solonの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016-11-06 聖書は1つではない事の大変さについて

[]聖書は1つではない事の大変さについて 聖書は1つではない事の大変さについてを含むブックマーク


このごろ「読書通帳」をはじめた。

読んだ本の署名、著者、感想(ほぼ、○×△)を手帳に一行に記録するだけの簡単手帳システムだ。



Facebook手帳グループでおしえてもらったシステムだが、とても便利だ。

とくに年間、240冊以上は読書する人には画期的だ。

この数は新刊で、再読はカウントしない。

つまり、年間300冊(雑誌は除く)以上、本に目をさらしている。

そういう人は決して、少なくはない。



読書通帳」システムのすばらしいところは、読書記録のポイントとして、読み手記憶力を信頼して、最小限の記録にとどめている点だ。



これで、記録の負担が劇的に減ると同時に、何年何月何日にどの本を読んだかがわかる。

これは日記の代わりに、記憶想起のトリガーになる。

日記をつけられたなかった日に何があったか簡単に思い返せる。

場合によっては、その日の食事メニューさえ思い出せる。



いってみれば、「記憶宮殿」の簡単実現バージョンである



ところで、今日は故あって、モルモン教聖書を読んだ。

むかし、一読したときは「モルモン経(けい)」と呼ばれた文語調だった。

現状のバージョンは、「モルモン書」という。



日本語版は、https://www.lds.org/scriptures/bofm?lang=jpn で閲覧できる。



内容については、触れない。

およそ旧約聖書新約聖書に親しんだ人には、理解しがたいことが書いてある。

別の宗教と考えないと、読み通せない。



内容を簡単に知りたい人には、簡易版{モルモン書物語}がある。



http://www.ldschurch.jp/bc/content/Japan/gospel-library/manuals/-primary/book-of-mormon-stories-jpn.pdf



これで大要はわかる。



さて、わたし場合モルモン書読了は準備にすぎない。

これから山登りが始まる。