Hatena::ブログ(Diary)

『実録!部落民』

2010-12-22 ホギャーホギャー。

オウオウ…ヨチヨチ…。

生まれました。おかげさまで母子ともに健やか。

ええ。カミナリオヤジにはなれそうにありません。

この子は私の子。

私の子だから部落民なのでしょうか?

ううん。やっとわかりました。

部落民として生まれる子はいない。

部落民なる子がいるんだ。

えみなえみな 2011/01/09 23:31 こんばんは。
ブログ拝見させて頂きました。
ご出産(言葉あってるかな?)おめでとうございます。
私は以前とある部落地域にある老人施設で働いていました。
その時から、部落問題を調べるようになりました。(失礼な表現でしたらごめんなさい)
私は、生まれ育った環境が、そういった地域や人達が、周りにあまりいなかったので、あまり知らずにここまできました。
遥か昔に社会が勝手につくりあげたものがいまだに残っていることにびっくりしました。
うまく言葉がまとまらないのですが、だからこそ、「部落民」と呼ばれ、長い間、心ないことを1部から言われ辛い思いをしてきたご本人に、「関係ないよ」とか「被害者意識」なんて、それは間違ってると思います。
もちろん同情してるわけでも、援護しているわけでもありません。
ソマリさんのすごいところは、
「部落民である前に私」
「この人ならなんか大丈夫な気がする」
強く、人間としての相手や自分を尊重できる、しようとする心だと思います。
それは、部落民どうこう以前に人として、とても大切なことではないでしょうか。
素敵だな。素直にそう思いました。
うまくいえないのですが、部落問題は私達なんかが思っているほど簡単な問題ではなく、社会がつくりあげてきた歴史の一部だからこそ、そこにもがき苦しむ方はまだたくさんいるんだと思います。
その中で人間として「生かされて生き抜く」そう強く思えたソマリさんがなんだか本当に素敵な方だなと思いました。
これからも日常をこのブログから拝見させていただくとともに、そまりさんご自身、そしてご家族の幸せを心より願っております。
長文失礼いたしました。

ゆう子ゆう子 2011/01/25 17:27 はじめまして。
お子さんのお誕生、ほんとおめでとうございます。
おむつにミルクにお風呂、etc・・・
きっと、おもいっきり子育て参戦してみえるのでしょうね。
次のブログ更新は当分先になるのでは?
超〜あたふたしながら、奥様と一緒に育児なさいませ。

『部落民として生まれる子はいない。
 部落民になる子がいるんだ』
その通りだと思います。
無意識にしろ、意識的にしろ部落差別をする人間が部落をつくっている。
私の中に部落差別意識が100%無いかと問われれば否です。
つまり、私も部落をつくっている人間です。
おかしいと思います。
間違っていると思います。
でも、マジョリティーに流されてしまう自分がいます。
そんな自分は嫌です。
生まれたばかりのソマリさんのお子さんのため!!
ではありません。
差別を受けている人たちのため!!
ではありません。
「おかしい、間違っている、嫌だ」と思う自分自身のために、
部落差別をなくしたいと思うことは、傲慢でしょうか?
私の中の、無意識の差別心をきづかせてくれる様々な発信源に敏感でありたいと思っています。
自己満足・・・それでもいいです。
なくそうとしなければ、なくならないもの・・・

マクマク 2011/03/14 04:04 はじめまして。ソマリさん含むブロガーさん達の書かれるはてなに惹かれてブログを始めました。まだ慣れていないからか、とても難しいです(笑)日記を書いていましたらソマリさんのブログが浮かび、久々に来ました。ブログの更新が嬉しかったのと、少し気になるので書き込みました。


ソマリさんが結婚し、ブログのデザインを変えられてから更新が途絶えた時、幸せで忙しい・伝えたい事は書ききったのだろうと思っていました。

私は沖縄県民です。私は、本土の方達と比べるとこの問題に対して疎いのだと思います。(祖母が子供の頃、極端な表現になりますが、女は床で男は畳部屋でご飯を食べないといけなかった、という話を聞きました。今現在、当然そんな事はないのですが)
本土の暗い歴史(部落の問題)は授業でさらっと流されて終わり、心に引っ掛かるものがありました。TV放送での歴史番組と、掲示板をまとめブログが稀にとりあげる程度でしか知らないのですが、今現在も続く深い問題という事実がショックです。

私が学生の頃は、まだ差別用語が教科書に表示されていましたが、年下の兄弟からはそうではなくなりました。掲示板に書き込みされた方も、そんな言葉は風化して忘れて欲しいと・・・私もそう思います。そんなものは物語(フィクション)だけにして欲しいです。「自分がされて嫌だと思うことは人にするな」は担任の言葉ですが、私自身に置き換えて考え、酷く暗い気持ちになったので・・・。


たとえソマリさんの世代でそれが難しくても、そういった背負ったものから開放される日が来ますように。ソマリさんの家庭が幸せであって欲しいです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/somali/20101222

2010-09-28 およそ1年が経ち。

去年の今ごろは何をしていたのだろうかなんて薄っすらとした記憶もないんだけれども。


ああ、自分ブログ見て思い出した。政権交代したんだっけ。


ご無沙汰ソマリです。

あまりご無沙汰過ぎてはてなのIDもPASSもなんだったっけとログインに手間取ってしまいました。


PCに向かい合う機会は毎日のように訪れるのですが、youtubeで聴くさだまさしがあまりに強烈なせいか、ちー様が歌い上げる様に見とれながらもいやいややっぱ大阪人やしきたかじんでしょと明日になれば〜♪を焼酎片手に熱唱したり。


いや、暇はあったんです。暇だらけ。


けどオイラのかぁちゃんが腹ぼてでオイラの子を産んでくれるなんてありがたい出来事があって、フーフーいってがんばってくれてるので何かできることはなんてぐるぐる走り回ってカロリー消費するけど痩せません。


最初つわりとかなんとかで玄関開けたら「臭い」と近寄れず、少し落ち着いたのかな?とおそるおそるで「暑い」とのこと。ああ、そうだ夏だもの。今年の夏は暑かった。近頃は腹の中から胃袋を蹴り上げられるらしく、メシも思うように食えない日が続いているようですが母子共に体重増加は順調の様子なので安心して食料供給するようにしています。


そんなソマリの初体験は私がもうじき人間一人を加えた家族の一員になることを少しずつ少しずつ教えてくれいています。オイラの父や母がそうであったことやかぁちゃんの父や母が注ぎ続けた言葉でもない金でも買えないのだろうものが、いつからあるのかわからないままごくあたりまえのようにソマリにもあることを知ってしまった不自然違和感にまだ慣れることができません。



男の子だったらゲンコツおやじになろう。

女の子だったらカミナリおやじになろう。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/somali/20100928

2009-09-01 新しい自民党ができたらしい。

比例の1票は自民に入れました。

選挙区民主候補に、国民審査はもち白紙。投票率は72%くらいで、倍増した期日前投票はオイラもその一人。

さすがの麻生も頭下げてんなと思ったら押尾だったり、地球救世主はやっぱり日本だけを救うわけにはいかなかったわけですが、消費税を上げずに全額年金にぶっこんで高速道路にも信号作るプランとか、不登校児童に不当利得の意味を教えてみるてなおしながきだったと思うんだけど、”交代”2文字しか漢字の読めないチルドレンたちはこれから新しい自民党をつくっていく役目を無事果たすことができるのか気がかりです。

へいみんへいみん 2009/10/13 21:49 君、もっこすと友達?

ギルギル 2010/04/14 20:05 小西邦彦と中川昌史。本人は言うまでもなく、こいつらの親族血族に至るまで、すべからく生き恥晒させるように何とかできないものだろうか。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/somali/20090901

2009-02-13 ソマリ。

月曜日から飲みに行き

さらに徹夜趣味に興じ

私が起こさなければ遅刻しそうになる。


白いワイシャツにはカレーうどんのシミが飛び

スーツの肩にはフケが落ち

座った勢いでズボンがやぶけたり

なんだかもう。


止まったら負けとイノシシのように突進し

自己催眠にかかったかのような信念で

この世の全てを撃破していけるような

そんな根拠のない自信がマンマン。


オネーチャンの口車にのせられて

鼻の下がびろーんと伸びて

調子にのってなけなしの生活費を大盤振る舞いしまう。


わたしが髪型を変えようが香水を変えようが

もしかしたら住んでる家を変えても

しばらく気づかないんじゃないかと思うくらい

彼女のわたしに無頓着


自己中で

めんどくさがりで

負けずぎらいで

メタボ

かつ軽く薄毛。


わたしはソマリが部落民でなかった方がよかったし

タバコは吸わない方がよかったし

血液型O型がよかった。


ケンカしたら

タバコけむいわ!副流煙最悪やわ!

