サムガイズの日記┌|゜-゜|┘〜Every Picture Tells A Story〜

2015/08/21 (Fri) 大学院生による下腹部切断は社会的抹殺狙う「理性的復讐劇」

大学院生による下腹部切断は社会的抹殺狙う「理性的復讐劇」

20:12

NEWS ポストセブン 8月21日(金)7時6分配信


ボクサー大学院生が、弁護士・A氏のペニスを切断した傷害事件捜査関係者によると、加害者の妻はA氏の弁護士事務所事務員として働いており、その妻とA氏は肉体関係があったという。この点について、トラブルとなり、話し合いの場で、大学院生が激昂し、A氏をボコボコに殴ったうえで、ペニスを切断したとのことだ。

 なんとも恐ろしい犯行に及んだこの大学院生の心理について、男女の差異に詳しいノンフィクションライター杉浦由美子さんが語る。

男性社会的な生き物なので、今回の事件は、感情にまかせた衝動的なものではなく計算していた部分があるのではないでしょうか。局部の切断なら、殺人罪ではなく傷害罪で済む。それでいて、狭い法曹世界では、“局部を切断された弁護士”という強烈なイメージが一気に広まる。相手へのダメージもはかりしれないうえ、社会的抹殺できるわけです。理性的復讐なのだと思います」

 加害者法科大学院学生であり、量刑計算した上での計画的犯行だった可能性は捨てきれない。

 一方で、男性には女性のように嫉妬に狂うことがないのかといえば、もちろんそんなことはない。ベクトルは違うが、むしろ女性以上にその傾向は強い。

 例えば、夫に浮気が発覚した場合、半数以上の妻がその事実に耐えて結婚生活を続けるのに対し、妻の浮気が発覚すると、夫の90%は離婚を選ぶという統計がある。犯罪心理学に詳しい新潟青陵大学教授臨床心理学)の碓井真史氏が語る。

女性に比べて、男性は“肉体的な汚れ”への怒りが圧倒的に強いんです。動物学的な話になりますが、雄は雌に自分の子供を産んでもらわないと困るので、その雌に他の雄の遺伝子が入ってしまった、もしくは入ろうとしていた、という事実に直面すると、許容することができない。これが、男性特有の“汚れ”(けがれ)という心理の原点です。“おれだけのもの”という執着が男性にはあるんです」

 今回事件の引き金となった男女のトラブルの詳細は不明だが、男性底なし狂気は、この“汚れ”に直面した際に露見する。

男性の多くは、肉体への直接的な攻撃に向かいます。陰口や仲間はずれといった精神的な嫌がらせに走る女性との大きな違いです。もちろん、突発的に暴れる女性もいますが、男性場合、収まらぬ怒りを抱えながら、同時に理性が働いています。

 これが怖いところで、今回の性器切断も、どうすれば相手の心身、そして社会的に最大限のダメージを与えられるかを考えた上での行為だということです。過去激情に駆られて男性器を切断した女性たちと、やっている行為自体は同じでも、その本質はまるで違うものなのです」(前出・碓井教授

女性セブン2015年9月3日