です。

tk109さんのFEPTglでATOKのON/OFFを切り替えている方もいらっしゃると思いますが、操作上の動きについて言えば、今回のレジストリ書き換え方法でも、私がざっと動かした感じでは同じようです。フォーカスが移動すると元に戻る点も同じです。(もし違う点がありましたらご指摘お願いします<(_ _)>)

ボタン割り当て系ツールがなくても使える、という点でレジストリによる方法は便利かも知れません。また手間はかかりますが、レジストリの"VK"でキーコード直接指定でいける、というのも何かメリットが有るかも知れません。

逆にボタンに割り当てさえすれば、FEPTglが便利とも言えそうです。


(もう一つ補足(^^;)

ウィルコメさんからコメント頂きましたが、W-ZERO3 Utility PlusのATOKパッチ設定→文字キー動作の設定は、[es]でもちゃんと動作するのですね(^^;。(今までWUPのATOK周りは恐くて触ってませんでした。。orz)

文字キー動作設定から、

1:全角ひらがな

2:半角英字(IME無効)

3:(1:に戻る)

を設定すれば、「文字」キーのみで全角半角切替&半角のままフォーカスが移動しても、モードはそのままです。何故今まで試していなかったのか・・・ってesでも普通に皆さんそう使われているんでしたら、すいませんです。

今日は色々と、コメント等でご指摘頂きました。ありがとうございます。こんな人間がこういうBlogやってていいのか、という話もありますが(^^;、所詮は素人のやってる個人Blogということで・・その程度のスキルの人間がやってるんだと思った方が、読む側もきっと安心です(^-^A;。

ねこもちねこもち 2006/08/06 09:43 うちの環境では、IE7B3でもちゃんと表示されるようになりました。
これで、IE7だけにできます。ご対応ありがとうございました。

InSoftware HouseInSoftware House 2006/08/06 17:12 IE7 for Windows Vistaでもちゃんと表示されるようになりました。

ありがとうございました。

soliptsolipt 2006/08/06 19:37 ★ねこもちさん
ご確認ありがとうございます。私のBlogが足を引っ張っていたそうで・・ご迷惑をおかけしました。

★InSoftware House様
Vista版IEでも大丈夫とのことでほっと致しました。ご連絡ありがとうございます。

cerberoscerberos 2006/08/06 23:33 ATOKのON/OFF切替なんですが、私の場合tk109さんの『FEP Togle』でボタンに割り当てて使用しているのですが、レジストリを書き換えた時の場合と動きが違うのでしょうか?

soliptsolipt 2006/08/07 00:23 ★cerberosさん
FEPTglと、動きは同じような感じですね(フォーカス移動で元に戻る点も)。今回はボタン割り当て系ソフトを使うことなくできる点が良いのかなと思います。
逆に、ボタン割り当てさえすれば、手軽に設定できるFEPTglが便利ともいえそうです。

cerberoscerberos 2006/08/07 00:33 soliptさん
なるほどそうですか。レジストリの書き換えで”フォーカス移動で元に戻る”が解消されるようであれば試してみようかと思ったんでが。個人的には元に戻らないでOFFならOFFのままでと言うのが理想です。

soliptsolipt 2006/08/07 00:40 ★cerberosさん
>元に戻らないでOFFならOFFのままで
私もそう思います。しかしATOKは中々自己主張強いですね(笑)。
エントリーにFEPTglについて、補足させて頂きました〜。

ウィルコメウィルコメ 2006/08/07 01:03 『ATOKのON/OFFを一発で切り替える方法』ですが、
私は、W-ZERO3 UtilityPlus の [Menu]->[ATOKパッチ]->[文字キー動作の設定]で、
1:全角ひらがな
2:半角英字(IME無効)
3:(1:に戻る)
と設定して、
[文字]キーをワンプッシュするだけで、同様の事をしています。
レジストリエディタを使う必要もありませんし、
他の入力モード(全角英字とか)も自由に組み合わせられるので便利です。

soliptsolipt 2006/08/07 01:52 ★ウィルコメさん
問題なくesでも使えてしまいますね(^^;。こんな基本的な所を今まで試していなかった自分はいったい・・というところで・・orz
またフォーカス移動しても半角モードが変わらないのが有り難いです。使いこなしの点で、試行錯誤や情報収集ができていない証拠で(^^;。
ご指摘ありがとうございます。エントリーにも反映させて頂きました。週末はこんなケースばかりで。。

カレンダー
0000 | 01 |
0001 | 01 |
0002 | 01 |
0098 | 08 |
0099 | 06 | 08 | 10 | 12 |
1990 | 01 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 12 |
2009 | 01 | 11 |
2010 | 01 | 02 |
2011 | 05 |
2012 | 01 |