とか

部落民やから言葉きっつ!そんなでかい声出さんでもきこえるわ!

とか

やっぱA型しんど!こまか!なんでもっとおおらかにできへんねん!

とか思います。



でも、わたしはソマリと出会わなかったら

こんなに心から笑ったり怒ったり泣いたりできなかった。

こんなに全力で人間と接せなかった。

こんなに自分自身に立ち向かわなかった。

だから、部落民喫煙者A型メタボで薄毛で

そんなソマリと出会えたわたしは

みんながびっくりするぐらいしあわせです。


ソマリのお父さんお母さん

おじいちゃんおばあちゃん

ひいおじいちゃんひいおばあちゃん

そのまたおじいちゃんおばあちゃん

ソマリへ続く全てのご先祖さま


わたしをしあわせにしてくれて

ほんとうにありがとうございました。




2009.2.14  はちまきより

世間では世間では 2009/02/15 07:59 >部落民やから言葉きっつ!そんなでかい声出さんでもきこえるわ!
これ差別じゃん。
いや、差別がいけないんじゃなくてこれが普通じゃん。
部落民同士、非部落民同士、であってもこんな会話は日常よくある。
世間では非部落民から部落民への差別が問題視され、部落民から非部落民への差別は無視されてきた。
部落民の被害者意識に問題ありだからだと思います。
結婚差別なんて華族と平民の間にもあったのに平民は克服してきました。平民と部落民の間でできないのはなぜなのでしょうか。
"私は劣っている"と言う勝手な思い込みがあるからでしょう。

そまりそまり 2009/02/18 00:29 世間ではさん、コメントありがとうございます。


よい指摘をいただきました。



>部落民やから言葉きっつ!!〜〜

これが差別じゃん。まさにその通りです。
これが普通じゃん。まさにその通りです。

他人の心の中をそうたやすく覗けるわけではありませんが、
差別する心のベクトルを持っていない人はほとんどいないと思います。

子を授かったとき生まれてくる子が障害児でなければと願う親の気持ちや、
やんちゃな子どものことを「あの子のとこは母子家庭やから・・・」とか言い合って妙に納得しあう光景も、
欧米人とそれ以外の外国人に対して抱く劣等感と優越感の差異も、
あえて向き合う必要の無い人間関係で起きる差別はいくらでもあります。

人は他人を差別します。それが普通です。

また、衣食足って礼節を知るように、衣食住のインフラが不足している環境に比例して差別は顕著に現れます。ですから部落民は被差別者である一方、強度の差別者である率が高いです。部落解放を唱えることと同じくして他の弱者を差別する自己を拭いきれないのですから、ちゃんちゃらおかしいやんけ!!と映ることでしょう。



>非部落民から部落民への差別が問題視され、部落民から非部落民への差別は無視されてきた。

無視されてきたのかはわかりませんが、隠されてきたというか見ないようにしたりされたりしてきたのでしょう。
部落民から非部落民への差別を指摘批判することは気楽にはできない状況だと思うからです。

ひとたび公にしてしまえばとても面倒くさいことに巻き込まれかねない嫌な予感がMAXで沸き起こる腫れ物みたいなもんですから、私が非部落民だったら間違いなく触りたくないものの一つです。

そういった認識の芽生えた部落民や非部落民の自由闊達な交流を意図的に阻害してきた部落側の象徴が部落解放同盟であり部落解放運動なのだと思います。



>結婚差別なんて華族と平民の間にもあったのに平民は克服してきました。平民と部落民の間でできないのはなぜなのでしょうか。

ここも深いですね。

多数派と少数派の関係も加えてもう一度考えてみてほしいです。
マイノリティーとマジョリティー。

華族は少数派(マイノリティー)、平民は多数派(マジョリティー)、部落民は少数派(マイノリティー)。

多数派には数の力学が働きます。世論みたいな力です。
王権君主制から民衆運動が民主主義を芽生えさせたのもこの力です。

少数派にはこの力学は働きません。
例えばチェ・ゲバラのような思想少数派は革命運動といった手段を用いる以外に術を持ちませんでした。



>"私は劣っている"と言う勝手な思い込みがあるからでしょう。

私は、↑のマジョリティーとマイノリティーの関係を考えてしまいます。
もちろんそんなことを気に解することも無く涼しげに乗り越えていく人がたくさんいるとは思いますが、それは資質とかセンスの問題で、一般化した話をしようとすると劣等感というにはしっくりきません。

その劣等感はどこからくるものなのか?

多数派が正しいとか、少数派はいじめられる存在だとかそういうことを言っているのではありません。
人は集団になれば内を抑圧して外を排除する力学が生まれます。
集団と集団がぶつかり合うとき、まっとうな勝負であれば数の多い方が勝ちます。
負けたくない少数集団は知恵を絞って屁理屈をこねて時には暴力に訴えてでも勝とうとします。

劣っているという思い込みではなく、普通にやってたら勝てっこないという絶望感だと思います。

ちちちちちち 2009/02/20 08:05 ソマリさん世間ではさん、コメント&忠告ありがとうございます☆☆

覗いてはいたんですが、ぶち当たった現実の壁にあたしの小さい脳みそはパニックで、彼氏ともしっくりこない状態になり、
コメントを返すも文がまとまらず文字数もオーバー(〒_〒)チーン
珍しく眠れない日が続き、連日のハードワークも重なってさらに深みへ…(XoX)


でもあたし、わりかし何事も自分で納得いく流れを決めて生きてきてると思ってる幸せな人間なんです
ヽ(゜▽、゜)ノ
落ちるとこまで落ちたら、すっきり自分の答えが出てきました↑↑



世間ではさんのいう部落だから気を付けなさいは、確かにその人自身を見る前に部落という色眼鏡で見てるってことになると思うんですけど、
そういう『○○だから□□』っていうのって、みんな色々見聞き経験した中で確立されてくもんですょね
それって確率的には間違ってなぃと思うん


あたしの彼氏はめちゃ優しいけど、『この温厚な人からそんな言葉が?!』というほど口悪い一面も垣間見えるし、
父親は聞いてた以上にガラが悪くて、それこそヤクザ的なイメージだった


部落だと聞いた時はほとんど無知でさほど気に止めなかったあたしがいて、
調べたり人に聞いたりする中で今度は不安が生まれて彼を色眼鏡で見て怖がったり哀れんだり…


気にしてないと言うあたしが一番彼氏を色眼鏡で見てたことに気付いた



だけど、なんやろね…
色眼鏡が外れて部落出身であるという彼自身を見つめて今思うこと

あたし、この人なら大丈夫な気がする


変貌する時がくるかもしれんけど、辛いこともあるかもしれんけど、でもこの人なら『あたしが納得いく幸せな生き方』のこれから先の部分も二人でなんとかやってける自信があるんですょね

