Hatena::ブログ(Diary)

Railsなど技術系覚え書き このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-10-09

[][]初心者用覚書

ActiveXC++を、いまになって勉強するようになってしまった。

ActiveXを作るためには、C++か.NET(C#など)で作る必要がある。

ローカルファイルにアクセスすることが前提だと、.NETの場合はインターネットではローカルアクセス権限がないのでできない(イントラは権限を下げて可能らしい)。

C++で作る場合は、

ATL(Active Template Library)かMFCのどちらかを使う。

ATLの方が軽量でよくできているので、今はMFCよりもよくつかわれるそうだ。

ただATLにはGUIが含まれていないATLにはボタンなどのツールキットが含まれていないしそれだけでは面倒、マイクロソフトが提供したオープンソースWTLを使うと扱いが楽になるようだ。

日本語版WTLは、http://www.usefullcode.net/2006/12/04/WTL80_6304_jp01.zip ここから頂ける。

英語版でよければ、http://sourceforge.net/projects/wtl こちらから。

インストールはsetup**.jsというのを実行するのだが、コマンドラインから以下のように実行する。

WSHはよく知らんかったから、これを見つけるのに5分もかかってしまった。ダブルクリックじゃ動かなかった。

cscript setup**.js

というわけで以下のチュートリアルをやりながら、ATL/WTLを勉強中

http://home.att.ne.jp/banana/akatsuki/doc/atlwtl/