情報中毒者、あるいは活字中毒者、もしくは物語中毒者の弁明 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


漫画、あるいは小説、もしくはエッセイなどの
印象、あるいは連想、もしくは感想を書いてるBlog。

08-08-02 22:55

[][]1969年の週刊少年マガジンはこんな感じ その2 流行歌手のグラビア(和田アキ子19歳、他)と、星一徹のモーレツ人生相談 1969年の週刊少年マガジンはこんな感じ その2 流行歌手のグラビア(和田アキ子19歳、他)と、星一徹のモーレツ人生相談を含むブックマーク 1969年の週刊少年マガジンはこんな感じ その2 流行歌手のグラビア(和田アキ子19歳、他)と、星一徹のモーレツ人生相談のブックマークコメント



 ということで前回(1969年の週刊少年マガジンはこんな感じ その1 基本データと次号予告)の続き。



 マガジンといえばグラビアアイドル、グラビアアイドルといえばマガジン、ではありますがそれはもっと後の話。

 この頃だと普通(?)に流行歌手の写真と歌詞なんかが載っていたようです。今は歌手が載ることはあんまり無いですが。

 また、名物記事「星一徹のモーレツ人生相談」も概略と記事を。



 縮小画像は別ウィンドウで拡大表示(フォト蔵を使用)。画像をクリックするか「拡大画像へのリンク」でさらに大きい画像が開きます。

 フォト蔵は時々不安定なので、画像が表示されない場合は時間を置いてみるか、右クリックから画像を再度読み込むかしてみてください。




歌の広場(流行歌手のグラビア)


 各歌手の年齢は当時のもの。

 あとは収録されてるCDと、youtubeにあった場合はその曲動画へのリンク、なかったらその歌手の年代の近い曲を貼っています。

 これ青春歌年鑑 1969 BEST30に大体入ってますが、一応。


 歌詞部分はJASRACが怖いんで読めなくしてみました。






星一徹のモーレツ人生相談


 毎週二人づつの質問者に星一徹(というペルソナをかぶった梶原一騎)が答えるコーナーで、イラストを川崎のぼるが描いてます。


 週刊少年マガジン1969年 org 125週刊少年マガジン1969年 org 124拡大画像へのリンク 左 拡大画像へのリンク 右


 質問と解答の要約を書いてみますと


 1問目


質問:休日に父親がダラダラしてます。宿題を聞いても教えてくれません。


解答:マイホームパパでないのが不満か。そういうほうがうさんくさい。お父さんは会社という戦場で戦ってるんだ、戦士の休息として認めてやれ。

   父親にはべたつかず、だまっていても、なにかがかよいあう男どうしであれ!



 質問者は小学校六年の男子。バッサリ質問者全否定です。いいんでしょうか。



 2問目


質問:不良グループに入ってしまいました。受験前なのにずるずると付き合ってしまっていますが、どうすれば脱退できますか?


解答:あまったれるな!自分で抜け出せ!じゃ人生相談にならんか。でもな、その引かれる気持ちも分かる。

   だが、そこにひっかかっていては男じゃない。強引に自分を受験勉強に向けて戦い勝て。そうすればスケールのでっかい男になれる。


 なんだかんだと言いつつ、自分の息子を引き合いに出しながらちゃんと答えてあげてるのは優しいのかなんなのか。


 といった調子で毎週全国の少年少女の悩みに答えていたんですな。

 これだけ立ったキャラクターだからこそ出来たというべきか、星一徹が梶原一騎本人に近い3人のペルソナのうち一人*4だから出来たのか。



 といったところで今回はここまで。

 次は記事か広告。



※当ブログの関連記事





あっちゃん(♂)あっちゃん(♂) 2016/08/09 16:07 星一徹の中の人加藤精三さんは、アニメ「巨人の星」の収録の合間に、飛雄馬役の古谷徹(当時まだ中学生)の宿題を見てやったそうです。




Google