彼氏の全てをひっくるめて、あたしはやっぱりこの人がいぃゎ!!って、再確認した

彼氏との仲も戻ったどころか更に深まったと思ってます♪(*^ ・^)ノ⌒☆
ハィ、のろけちゃぃましたぁ笑



申し訳ないけど部落は怖い、変わった人が多い
という警戒心は今も持ってはいます
結婚して彼氏の家に入るのがどういうことかと分からない恐怖心も正直持ってます

でも彼氏との関係は大丈夫だと信じてます

ただ、どこまでいっても親族に迷惑がかかることがないかどうかが心配ですが…


なんか書きまくっちゃってスイマセン…

また覗きまぁす***

ぁぃぁぃ 2009/05/27 04:05 優しい人でもヤクザはヤクザ。


気にしなくても部落は部落。


それは現実問題として拭えません。


でも、
好きなら、
大丈夫なら良いのではないでしょうか☆

ま、
私は無理ですがね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/somali/20090213

2009-02-09 IN MY LIFE

たかさん、コメントありがとうございます。


最近のコメントの流れからは、私を擁護していただいてるようにも感ぜられています。


短な言葉ひとつでその人がもっている皮膚感覚を表現することは難しく、

ましてやそれを他人に伝えることは至難だと思います。


世間ではさんのコメント然り。深いところまではうかがい知ることができません。


私は、自分の至らない点(たとえば態度が悪いことなど)を他人越しに言われることを好みません。

直接に言ってもらえないことは、自分の所作の為した結果なのかもしれませんが、直接に言ってもらうことを望みます。

それは、間接的に言われたことに対してあまり本気になることができない私の性格だからかもしれません。


乱暴な言い方になってしまいますが、間接的な伝わりでは、

それが噂話や失笑癖の類に思えてしまって、相手をする気になれないのです。


だからといって、世間ですさんが相手を傷つけることを懸念して間接的に伝えた行為を、

ただの噂話や失笑癖であると捉えているわけではありません。

それがどういう関係、状況であったのかを知るにはあまりにも情報が少なすぎます。


ただ、全員ではないが実際にヤクザのような部落民もいるからあなたも気をつけなさいという言葉に反応してしまいました。


ヤクザ/部落民とヤクザ/部落民以外ではどちらのヤクザ率(?)が高いのか正確なところはわかりませんが、

確かにヤクザ/部落民の方が高いように思います。

部落民は比較するとヤクザ率が多いから気をつけた方がいいというのは適格なアドバイスなのかもしれません。


しかし、私は部落民という属性を持つ私のことを条件として、

私のことを警戒している相手と積極的に交わりたいと思うことができません。

それは、私が部落民だから抱く特有の感情であるとも思えません。

最初から自分のことを警戒している相手と交わりたくないと思うことは一般的な感情だと思うのです。


気の合う人間とそうでない人間がいることは自然なことに思えますし、全ての人とわかりあえるとは思えません。

ですが、もし、私が世間ですさんにとって有益な人間であって、世間ですさんが私にとって有益な人間であった場合に、

私が部落民であることでお互いがお互いの距離を縮めることができずに交わることができないことが、

ものすごくもったいなく残念なことに思えてしまいます。


私は、部落差別に限らず、差別という現象の是非が、

差別する側にあるのか差別される側にあるのか、その答えを持っていません。

キャッチボールのようにある時はこっち、ある時はあっちという具合にどちらか一方にあるものではなく、

優等生的な言い方で申し合わけありませんが、どちらにも原因はあるように思います。


気の合う人間とそうでない人間は自然発生するように、

差別も自然発生する現象のひとつなのかもしれません。

ともこともこ 2009/02/13 00:14 はじめまして。
好きになった人がいて、、、もともとはめっちゃ仲良い友達やったんですけど、好きになりました。
誰にもゆわんかった様な事も、お前やったら話せるねん!!
ってゆうてくれて、凄く純粋やし、人間的にめっちゃいいやつなんです。
ある日に「俺、部落やねん。」ってゆう話をされて、あたしからしたら、だから??
って感じでした。
知識がなかったのもあったのですが、差別ってゆう言葉もする人も大嫌いやし。
まして、自分が好きになった人。
気にする事ないやん!!っていいましたが、
今更考えてみたらめっちゃ気にしてるのがわかりました。
俺なんか、彼女作るとかしたアカンねん。ってずっとうゆうてて、それがそこに繋がってたから。。。
だからなんで部落差別っていつからどうゆう経由でなったのかが気になって。。
今ここでコメントしてます。
自分に出来る事は何でもしたいねんって思えたし。
悲しい顔見たくないから、あたしみたいに知識ない人が頭ごなしに差別とかもししてるのなら、ちゃんと教えてあげたい。ってほんまに思いました。
すいません。
何か今の自分の気持ちを書きまくってしまいました。。。
またお邪魔しますね。

somalisomali 2009/02/14 00:32 ともこさん、コメントありがとうございます。

ともこさんのコメントは大阪弁全開なので、きっと大阪にお住まいなんですよね。
もしかしたら彼氏さんと私は同じ同和地区の出身なのかもしれません。

さて、「俺、部落やねん」という言葉にはなかなか勇気がいるものでして、
うーん、勇気と表現するのは少し格好をつけすぎているところもあります。

この台詞を使うときは、7割以上の確立で相手が自分のことを受け入れてくれるだろうと思えたときに、ほんの少しの勇気を使って言う言葉です。
ほとんど相手に頼らないとできないことなんですよね。私の場合。

だから、ともこさんと彼氏さんはいい関係なんだろうなと思えました。

「気にすることないやん」これもよく聞く言葉です。
「あー、ようある話や」というような冷ややかな目線から言うわけではありません。

部落民と人として最初に向かい合ったとき、言い換えれば、間接的に当事者になることが現実のものとして実感されたとき、この言葉はよく聞かれます。

繰り返しますけど、そう言ってもらえると飛び上がるくらいうれしいもんなんです。
だけど、同時に、お前に何がわかるねんみたいな感情もわいてくるんです。

部落民であることを伏せたままだと、どうしても自分を偽っているような感覚になってしまって、だけど相手の腹の中を覗いて慎重に慎重にああこの人だったら大丈夫って思わせて欲しい、思わせてくれたら言いたい聞いて欲しいって都合良く人頼みしてるんですけど、いざ受け入れてくれた途端に今度はそれを失うことが怖くなって。

失うことというのは、二人の間だけではオッケーなことも、家族や世間や、いろんな周り近所がからんでくるとオッケーでなくなる現実も踏まえているので、今受け入れてくれた目の前の部落差別初心者が果たしてこれから先に起きるかもしれない現実を乗り越えていくことができるんだろうか?乗り越えられなかったとしてもそれを責めることなんてできない、それは無理も無いことだってわかってる。だけど、そうなることがわかってるんだったらどうして部落だって言ってしまったんだろう。

こんな感じで、ほんとうに言いたくて聞いてほしがってたことなんだけれども、いざ言ってしまって聞いてもらうと、溜めてた気持ちが溢れてますます相手に依存してしまって、あまつさえ今度は相手を疑うことで不安を解消しようとしてみたり、どうせだめだろうななんて先に落としどころを確保してしまったり、あーほんとに情けない私。

そんな私の彼女はとても根気強い女です。

ともこともこ 2009/02/14 00:54 そまりさん。さっそくコメントありがとうございます。
まだあたしら付き合ってもないし、あたしが彼の事好きな事も彼は知りません。
コメント見てテンションが上がりました、
簡単な問題じゃないんかもしれんけども、あたしが不安がってたらアカンねんな。
って思いました。
彼はよく、俺に惚れてもええ事ない。
彼女は今の俺には必要ない。
って良くゆうてはります。
あたしは基本ポジティブ人間なのですが、お前なんかに興味ないねん!!
とかゆわれ続けられ、いつもなら、はぁ?みたいな言い合いをするんですけど、今回は凹みまくって、ごめん。
ってゆうたら、慰めるどころか、俺についてくる女はもっと噛みついてくるくらい、気強くなかったら無理やから!!ってゆわれました。

まさしく。
強い女。ソマリさんの彼女は強いんですね。
ほんまに。。。あたしも負けたないし。せっかく誰にもゆわれへんかった事も色々話してくれたから、もっと強くなって、もっと甘えてきて欲しい。
誰にもゆわれへんかった分しんどい想いしたんやろな。って思うから。。。
そまりさん。ありがとうございます。

日本語とゆうか、文章力がほんとなくて申し訳ないです。
でも、めっちゃありがとうございます。
べたべたの大阪弁ですいません。。。。w

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/somali/20090209

2009-01-14 経営者として。

うーんと思い出してみるとサブプライムショックの報道って確かちょうど1年位前に騒がれてたトピックだった。相当くるよすごいよといわれてたっけか。なんとも自分馬鹿さ加減を思い知らされます。読み易かったはずの1年先を放置してしまっていた。自戒せねば。

ちちちちちち 2009/02/05 07:48 『部落』検索からここにきて、日記を読ませて頂きました
きっかけは、2日に『僕は部落民です』と彼氏が親に結婚の挨拶にきたこと


彼は、親はともかく自分は差別受けることなく普通に育ったと言った
ただ小学校の頃、月?@くらいで部落民だけ集まって勉強会があったと



私には、部落の知識がなく、不安はよぎったものの『なら問題なぃかな』と安易に考えていたけれど、
顔の広い喫茶店のマスターに
『あたし彼氏に同和地区出身って言われたんゃけど…』と話すと、言い終えるか否かのうちに目を見開いて
『あんた!!そんなん人に口外するもんちゃぅで!!!』
『親兄弟、親戚までも地獄に陥れるつもりか!?』と言われた

どうやらヤクザのような部落民との問題をたくさん見聞きしてきたらしぃ…



自分のことなら、頑張れるけど、周りへ迷惑がかかるかもと言われたら、私はどぅしたらいぃのだろう???


