Hatena::ブログ(Diary)

眠りながら歩きたい2 −完全脱力編−

2018-08-24

「マーティン/呪われた吸血少年」がブルーレイ化

2018年12月21日発売予定。ハピネットから。ホラー・マニアックスのシリーズではなかったですね。ロメロ追悼企画となっていますけれども、ホラー・マニアックスは秘かに終了したのか、それとも時期ラインアップは決まっていて、そこに入らないから追悼企画という形で出すのか。気になるところではあります。



オリジナル予告編。
D
ビデオバブル真っ盛りの頃、確かCICビクターから「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」と「ザ・クレイジーズ」と一緒に立て続けに発売されましたねえ。当然見ますよね。ホラー映画としてみると物足りないかもしれないですが、実は一種の青春残酷物語ですよね。そういうつもりでみると、なんともやるせない作品で、味わい深い逸品でしたね…。

2018-08-15

「出版禁止 死刑囚の歌」が発売

シリーズ第2弾。といっても、前作からの繋がりはなさそう。あるとしたら驚くけれど。




前作のネタバレ感想はこちら

2018-08-07

「クリープショー」がブルーレイ化

2018年9月10日発売予定。復刻シネマライブラリーから(意外!)。



「2」は先にブルーレイ化されてましたけど、やっと本命(といっては失礼か、色んな所に対して)が登場ですね。権利関係の処理が面倒だったのでしょうかね。全部で5話(だったと思うんですが)からなるオムニバス映画で、個人的にはやはり「父の日」が好きですね。何と言いましてもゾンビものですから。ロメロのゾンビですからね。などと浮かれてますけれども、もう今の若い人には何の刺激もないと思いますね。日本での公開当時でも、怖いという感じはほとんどありませんでしたからねえ。まあゴキブリの話はちょっと衝撃的かもしれないですけれども。今のところ、日本語吹替は収録される予定にはなっていませんが、あと2か月弱でなんとかなるものでしょうか?お正月の深夜に放送されたときのVHSテープ、まだあるんですけどね。でも聞いたことのないメーカーのテープなので今も再生できるかどうかは不明ですが。

2018-08-05

「トレマーズ」 感想

久々に再見。面白かったです。いきがる若者と、それなりに経験のある中年オヤジのコンビがいいですね。ふたりがどういう理由で一緒にいるのか不明ですが、そこに地震学の研究者である大学院生の女性が絡んでも、三角関係にならないということがまたいい。オヤジは、そんな二人をやさしく見守るという構図。ちなみにオヤジを演じたフレッド・ウォードは続編では単独主演。ロマンスもあって、ビデオスルー作品ですけど、なかなかいい続編でした。

面白さのポイントとしては、昼の日中の場面が多いことでしょうね。夜の場面が無いわけではないですけれど、アクションとかサスペンスとか笑いとかは、炎天下で繰り広げられるということ。グラボイズの姿も当然はっきり見えて、出し惜しみというものがないので、ストレスがたまりません。脱出と撃退のためにあれこれとアイディアを繰り出すのも面白く、なんだかんだで結局自分で走らないことにはどうにもならないという場面もスリルがあって、こういったモンスターパニック系の作品で、そんな愉しみ方が出来る作品は意外とないですよね。たいてい、モンスターが出てきて暴れるのを愉しむだけ、という作品が多いですから。

2018-08-03

「シェラ・デ・コブレの幽霊」がブルーレイ化

海外盤ですけれどもね




国内盤も出るかな。

カナザワ映画祭で野外上映されたのは、もう8年前。上映開始は午後8時だったかな。ところが、全然始まりませんでね。やっとスクリーンに映し出されたら、映像が反転…というか天地が逆だったかな。妙な具合にフィルムが収められていて、まともに見られず、少々お待ちを…。しばらくして、また少々お待ちを…の繰り返し。当時地元テレビ局が取材に来ていて、技師の方が「どうなってんだこれは」みたいな感じで非常に焦っておられる姿がテレビでも放送されましたが(後にYoutubeで見たんですが)、とにかくなかなか上映が始まらないというトラブルで、大変疲れたことを覚えていますよ。芝生に直に座ってるんですからねえ。でも、良い思い出ですよ。トラブルはあっても、ちゃんと見られたし、凄く楽しかったです。

で、肝心の作品ですけど、古い映画(というかテレビドラマのパイロット版)ということもありますし、巷間言われるような、恐怖で吐くほどの内容ではないです。ただ、非常に丁寧に作られた作品であり、ホラーサスペンスとして至極真っ当な内容であり出来栄えと思いますね。刺激は少ないですけれど、ムード醸成など素晴らしく、もう一度観たいなと素直に思います。監督のジョセフ・ステファノは「サイコ」の脚本を書いた人ですけれども、それを知ると、雰囲気似てるな、とも。

映画祭に行った時のこと、ちゃんと書いてました。忘れてた。