Hatena::ブログ(Diary)

住宅ローン滞納・延滞解決ブログ

2012-09-14

住宅ローン滞納・延滞解決ブログについて

| 11:46

これは近年の不況でリストラや退職など、不本意ではあるが住宅ローンを滞納延滞してしまった場合の解決方法についてのブログです。

1.まずは銀行に相談

 ローンが支払えない場合、銀行に相談する事によって一時的に利息のみの支払いが可能になるケースがあり一時凌ぎになります。

この間に仕事を探したり、生活を立て直す必要があります。

2.上記の期間が過ぎ、支払額が元に戻ったが、結局支払えない

 こうなると根本的にもう支払が出来ない状況にあると思われます。

この状況で考えられるのは「競売」「任意売却」の2つです

「任売」の場合、一般的に他人へ売却する通常の任売と、知人身内へ売却し、その方へ賃料を支払済み続けるリースバックがあります。

リースバックは「協力者」が必要な為、協力してもらえる人を見つけるのはかなり困難です。

また、投資家へ売却し、数年以内に買い戻すとの条件をつける買戻しというものがあります。

これは更にハードルが上がり、基本的に物件売却価格の0.7%〜1%程(利回り10%程度)の家賃を支払わなければならず、家賃を滞納したら即退去との厳しい条件が付きます。

なぜこのような厳しい条件が付くかというと、通常収益不動産を購入する際に目安となる利回りが年10%だからです。

当然買手となる投資家は、他の物件も検討しながら購入しますので利回り10%を切る案件は条件が悪く、相手にされないのです。

しかし、利回りが悪くてものってくる場合があります。

これは転売利益が出る場合です。

例えば相場が2200万の物件を1500万で投資家が任売で買い、元所有者に月9万円で貸した場合ですが、条件として2年以内に買戻しをする事、一度でも家賃を滞納すれば即退去との条件があるとします。

なんとか家賃を支払っても95%以上の方は2年以内に買戻しは出来ません。

この様な安い利回りで購入する投資家は基本的に買戻しが出来ない事を見越して転売利益を目的として購入します。

ですから、具体的な計画が無いのであれば、軽薄な買戻しにはせず、現実的な任売をした方が、結果本人の利益になるのです。

任売については専門サイトがありますのでこちらを参照してください

http://www.nps-g.co.jp/

2012-08-10

管財ソリューションのお盆休みについて

10:27

任意売却専門会社 管財ソリューションは8月12日より15日までの間お休みさせて頂きます。

尚、本日より社員の出社人数が少なくなりますのでご迷惑等をおかけする事も御座いますがご了承下さい。

住宅ローン滞納・延滞等でお悩みの方、至急ご相談をされたい方は当社ホームページよりメール問い合わせを頂きますと、担当より折り返しご連絡させて頂きますので、宜しくお願い申し上げます。

管財ソリューションの公式HP

http://www.nps-g.co.jp/

2012-07-09 不動産競売の怖さ

今日は不動産競売の怖さについてのお話しです

競売というと一般の方からすると「何か分からないけど大変な事」という

漠然として不安があるのではないでしょうか。

裁判所やらヤクザやら銀行やら

しかし、一番怖いのはこれらでは無いのです。


では何が一番怖いのかと言うと、「無知」な、あなた自身なのです。


対応の仕方ひとつで、今後の生活が180度変わるのです。

同じ「任意売却」をするにしても、最終ゴール地点を見据えた任売と

とにかく高く売る、引越代を沢山捻出する だけの任売では1年後の生活が違います。


例えば、最終的に自己破産をされる方の不動産をとにかく高く売るのは、所有者さんにとっては意味の無い事です

ギリギリまで返済をし続ける事も意味を成しません。


ですから、少しでも早い段階でご相談をして頂く事が、ご本人様にとって一番有益な選択をする事が出来ます。

私たちの仕事は売らなくて良い不動産は売らない。

いずれ売らなくてはならない不動産なら、ご本人に取って一番良い方法で処分する。

という仕事です。



近年は、一般不動産会社で「任意売却専門」と名乗る業者が増えてきました。

何をもって専門なのか分からなくなって来ましたね。

専門というからには全ての債権者とのパイプがあり、売却後の残債務の処理まで出来る会社でなければなりません。

これを行う為には、金融知識が必要であり当社のような元銀行員などで構成されている会社でしか出来ない事なのです。

ひどい会社になると任売する⇒弁護士を紹介する⇒破産させる

これをワンセットで行っている会社迄あります。


HPなどに大々的に弁護士の無料相談などと書いてある会社はこのような会社が多いです。


今日はこれくらいで

任意売却専門会社

管財ソリューション

http://www.nps-g.co.jp/

2012-04-02

住宅ローン滞納・延滞相談者の本当の悩みとは

16:17

住宅ローン滞納・延滞相談者の本当の悩みとは



弊社にご相談頂く方の大半は自宅のローンがこれから払えないので今後どうすればいいの?

と言う漠然な悩みを抱えておられる方が多いように思います。


ですから私達は住宅を処分するだけではなく、今後の生活を含めた漠然とした悩みを一つずつ紐解いていき、根本的な悩みを解決する事が重要だと思います。

要はお客様の頭の中を整理してあげる事も重要なのではないでしょうか。

やらなければならない事、やらなくても良い事を整理する事によって前向きな思考が持てるようになると思います。

お客様一人一人のお悩みは異なる為、出来る限りお客様のお話しをお聞きして、本当に求めている事を理解する事が第一歩だと思います。


そして、既にローンを滞納・延滞してしまっている場合。

すぐにでも弊社へご相談下さい!

時間が経過するにつれて、選択肢は少なくなる一方なのです。

また、任意売買をご検討の方は専門サイトを参照して頂ければと思います。

http://www.nps-g.co.jp/

2012-02-15

任意売却業者の責任

14:51

今日は任意売却業者の責任についてお話したいと思います。

住宅ローンを滞納延滞しそうになったりしてしまうと、今後の生活に不安になります。

そして私達に相談に来られるお客様はその悩みを解決してくれるのでは?

と期待してご相談されるのです。

私達はその、期待、に答えなければいけません。

つまり家を売るだけではいけないのです

任意売買の場合、基本的に自宅を処分しても住宅ローンが残ります。

ここを解決しておかないと、相談者からすると、家は処分できたが支払いに関する悩みは解決出来ていないので、今後の生活に困ってしまいます。

任売を希望される方は大きく分けて2パターンの方がいます。

一つはとにかく引越代が欲しい方

もう一つは残債の処理をしてもらいたい方

どちらも重要ですが引越代については一時的な解決ですが、後者は今後ずっと続く問題なので、後者の方がより重要だと思います。

任意売却業者の責任とはこれら相談者の悩みを根本から解決する為に全力で挑まなければいけません。

取り扱い業者の中でこれが出来る会社は1%もないのではないでしょうか。