『結婚を考えている彼は部落民だ』と事前に私が打ち明けた時の親の反応は、ギョッとしたものだったけど、
それでも彼自身がいぃ子だと感じ、結婚は認めてくれた

ただし、条件として
養子になるか、
本籍を変えること



彼と親がまともに話をするのはこないだの挨拶が初めてで、親は傷つけないよう和やかな雰囲気で言葉に配慮しつつ、それでいて内容はというと彼をひどく傷付けるものだった


『今まで出身のことで俺自身はなんの劣等感も感じず生きてきたのに…
俺は親を尊敬してるし、部落民を否定するみたいなことはできひん
でも、一緒になりたいから本籍を変えるってのを調べてみるゎ』



彼の親はこれを聞いたらなんと言うだろう…

だけど京都ではまだまだ差別というか、部落とヤクザを一緒に考え、眉を潜める人は少なくない


あたしは傷付いた彼氏をしっかり支え、一緒に頑張っていこう
ソマリさんにのブログに会えてそぅ思えた


『自分もいつか、あの人部落やって…って後ろ指指されるのだろうか』と頭をよぎったりもしたけど、ソマリさんのおかげで元気になれました

ありがとうございます


ちなみに…
ソマリさんの結婚話しはどぅなったのでしょぅか…

世間では世間では 2009/02/05 23:46 全員ではないが実際にヤクザのような部落民もいるからね。
なぜかと言うとこちらは普通に対処しているのに何を勘違いしたのか部落民は「自分が部落民だから差別されてる」って思い込むのよ。身近にいたのが、態度が悪いことを他人越しに言ったら自分は避けられてると思い込み、誰に言われたのかわからないもんだから周囲の関係ない人にまで当たり散らしていた。こっちは直接言うと傷つくからと配慮しただけなのに。
あなたも気をつけなさい。
平時は普通の人に見えてもいざと言うとき豹変するのが部落民だからね。

somalisomali 2009/02/06 02:33 ちちちさん、コメントありがとうございます。

出来ることなら彼が劣等感を感じることなく、感じさせることのないようにと答えのない戸惑いを感じられていることだと思います。

私は、彼女にこう言います。「部落民でない私はいません」

後ろ指差されるかもしれないこと、生まれてきた子供もまた部落民としての人生を強いられること、親族に心の底から祝福されないかもしれないこと、酷な現実を前にして、私が部落民でなかったらと思う瞬間もあるだろうと思います。それでも私の隣にいてくれる彼女に出会えたことがうれしい。


世間ではさん、コメントありがとうございます。

正直にいいますと、素直にありがとうとは言えない気持ちですが(笑)。

私にとっては、部落民である前に私です。世間ではさんにとっては、私である前に部落民です。

世間ではさんから豹変するかもしれない私に対する信頼を得るのは至難だなぁ。

世間では世間では 2009/02/06 06:52 私にとって差別って差別される側に問題ありだと思います。
例えばsomaliさん、今現在私は警戒はするかもしれませんが差別はしません。この警戒とはカネを返さない人には貸さないようにしようとかそんなレベルです。一番根強い結婚差別もしないでしょう。
でも一旦豹変したら部落民だからと言って嫌うでしょう。でも部落民全員を嫌うことはありません。
そうは言ってもsomaliさんは「この人は部落民全員を嫌ってる」って思うでしょう。
正直な気持ち私も「私に対するsomaliさんの信頼を得るのも至難だ」と思いますよ。

たかたか 2009/02/08 16:14 どう考えても差別するほうが悪いです。こういう考えをもっている人がいるから差別が根強く残るんだと思います。

aaaaaaaaaaaa 2012/12/03 14:42 アメリカの今の黒人にもこーいうメンタリティを持ってる人がたくさんいます。

ユキサンユキサン 2014/02/17 13:18 僕自身部落民だけど相手の家族とか職業によりますね。本当に幸せになりたいのなら京都なら別れた方が良いと思います

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/somali/20090114

2009-01-05 年明けてっぞ。

2009年になりました。

世が世だけにきびしーのはソマリも例にもれません。

ドリンク&フードが全品290円の居酒屋で晩ごはんを済ませました。

ビールおにぎりとおかずでトータル1000円以下(満)。

西暦だとわかりにくいですが、

平成生まれがなんと21歳までいる計算に驚かされますね。

私が生まれたオイルショックなんて結構忘却の彼方の出来事みたい。

さてさて、ニュースを見ていると新車販売台数が34年ぶりの低水準だったそうです。

08年は321万台くらいで前年比の6.5%減。

オイルショックの74年に記録した313万台以来の低水準だったそうな。

…うーん。

てか、2.5%しか伸びてなかったんかこの30年はと思えば、

不況布教もたいした騒ぎではほんとのところないのかもね。


てなわけで、みなさま明けましておめでとうございます。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/somali/20090105

2008-12-20 愛猫逝く。

顔を見て安心したのか安らかに逝きました。

きっと最後会うために待っていたんだと思います。

そんな猫でした。

keikei 2009/01/28 00:33 その愛猫さんはソマリなんですか?
私は飼い猫が死んだ時のことを思い出すと
10年経った今でも涙がジワッと・・。
猫好きなので思わずコメントしてしまいました。

ソマリソマリ 2009/01/29 00:01 猫好きkeiさん、コメントありがとうございます。
愛猫ソマリは寒くなると走り出すアンチこたつ猫で元気にやってます。
想ってくださって、ほんとうにありがとうございます。

keikei 2009/01/29 22:13 猫さん元気なんですね。良かった。(逝っちゃったのは実家の?)
冬の猫はいいよね。モフモフできるし。
私も飼いたいけど、今は公園猫で我慢です・・。

ソマリソマリ 2009/02/05 00:21 モフモフ、激しく共感します(笑

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/somali/20081220

2008-11-19

こんばんは。

ふとなにげなくネットサーフィンしてましたらアインシュタインとかなんとかのキーワードににたどりついてました。

ソマリは高校生のときは極うすっぺらいレベル物理学に興味津々な時期がありまして、とりわけ異星人はいる派だったわけですが、宇宙起源みたいなところの妄想を繰り広げていたことを思い出しました。

特異点かなんとかいうのが宇宙の最初らしいです。なーんもないところからどかーんとなにがなんだか沸き起こったビックバンて文字だけみたら大爆発みたいですけど果たして爆発なのかなんなのかわかりませんが、とりあえずそのときに空間と時間質量ができて光よりも速い速度でぶわっと膨張てか拡張して今もたぶん広がり続けてるのが宇宙というやつで、私たちの母なる地球が所属する太陽系は極ミクロなもんで銀河とか銀河団とか、まあそんだけ色々あったら異星人の一人や二人はいるわな!!

量子力学だったか一般だか特殊だかの相対性理論かなんかがとりあえず宇宙の一番最初の特異点てのはくっきりと存在することを証明しているて話だったとおもいますが、ソマリがもうひとつ興味津々だったのは宇宙がひとしきり広がり尽くした後は一気にしぼんで元の点に戻るっていうことで、人口密度あがりすぎるやろ!!てな風に納得してました。

もうひとつ密やかに納得していたことがありまして、宇宙みたいなでっかいものがそもそも広がり続けてるくらいなんだから人と人の間柄なんて縮まるわけなんかなくて共存共栄なんて原理原則に思いっきり逆らってるよねーて気がしてならないことでした。


さて、コメントありがとうございます。


テンさん。

人情深い人多い!!それわかります(笑)

社会性はないんだけれども郷土愛みたいな地元を愛する気持ちみたいなものがすごく強くて包まれてしまえばものすごく安心と安堵を感じられるみたいなところですよね。

カスうどんとかいいなぁ。しばらく食べてないや。

そうそう、あまりものの冷やご飯でかまいませんから茶碗一杯に1.5個の割合で卵を入れてだしのもとも入れて混ぜて、そこにカスを細かくきざんで入れてじゅわーっとフライパンお好み焼きの要領で焼いていってください。卵ご飯の焼いたバージョンですけどこれまたうまいんだわ。片面に青海苔まぶしてから焼いたら香ばしさもプラスしてなおうまいですよ。ひっくり返すの難しいので注意!!


