Hatena::ブログ(Diary)

極楽せきゅあ日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-07-15

[][]ロシアW杯

W杯の至福の時間もいよいよ最後か。今回は本当にNHKの神アプリが興趣を増してくれたよね。すべての試合のいろんなアングルからの視点で見せてくれる。実況が英語というのもいかしてるし。

これいつまで流しておいてくれるんだろうなぁ。

エラー|NHKオンライン

2006-07-10

[][]イタリア対フランス

奇妙な立ち上がりから同点になって、ちょっとエンジンがかかってきた感じかなあ。でも基本的には潰し合いかな。

ジダンのストーリーをイタリアが打ち砕くか、ジダンがストーリーをハッピーエンドで完結させるのか。後半楽しみだなあ。

あ"ーまた延長だよぉ(苦笑)。気持ちは分かるけど、ほんと決勝トーナメントは延長多いよなー。

・・・ある意味決勝戦らしい決勝戦だったかなあ。お互いにリスクヘッジマインドで、攻めに対して最後に踏ん張るという。しかし、フランスが攻勢だったときに何を言われたのかわからないけど、不可解なジダンの暴挙。ああいうの目撃するのはフランスW杯に次いで二度目(目の前で見たよ踏んづけたの)だけど、ほんっとジダンはキレるんだよな(苦笑)。あるいはこれで心残りが出て、引退撤回したりして(笑)。

しかし、イタリア。おめでとー。予想が当たりましたよ(某所での予想だけどw)。

[][]楽しいワールドカップ

お祭りが終わって寂しいなあ。

f:id:sonodam:20060618193502j:image

またサッカーやろうぜ。

2006-07-09

[][]ドイツ対ポルトガル

三位決定戦っていつもフェアで良い戦いが多いので、ほのぼのとサッカーの楽しさを満喫できるんだよなー。

前回大会も三位決定戦現地で見たんだけど、終わった後トルコと韓国の選手が仲良くたたえあっているのをみてほのぼのしてたっけ。これが決勝になるともっと勝者と敗者というコントラストが出てくるんだけどね。

ドイツもなんだかんだ言われながらも、前回準優勝、今回三位かぁ。これってけっこうすごいことだよね。しかしあのシュヴァインシュタイガーの二本はすごかった。一本目は回転しないボールで、リカルドの左手は経験値から言って適切な伸び方をしているのに、ブレて逆方向に少し切れ込んでったもんなあ>軌道。やっぱ今度のボールはミドルが入るよね。すごいブレるし。

二本目はそれに比べるとオーソドックスな軌道だったけど、サイドネットのギリギリに突き刺さってるし。

いいなあ。こんなシュート打てる若手が居て。

2006-07-07

[][]特別なトライアングル

f:id:sonodam:20060708025454j:image

ああ、やっぱり特別なトライアングルだったのか。そうだろうなあ。そんな感じしたもんなあ。

ってか中田英寿はやんちゃで優秀な三男坊が似合ってたよね。できるから、といってそのときの名波や山口の役割を負わせるのではなく、前からガンガン行くポジションが合ってたなあ。

でもあの中盤は、パスを回す楽しさ、通る楽しさにほんの少し淫してしまった気がしたなあ。あと少し、得点するという心理になっていたら、98年は少なくとももう少し勝ち点が取れたかも。

それにしても、灼熱のクロアチア戦@ナントでの中田→中山のあのパスの軌跡が忘れられないですよ。

2006-07-06

[][]ポルトガル対フランス

フランス決勝進出すか。しかし守り合いに終始した、わりと淡々と推移した試合だったなあ。いや、守り合いというか、攻めきれない、という感じか。ほんとうに決定的なチャンスってのがほとんど無かったしなあ。ポゼッションはポルトガルが6:4くらいでリードしてたと思うけど、それだけポゼッションがあっても点に結びつけられないのが今のポルトガルっていうかなー。サイドの圧力をしのがれてしまうと決定機になりにくいというか。なんか日本みたいだな(笑)。

といってフランスも、すごく慎重な戦い方だったので、決定機にならなさ加減で言えば同じくらいか。ブラジル戦などを見ているともっと引き出しがあると思うけど、もしこのままのパワーだったらイタリアを打ち破るのは難しいだろうなあ。でも、これで最後、ここで勝てば優勝、という試合ではまたテンションが違ってくると思うけどね。