・・・さん。

テンさんの後だからテンテンテンですか?そうだったらそのセンス好きだなぁ。

血をうすめるてのは部落民とそうでない人のハーフを生むてことですよね?ちょうどソマリはそのパターンなんです。

ところで中間市ってどこにあるんでしょうか?ずいぶんひどい苛めに遭った経験がおありのようで・・・継ぐ言葉が見つからない感じですが、・・・さんの体験もまた部落現実なんですね。私は部落民とはいえ自分が育った大阪の限られた地域しか知りませんし冷笑癖のある性格も災いしてしまって軽口ぽい発言も多いので他人様の気分を害してしまうこともしばしばなのかも。でもマンコは腐りませんよ(笑)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/somali/20081119

2008-11-06 Yes, we can.

僕のところへも届いたようにきっと地球のあちこちまで。

テンテン 2008/11/14 00:47 はじめまして、テンと言います。私は同和地区出身ではありませんが、近くに同和地区があり、子供の習い事の関係で知り合いも多いです。
彼等はハッキリ言ってガラ悪いです!話している事も「えっ?」て思うような事も・・
私の子供が「おっちゃんなんか書いてある(墨)」って言って焦りましたが、
「おっちゃんな悪い事したから神様に書かれたんや」と笑って返事・・・
子供は「ふ〜ん」てな感じ・・・という事もありました。
でも、本当はみんな人情深くて子供達にも優しいんです。彼等からすると私は
「部外者??」だと思うのですが、先日は「カス」をもらいました。
カスうどんにして食べました。
親からは部落=最悪みたいな事を植え付けられて来ましたが、
「そうでもないやん」というのが率直なところです。

… 2008/11/17 03:03 私は中間市で過ごしました。B連中には、苛め倒されました。だから、B連中は嫌いです。ハッキリ言えば人権いらねんじゃねん?ワザワザ血をうすめてやろう何てボランティアでも勘弁願いたいねえ〜。Bと姦通罪した日にゃ、マンこが腐る

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/somali/20081106

2008-10-20 物事を難しくしてうやむやのうちに終わらせることを平和という。

横浜LonesomeCowboyさん、はじめまして


ご指摘の恋愛話は、最近書かないとはいえソマリブログ自体なかなか書かなくなってきてるのですが、いやいやそんな言い訳がましいことは言わず、ええ。特にこれといった進展も進展を生み出す行動もなくこれといった不満もないのは一方通行かもしれませんが近頃恐妻化してきた奴のことを取り上げようかと思いつつも、このブログは先方の射程距離内にずっぽり収まっているわけでそれも書けず、実は今朝も私の母親との同盟関係を強固なものにした様子のある現状といたしましては書くにも書けずいよいよプライベート設定を視野に入れなければならないのかもしれません・・・。


さて、コメントありがとうございます。


私は無関心が本質であろうと考えていますが、その正しさには興味がありません。正しさというものはその立ち位置でいかようにも変化するものと捉えているからです。政治本質を失政とするならば社会参加を阻害し得るかもしれない差別の解消がつながるその先にハッピーエンドが待っているとは到底思えないのです。


私はあったらいいなリスト妄想癖がある排他的な考えの持ち主で瞬間湯沸器のように思い込んだら快感原則に従わない限り改めようとしない人間です。黒い絵の具にいくらどれだけ白い絵の具を混ぜ込んでも薄いグレーにしかならなかったので早い段階で諦めてしまっているんだと思います。

横浜Lonesome Cowboy横浜Lonesome Cowboy 2008/11/04 00:24 いや、もはやプライベート設定ができる状況では無さそうですね。母/嫁の同盟関係は男にとって簡単に崩せるモノではありません。

全ての色は何かしらのカラーが入っているもので、
また、絶対的な色というものは実は存在しなくて、動物によって識別できる色の具合もさまざまであり、私は最終的に自分に都合の良い色に仕立てあげるしたたか者です。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/somali/20081020

2008-10-07 変わってゆく僕を赦してください。

こんばんは。


TAMO2さん、コメントありがとうございます。

古い投稿まで読んでいただいたようで感謝です。部落にあらずがどういったものか、つたないながらも伝えることができればと思います。


さて。


ソマリはほんのめずらしく風邪気味で早く帰っております。

こんなときは温かいものを食すに限ると、これまためずらしく小鍋など据えて酔っ払い準備完了〜。


テレビなんてスイッチ入れてみて富士茄子かよ!!て勢いなのですが、またこれタイミングのよいことに昭和の懐かしい歌謡曲の連打連発!!ソマリの青春時代から記憶カケラの無い生まれおちる前の歌まで。いや、少なからず思いましたね、「昔はいいね」って。ほんでもって20年位前にいってた銭湯なんかで湯浴みしたもんだから涙腺緩みますってw


むかしねー、その銭湯通ってたときによく顔をあわす親子がいたんですよ。その親子はおとうちゃんと子供3人で、おチビは女、男、男の順で上のお姉ちゃんと下の二人は年が離れてる感じなんだけれどいっつも一緒に風呂屋にきてたのね。それは何年かずーっとそうで、お姉ちゃんは多分中学校はいったくらいの年になっても男湯はいって弟たちの面倒をみてたん。お父ちゃん無頓着な感じだったし。


当時のオイラってたらそんな思春期ど真ん中な年頃でお姉ちゃんと偶然を装って会える瞬間を夢こがれてたんだけど、そん時のお姉ちゃん立派だなーて思ってた。男湯入るの恥ずかしいなんて当たり前の感情でそれでもなおそうすべき事情があってそれに従ってって。そういうことって簡単に想像できてしまうんだけど好奇心にどっぷり流される俺自身の行動がいまさらながら恥ずかしくってしょうがない。そのお父ちゃんはもう死んじゃったらしいんだけどお姉ちゃん元気かな。弟たちもおっきくなってて欲しいな。

横浜Lonesome Cowboy横浜Lonesome Cowboy 2008/10/08 09:52 はじめまして。
実は以前からSomaliさんのブログを拝見しています。
私は部落やら同和やらの環境に全く関わりのないところで生まれ育っており
人種差別は海の向こうだけの問題として観客側にいました。
正直、周りに被差別対象者が存在していたわけでもなく、日本国内のアングラ上
のできごとが耳に入ってくるわけでもなく、無知と無興味のダブルパンチで理解しようという気さえ今まで起こらなかったのは事実です。
ただ、数年前から大阪、京都での仕事が増え、またPC2チャンネルでの誹謗中傷事件を
目にするたび、少しずつ自分なりに知識を得る機会(というか興味が湧いてきた)が増えてきて、このブログを発見するに至りました。
かのキング牧師のスピーチからまだ半世紀もたっていないなか、最近は大統領にまで堂々と立候補するマイノリティが登場したこともあり、社会的な人種差別問題が緩和されてきたことを実感します。
日本も最近はリベラルな文化(てかこだわらない文化)が容認されているのは悪いことではないな、と率直に感じます。
(ブラック演歌、ブラックスイマー、BOA、ユンソナ、羞恥心??)
いずれ同和問題も完全に無くなることはなくても世代が変わるたびに薄められるんじゃ
ないかな。
ところで恋愛の話が最近出ませんが?

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/somali/20081007

2008-09-09 軽やかに。

書くの久しぶりです。

近頃のソマリは商売繁盛しているので朝から晩まで金儲けしてます。

わずかなチャンスを逃すまいとがぶりと食らいついて食いちぎってるけどなかなか飲み込めない(笑)

このあいだは友人がちょっと風呂屋に行ってくらぁくらいの風で軽やかに日本を捨てていきました。空港から「携帯解約したから。落ち着いたらメールするから遊びに来い」て、オイ。彼とはお互い商売人だし年も同じだしでお互いの足を引っ張りあうことでバランスをとりあうようなとても親しい関係でしたから誘いには一応乗ってみようと思います。

さて、教育委員会と対峙中の橋下知事ですが、発端は全国学力調査?の市町村別成績を公表するとかしないとか。仮想敵を通じたアピールだとか、タレントの性だとか”クソ”発言には注目が集まっています。この話題を同和側面から見てみると、市町村別の成績公表の先に学校別成績公表があるとすると、同和教育推進校はとんでもないことになってしまいます。

同和教育推進校は、学区内に同和地区を抱えている小中学校ていうイメージです。学区内に同和地区があるからそういう学校は全部が同和教育推進校かというとわかりませんので誤解なく。で、この同和教育推進校の学力が低い。


学力が低い=部落差別の結果 


↑これは解放運動の三種の神器のひとつです。ですがその構図が今も成り立つのかというとそうではありません。というのも、同和地区には同和事業が盛んなころに団地を多く建設したのですが、同和特別法失効前は地区内団地への入居は制限されていて、多くは同和地区出身者が入居していました。法執行後は特別法→一般法の流れの中で一般にも広く入居受付をするようになっています。ですが、同和地区に住もうと思う人はやっぱり経済事情を抱えてる場合が多くて、平たく言うと入居希望者は貧しい世帯ということです。

貧しい世帯はどうしても子供教育に費やす労力が少なくて、結果として低学力を招きます。もちろんそういった世帯に対しては特就費?(とくしゅうひといいますが、漢字表記の正誤は不明)といった制度もあります。特別支援教育就学奨励補助金ていったっけ(詳細不明)。で、制度的に一応、貧困による子どもたちの学力格差てのは抑制されてることになってて、そういった制度の顕著な活用実績てのは同和地区を学区に抱えた同和地区推進校に多く見受けられる現象なわけです。

ところが現実はこの制度(金)が目的化してしまっているから、申告する収入なんてとんでもなく低く操作してしまって安い家賃と学費補助を目当てに同和地区に集まってくる親たちにどんだけ援助しても子供教育に費やされる前にカラオケパチンコに溶けてしまってる現実はちらほらどころじゃないぽい。

公表することで同和地区推進校の低学力が明らかになってしまうと、部落差別とは関係のない同和地区に住んでいる貧困層が抱えている子供たちの低学力の問題までひっくるめて部落差別の根拠として成り立ってしまうかも。

てなことで、橋下知事が成績公表を進めてくと解放運動にエネルギーチャージする結果にもなりかねないてなこともあるさ、そうさ。

TAMO2TAMO2 2008/09/26 08:06 はじめまして(かな?) 大阪市は平野区の平野小学校という「同和教育モデル校」を1978年に卒業した者です。昔は優秀な教師を掻き集めて、立派な設備を作り、物凄く学力が高い学校でした。同学年で東大3名、京大7名の卒業生がいるらしいです。ご参考まで。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/somali/20080909

2008-08-18 デザインてやつ。

表現とかテクニックてか、とどのつまり技術なんてものは心遣いとか気遣いとかの先にあるもので小手先が達者になってもそれは裏打ちのないものにしかなり得ないんだな。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/somali/20080818

2008-07-16 どうして石油は値上がりしているの?

なんで?

お粗末に不勉強で、マネーゲームの結果だろ!?みたいな思考しか持ち合わせていません。誰か教えて。

なんてか、世界は今のところ貧困をどう受け入れるか、どこが受け入れるか、どれくらい受け入れるかのバランスで成り立っている気がしています。それは物であったり人であったり現象であったりして、部落解放運動が機会の欠如を取り上げ、物の貧困を解決することで人や現象の貧困を解消することを試みたように、欠けた部分とは離れたところを拡充することで取り繕う方法が大勢を占めていて、とどのつまり誰がゴミ箱の役割を引き受けるのかの駆け引きなんだろうな。

労働者は人だけど、人は労働者じゃないとこもあるさ。そうさ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/somali/20080716

2008-06-28 立ち位置というのかポジションなのか。とどのつまり思想とか。

ルーツとか信念とかの話は女々しくてこっぱずかしくて重たくて話すほうにも聞くほうにもそれなりになんというか予備知識をそれとなく求められるような話題だったりするのに少なくとも私にとって今夜話すことのできたというか聞いてもらうことができた相手とその時間は一生のうちにそう何度も繰り返しあることではないことだと懐に浸るわけでもなく自分のことが好きだなと思えたってことを何億の砂浜から削りおちた一粒の砂がひとかけらの水滴に浸る感じなんだと他人の言葉で語る。このままに。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/somali/20080628

2008-04-18 市町村も人件費10%切れ。

そんなに痛い改革なのかねぇ…。

とりあえずトップギアで走り続ける使命とバックギアを外す命題を抱えて生きている私は不安定が友達みたいなものですから10%落ちたくらいでは食って寝て起きるくらいの日常茶飯事にしか思えないのです。

私の公務員てか、自治体職員のイメージはいつでも腹7分目が適正、て感じです。なんとか改革チームが仕事やりがいを感じているかどうかは知りませんが、ごく普通一般職員たちてのは自分一人がいなくなっても動き続けることができることを大前提にしている行政歯車で動いているわけですからやってもやらなくてもお給料は上がらず下がらずてのは織り込み済みなわけでそこに意味を持たせようとする試みなんかは私だったらさっさと放棄してしまって、そこそこ時間使ってそこそこ金もらってまぁいいやてのが王道だろ、てところに落ち着きはらうと思います。少なくとも働くという感じではなくて時間を使うってイメージしか浮かんでこない。働いてりゃ効率上げて対価上げてくこともできるだろけど。

要するに時給下がって我が身かわいいってことだよね。

クマリクマリ 2009/02/19 12:42 全体を通してsomaliさんの書き込む内容には共感を覚えていたのですが、このエントリの内容は悲しく思います。
「ごく普通の一般職員たちてのは自分一人がいなくなっても動き続けることができることを大前提にしている行政の歯車で動いているわけですから」
これこそまさに「公務員差別」だと思いますよ。
「同和にはガラが悪い人が多い」とまったく変わらないのでは?
本質的にはsomaliさんも差別的な心を持って生きているのですね。悲しいです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/somali/20080418

2008-04-14 続けて続けて続ける。

もしもこの世を変えるそんな歌があるとしたなら

それはきっととても素朴で決して飾りたてられていない

1人の人へ向けられた真っすぐな愛の歌でしょう。


愛し続けて思い続けて歌い続けるそれだけそれだけでいい。



小さな歌 THE VOICE KOKIA

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/somali/20080414

2008-02-24 どうなんだろう。

さて、こないだの統合に変化があったようです。

大阪市人権センター 統合先変更へ

2008.2.17 00:37

このニューストピックス:地方自治

 同和対策関連事業の見直しを進めている大阪市は、統合を検討していた東淀川区内の人権文化センター3館について、4月から飛鳥人権文化センターに統合する方針を撤回し、日の出人権文化センターに統合することを決め、16日に関係者に伝えた。市市民局は撤回の理由について、「方針決定後、飛鳥会事件の舞台にもなった施設に機能を統合させることなどに疑問の声が寄せられた」としている。

 3センターは、いずれも同和対策事業で解放会館として建設されたが、隣接した地区に同じ人権啓発などの機能を持つ市の施設が集中しているとして、見直しの対象になっていた。

 市は飛鳥人権文化センターについて、飛鳥会事件で館長が逮捕されるなど事件の舞台となったが、ホールを併設するなど3館の中で最も規模が大きく、駅にも近いことから統合先に選定、関係者にも伝えていた。

 しかしその後、「事件のイメージが払拭(ふっしょく)できていない」「施設規模が大きな施設は、むしろ市民利用に提供するべきではないか」などの異論が寄せられ、最終的に新大阪駅に最も近く、利用率も高い日の出を選ぶことにしたという。「東淀川人権文化センター」(仮称)に名称変更する方針は変えない。

 飛鳥、南方の2館については貸館施設として、公募NPO育成ブースを設けることも検討。統合先変更による経費の増減はない見込みという。

Copyright 2008 The Sankei Shimbun & Sankei Digital


飛鳥会事件のあった飛鳥こそ幾重の意味での人権文化として残すべきなんじゃないかなー。3館統合したら東淀川人権文化せんたーの利用率はあがらないと意味ないです。人権文化センターの利用率は確か12〜3%でしたから3倍でも35%くらい。要るのか要らないのか微妙なところです。


働いていた人権協会の職員たちの処遇が気がかりなところです。人員3倍だったら笑うw

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/somali/20080224

2008-02-18 その理由とは。3

ふらと覗くと終わってました。


その理由(わけ)・・・


だらだらてきとーにいい加減に晒してる私とは真逆に毎日更新を科せて励まれていました。カレンダーの月をめくってみましたがフルマーク!!すごいなぁ・・・。


私もこれ始めたときは何か使命感みたいなもの感じてたような記憶ありますが、今はなんにも(笑)。義務感のしんどさ逃れにだらだら思いつくまま気の向くままな風に流れてきました。気がつきゃ3年!!


続けてるといろんな人がコメントくれたりするとうれしいもんです。まぁ私のブログ部落民部落民のことを売るような一種の反則技ですけど、何とかこうにか続けていけるのもこれが誰のためでもなく自分自身のためにやってることだからなんだと思います。世のため人のためなんて正直やってられません。毎日必死。


「その理由(わけ)・・・ 」の向井さんもまた書き出すかもしれないし、私も書くのをやめてるかもしれないけど、それって生まれて消えてくごく当たり前の日常なんだよな。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/somali/20080218

2008-02-10 あれ?いつの間に。

昨年、「予算額は同じか!?」と補助金目的化している現実を明確に露呈することとなった東淀川区人権文化センター3館が統合されることになったそうです。


飛鳥」に統合へ 大阪市人権文化センター3館 

2008.2.1 00:18

このニューストピックス:地方自治

 同和対策関連事業の見直しを進める大阪市は、近接地域に同じ事業を行う施設が重なっているとして、同市東淀川区内の人権文化センター3館(飛鳥、日之出、南方)を4月から飛鳥人権文化センターに統合、「東淀川人権文化センター」(仮称)と名称変更する方針を決めた。日之出、南方の2館は「分館」とすることも検討されたが、議会から「統合する意味がない」などと批判の声があがったため、条例で定められた施設としては廃止し、貸館施設になる。

 飛鳥人権文化センターは、館長が逮捕されるなど飛鳥会事件の舞台の一つにもなったが、最も規模が大きいことなどから統合先に選んだという。他の2館は、貸館施設としてNPO育成ブースを設けることも検討する。3館で、市派遣職員6人含む計約34人のスタッフは削減する。

 市内に12館ある人権文化センターは、同和対策事業で解放会館として設立。同和対策関連法の期限切れにあわせて、12年から名称変更された。現在は、地域住民の自立支援や人権啓発などの事業を平成21年度まで、指定管理者の市人権協会に委託して実施している。

 市は、この3館以外についても来年度度に機能やあり方の見直し方針をまとめる。

Sankei Shimbun


さて、統合する飛鳥、日之出、南方の人権文化センターですが、各々の住民意識がどうやって馴染んで順応されていくのか興味があります。


同和地区にはムラ意識という同郷意識が根強く、”飛鳥の子””日之出の子”といった風に、同じムラの出身ということを強く意識する傾向があります。ムラとは”村”の意で、同和地区出身者が地元を指す意で使う言い方です。


大阪市内に12箇所あるムラにはそれぞれ人権文化センターがおかれています。このセンター部落解放運動の象徴的なものです。また部落解放同盟は支部として、人権協会は地区人権協会として各ムラにあり、部落解放同盟支部の合議体として部落解放同盟大阪府連があり、各地区人権協会の合議体として大阪市人権協会があるわけです。


また、部落解放同盟の支部や地域の人権協会の事務局は12箇所ある人権文化センター内に事務局を構えていたという図式があります。人権協会は市からの事業受託で大阪市公共施設である人権文化センターの管理を請けているのですが、部落解放同盟支部については特定の圧力団体公共施設に事務局を構えていることは適切ではないので、基本的に人権文化センター内に事務局をおくことは好ましくありません。


それぞれのトップは部落解放同盟○○支部長、○○人権協会理事長と12箇所分いるわけですが、そのムラのトップはそのムラの出身者がなります。というか、そのムラの出身者でなりようがない現実があります。そして、各々の部落解放同盟支部と地域人権協会は分配される補助金の窓口となるわけです。


私は大阪市内の1地区の出身ですが、地区内で生まれた若しくは育った人間に対してその地区を強く意識させる仕組みがハードソフトの両面にわたって何重にも張り巡らされています。それはその地区の運動力を高め、圧力団体の維持向上へつながるシステムなわけです。


ですから、1つのようで1つでない協力関係があるようで実は利害関係にとらわれ続ける地区と地区の象徴が統合されたことは、異質を受け入れることを極端に恐れる思考の教育を受ける地域住民が現実を受け入れることへの、おのずと自分の殻を破るような個の変革を迫る、という出来事に思えるのです。


私は、その迫られる個の変革が個の解放へとつながってほしいと思っています。


部落解放運動によって、その行政闘争によって、長い間行政と寄り添うことによって、継続性と安定を中心に据え補助金目的化することで硬直してしまった疲弊した組織が成しうる解放はもうどこにもありません。


川辺のバラック小屋で激しい差別を受け文字を読めず書けず諦めることでしか生きるすべを見出せなかった私の祖父母の時代に起きた、個の中に芽生えたほんの小さな意欲のカケラを集めてつながることで自立への道を模索する試みとしての部落解放運動はその時代を終えました。


人の世に熱あれ、人間に光りあれ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/somali/20080210

2008-02-05 裏金。

ちょっとだけ出ました(笑)

東住吉区役所が16年間で裏金約5110万円 大阪市

2008年02月04日

 大阪市公正職務審査委員会委員長・辻公雄弁護士)は4日、東住吉区役所の選挙事務を担当する部署がカラ残業などを繰り返し、91〜06年度に選挙統計調査用の公金から約5110万円の裏金組織的につくっていたと発表した。記者会見した平松邦夫市長は、全庁調査をする意向を示した。

 東住吉区選挙管理委員会の事務を担う総務担当組織改編前は住民情報課)が、物品費や残業代などの架空請求を繰り返して裏金にしていた。職員の親族名義で架空のアルバイト代を請求し、見返りに3千〜5千円を払っていた形跡もあるという。裏金担当係長名の銀行口座などに受け継がれ、担当職員らが裏帳簿をつくっていた。

 約320万円は職場の金庫に残っていたが、残る約4800万円は、「選挙手当」や「統計手当」など実在しない名目で職員に支給していたほか、職場の懇親会や地域振興会への助成金などに使っていたという。

 07年10月、総務担当課長の申告で発覚。審査委が1月末までに約60部局を立ち入り調査したが、他の部署で裏金は確認されていないという。

 全庁調査は職員OBも対象とする。平松市長は「今月末までに何らかの結論を出したい」と話し、懲戒免職刑事告訴も含め厳しい対応をとるとしている。

 大阪市では89〜90年、公金を裏金としてプール接待や遊興費などにあてていた全庁的な公費乱脈事件が発覚。その後は組織的な裏金づくりはないとしてきた。

asahi.com

いや、裏金はまじこんなもんやないですよ。めっちゃありますよ。

予算削られてヒィフゥいってる運動体は「貯めといた裏金使わなしゃーないな」て感じなってますから。

区役所なんて小さい小さい。新市長も新知事もがっつり切り込んでいってほしいなぁ。

自分とこだけじゃなくて関係機関、関係省庁も巻き込むくらいに。労働局とかw

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/somali/20080205

2008-01-30 眠れねぇ。

おっと・・・足元がぐらついたような錯覚に陥った。要再確認。

ものごとの道理

菊菜

正しく言う

のりしろ

時計の針

人が人

モチ

立ち退き

仏の顔

メタボ

でかい器

おやすみなさい。。。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/somali/20080130

2008-01-21 一人よりも二人がいい。

最近の父と母を見ていてなんだかな、と。昔、二人は激しい運動家でした。これは私の想像でしかありませんが、一切の言葉や現象に耳を貸さずに世の本質の全てが己の信念の中にあると行動していたと思います。そしてその行動の中にあっただろう迷いこそが人間らしく人間くさく人間たる所以なのだと40年経った二人は今とてもやさしく温かい目をしています。運動家として最高の人生だと誇らしく思っています。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/somali/20080121

2008-01-06 あけました。

おめでとうございます。


しばらくご無沙汰でした。


さて、私もけっこういい年なオヤジの仲間入りを考えなくてはいけないのですが、独身です。そろそろ・・・という気持ちもあったりして、年が明けたので彼女実家挨拶にいってきました。


私が同和地区出身であることも話してきました。話された方の身になれば、たまらんやろうなと思います。交際とか結婚とかに反対するにしても、それが部落差別に一切の関わりがないところで判断されたことを証明をすることがとても難しいからです。


私と部落を切り離すことはできません。部落はその歴史ぜんぶを含めて私の中にあります。ただ、私は同和地区出身であることが私の人間形成に大きな影響を受けていることは自覚していますが、たとえ形成された私の人間像に難アリだったとしても、それを部落差別の結果だとは思いません。しかし、私と向き合う相手の立場では、私が同和地区出身者であることを知ってしまったら最後、私の人間像を否定することが容易ではなくなってしまいます。それが自分の意思ならまだしも、ふとしたきっかけで私という人間と向き合わざるを得なくなったのであればなおのこと。ほんと申し訳ない、という気持ちです。


私が同和地区出身者だということを隠しているわけではないのですが、率先してアピールしたくないのはそういう理由なのです。


けどまぁ、部落差別が今もあるとすると、躊躇を生んで率直にダメ出ししてもらえないっていうのは不幸やなぁ・・・と思います。私が感じているルーツ部落を持つことの辛さはそんなところです。ちょっと愚痴です。


いや、私が否定されたわけやないですよw

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/somali/20080106

2007-11-19 大阪市長選挙。

いや驚いた。


勝っちゃいましたね、平松氏。


私の知ってる地元なんかは解放運動の未来は平松にかかってるみたいなムードで、だっていつもだったらオール与党の前の助役さんでしょ?みたいなもんだから応援っていうよりも今度の人はどこまで予算つけてくれるの?くらいの感覚しかなかったわけだし。


飛鳥も死人に口なしでうっわどうすんのってときにとてもわかりやすい救世主ムードでまた大好きな選挙っていう闘いのステージまでもらったものだから走る走る。


労組同盟組織動かせたもん勝ちってことねw投票率まで10%↑アップだなんて、よっぽど気合いで活動したんだわ。私には一本の電話かかってこないけど(笑)


各ムラは期待に胸躍らせてますよ。判断は人権なんだもん。


うーん。


私の知っている人権は声が大きいものが勝つっていう仕組みでしかないから、声なき声の人権をすくい上げて守ってほしい気持ちはあるんだけど、必要以上に声のでかい人権が率先されてる現実には賛成できないかな。ま、勝っちゃったんだからどういう基準で人権を判断するのかそこんとこを透明にしてもらうしかないのか。


さて、注目のF氏。


阿倍野筋、車窓越しに看板?に紙が貼ってあって「うっわwF氏だ。」て瞬間味わいました、昨日。残念、急いでいたので彼の主張を看取ることはできませんでしたが、彼のブログをハケン。ぜひ生で噛みしめたかったと悔しさもひとしお。


えいごの日記(イングのジンジャー)


K氏→M氏→F氏。


歴史なっちゃった

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/somali/20071119

2007-11-05 今朝、阿倍野で。

関市長選挙カーを見かけました。おお…こんなこと書いたら公職選挙法かなんかでアレな感じなんだっけか。

さておき小沢民主守屋なんとかの件うまくふっとばすよなぁ…ほんとテクニシャン民主も留意とかしらこいこと言っちやって(笑)。辞任させられるより、辞任したってことだけと思うんだけど、読売渡辺の絵だなんてメディアが国政操ってますみたいな記事が正面きってでて、あぁそういうことだったんだなんて素直に聞ける国ってどうよ。国民不在って叫んでる当のメディアってどうよ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/somali/20071105

2007-10-18

[] ある日ある時。


突然に眼前にでかい乗り越えない限りはもう後戻りするしかないような、そりゃあきらめちゃいなさいって今にも語りかけてきそうなとんでもないことでもないんだけど、軽くくじけてしまいそうな出来事がおこちゃった時なんかには挙動不審もいいとこで、いいんだごく自然にまじめに1日1日を大切に過ごせば、今できることを重ねていけば、そうさきっと明後日は晴れるさなんて言い聞かせることしかできないんだけど、そやって言い聞かせてくれる自分自身にいまいち自信がもてなくて、そういや過去の自分なんて信用できるはずないかなんて開き直って閉じこもることしかできなくなってしまうノミの心臓を持つ私です。


ぺヤング」値上げ


もうだめだーw

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/somali/20071018

2007-09-25

[] 密かに。


天才石破茂に期待。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/somali/20070925

2007-09-19

[] その理由とは2。


昨日紹介したブログをなんとなく読んでいました。


9・16日之出支部を辞めたわけ?

間違いなく当事者の1つである解放同盟が、社会的責任を果たしたとは思えないのです。この責任とは「(世間が納得するような)説明と謝罪」であり、それが無ければ「次(信頼回復)」はあり得ません。

【 夜明け前 】 - Yahoo!ブログ


解放同盟の犯罪不祥事が続々と明るみになる状況下に対する浮世離れした組織の対応とその礎となる組織の思考に「それは違うやろ!」という声ですが。


説明と謝罪、言葉ひとつで許されるの?


説明と謝罪、そして贖罪でしょう。


差別を利用して利権を得てこれまできた。もちろんその何%かは実効ある差別問題解決のために使われた。けどその他甘い汁としてジャブジャブ漏れた金をどうするという話。


金返せ、でしょ。普通


説明と謝罪で信頼回復できると思える思考が浮世離れだっつうの。


晒されてがんばれ!!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/somali/20070919

2007-09-17

[] その理由とは。


飛鳥会事件というのがあります。


解放同盟の支部長が関与した横領詐欺事件です。詳しくはこちら


事や金の大小はあれど解放同盟の名前で利権だったり豪腕だったり使える人はたくさんいます。飛鳥会事件みたいにヤクザがらみだったり、交通事故のもみ消しとか、大阪市職員になりながら勤務時間は解放運動してるてのも立派な利権


さて、そんな飛鳥会事件をきっかけに解放同盟をやめた人がブログはじめたみたいです。


その理由(わけ)・・・


前述の飛鳥会事件があったとき解放同盟の論調はこれまでとまったく同じ。事件そのものに解放同盟は関与せず個人の問題。事件そのものよりもその事件を煽るマスコミ部落問題の解決を行政の責務とした路線の強調に終始しました。


「我々の一部で問題があった。しかしこの問題をきっかけに部落差別が深く続いていることが確認できた。これからさらなる運動の始まりだ」というものです。


そういう類のすり替え論は解放同盟の十八番なのですが、いよいよそういうのに嫌気がさして解放同盟も大阪市職員もやめちゃったという人みたいです。向井さんというらしい。


「元・部落解放同盟員」「元・大阪市職員」と書いています。この関係についてはちょっと説明がいりますね。


解放運動の起こり、部落がまだとんでもなく貧しくてあからさまな差別を受けていた時代、住居・仕事教育の機会の行政による保障を得ることが具体な目的でした。その結果としてというか、衣食住が安息される結果として部落差別の解消があるという考え方です。それを行政闘争といいます。


ですから行政は団地を建てたり教育費を助成したり市職員に積極雇用したりしてきました。おそらく向井さんも部落解放運動と共に育ち大阪市職員になった人だと思います。私が育った頃は新しい団地に入居することと公務員になるパスポートを得る手段としての解放運動が確かにありました。たぶん今も。


私がおっと感じたのは「元大阪市職員」です。


もし定年退職だったらどうでもいいのですが、辞職だったらお見事です。人というのは金欲から解脱できるのは稀ですから。解放運動をやめるのはほんとたやすいことなのですが、解放運動の傘の基でなった大阪市職員を飛鳥会事件をきっかけに自らの発言を確かなものにすると欲してすべてリセットした、もしそうなら惜しみない拍手を送ります。


彼のこれからの発言を待ちましょう。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/somali/20070917