情報中毒者、あるいは活字中毒者、もしくは物語中毒者の弁明 このページをアンテナに追加 RSSフィード


漫画、あるいは小説、もしくはエッセイなどの
印象、あるいは連想、もしくは感想を書いてるBlog。

09-01-20 23:05

[]コミックチャージが休刊になったので、創刊から休刊までの印象を語ってみる(他の隔週青年誌についても少々) コミックチャージが休刊になったので、創刊から休刊までの印象を語ってみる(他の隔週青年誌についても少々)を含むブックマーク コミックチャージが休刊になったので、創刊から休刊までの印象を語ってみる(他の隔週青年誌についても少々)のブックマークコメント


 本日発売号で角川書店のコミックチャージが休刊となりました。2年弱、合計44号ですか。

 一時期は漫画アクション、コミックチャージ、コミックヨシモトと3誌が並立していた第1,3火曜発売の雑誌が、また1つだけになってしまいました。


 これで隔週の漫画雑誌は、中綴じ青年誌が15誌、平綴じ少女・女性誌が6誌*1ということになります。*2



隔週青年誌について


 自分が読んでるのは青年誌なんでそこについて話をしますが、どの雑誌も基本的に看板というかメインの長期連載ストーリー作品があって、それを軸に他の作品がある*3という感じですか。

 大雑把にまとめると↓のような感じ。


 長く連載されている*4ものに(長)とつけておきました。目安は15巻超えくらい。続編で合計が超えてるのも含みます。

 「主力作品」としてるのは、表紙になることが多かったり、単行本XX部!と喧伝されたり、連載が長かったり、ドラマ化されたりアニメ化されたり、そういう感じのをsoorceの偏見で選んでます。


各雑誌概要

  • ヤングキング (2,4月)
  • ヤングチャンピオン (2,4火)
    • 主力作品:すんドめ、仁義S(長)凍牌
    • その他:大看板だった恋愛ジャンキーは10年に渡る連載がつい先日終了。暴力とエロスの2面立てだが、エロは増刊烈の方に行ってるかも。表紙は基本的にグラビアアイドル。
  • イブニング (2,4火)
    • 主力作品:島耕作(長)もやしもん喰いタン餓狼伝(長)
    • その他:月1や不定期連載が多いので、どれが主力とは言い難い面も(少女ファイトとかADAMASなんかはその為だけに買う・読むって人も多そうだし)。表紙のシマコー率は異常。
  • 漫画アクション (1,3火)
    • 主力作品:鈴木先生、忍者パパ、罪と罰BARレモン・ハート(長)・・・あたり?
    • その他:どうもしっかりした脇役連載が多いイメージ。雑誌全体で見ると凄く面白いんだけど、それ1作、ってのはそんな無いかも・・・。表紙はグラビアのことが多い。
  • ビジネスジャンプ (1,3水)
    • 主力作品:甘い生活(長)、傷だらけの仁清、怨み屋本舗(長)ソムリエール、くノ一魔宝伝
    • その他:中〜長期連載多め。増刊のBJ魂と結構連動。表紙は漫画。上記作品ローテ。
  • 別冊漫画ゴラク (2,4水)
    • 主力作品:天牌外伝(長)、ザ・シェフ(長)、極秘潜入捜査官 D.D.T.、寿司魂、恋愛-いたずら-
    • その他:リニューアルの影響もあり、仕切りなおしも多い。これは読者数多くないんじゃないかなー。ヤングミナミの帝王は載ったりのらなかったり。表紙は漫画。
  • スーパージャンプ (2,4水)
    • 主力作品:暁!! 男塾(長)、JIN-仁-、ZERO(長)、DESIRE 2nd、王様の仕立て屋(長)
    • その他:連載はかなりの粒ぞろい。最近は創刊20周年企画で色々再掲載してたり。表紙は漫画。長期連載多め。
  • プレイコミック (2,4木)
    • 主力作品:パパはもっと大モノ、ヘイ!タクシー、極道の食卓、Theかぼちゃワイン Another、優駿の門ピエタ
    • その他:読んでる人がいたら手を挙げてください、と言いたくなるくらい地味な雑誌。作品によっては全く単行本が出ない。極道の食卓の映画化が最近の大ニュースか。表紙は漫画。
  • みこすり半劇場 (2,4木)
    • 主力作品:みこすり半劇場、主任がゆく!
    • その他:隔週では唯一の4コマメイン。H系というか艶笑系というか。これも誰が読んでるんだか・・・。表紙は漫画(というか4コマが1本載ってる)。
  • ヤングガンガン (1,3金)
    • 主力作品:ロトの紋章天体戦士サンレッド黒神セキレイ咲 -Saki-
    • その他:当初はFFDQのコミカライズを全面に押していたが、アニメ化・メディアミックス・グラビアとかなり積極的に変化させてる印象。自社広告(ゲーム広告)を取りっぱぐれないというのはすごい強み。主力がどれって判断しづらいので最近のアニメ化作品中心です。隔号、不定期連載が多い。休載も多い。創刊時からの連載作品も多いのでどれが(長)というのは無し。表紙はグラビア。
  • ヤングアニマル (2,4金)
  • ビッグコミックスペリオール (2,4金)
    • 主力作品:医龍(長)覇-LORD-(長)ラーメン発見伝(長)、味いちもんめ(長)、AZUMI(長)MOONLIGHT MILE(長)
    • その他:ビッグ3誌の中では最も対象年齢が若いと思われる。これも長期連載多い。あずみは最近仕切りなおした。表紙は漫画。
  • 近代麻雀 (1,15日)
    • 主力作品:アカギ(長)哭きの竜外伝、むこうぶち(長)打姫オバカミーコ
    • その他:麻雀。最近はDVD付録・別冊付録などをつけているが、そのおかげで定価が上がり気味。広告が凄く多い。表紙は漫画。主力作品ローテ。
  • ビッグコミックオリジナル (5,20日)
    • 主力作品:あぶさん(長)三丁目の夕日(長)浮浪雲(長)釣りバカ日誌(長)
    • その他:隔週青年誌では最も部数が多い。ギャグ含め超長期連載が多いのが特徴で、隔月の増刊で新作→本誌にゲスト→連載に、というパターンも多い。村松誠による動物絵が表紙。
  • ビッグコミック (10,25日)


印象や概観


 創刊時期が一番古いのはビッグコミック・プレイコミックで1968年。ただし、週刊漫画アクションの創刊が1967年で、一旦休刊・復活後隔週化してるので歴史の長さはほぼ同じくらい。

 一番新しいのはヤングガンガンの2004年*6、ヤングアニマルは1992年ですが月刊アニマルハウスの隔週化なんで、みこすり半劇場の1990年がその次かな。

 もちろん、この間に色々な雑誌が創刊されては休刊していったり、月刊→隔週→月刊と変遷したりしてるわけですが、生き残ってるのはこれだけということです。


 実際の読者年齢層は創刊時期に比例してるか、と言われるとあまり関係ないかも。他と一緒にビッグコミックオリジナルを読んでる、とか組み合わせがありそう。

 ただ、プレイコミックや別冊漫画ゴラクのようなオヤジ雑誌系列はまた独特っぽい。



チャージ創刊から休刊まで


 こうしてみると、チャージが狙っていた読者層はスペリオールが一番近かったのかな?

 スペリオール・イブニング・ヤングガンガンの中間オタク抜きみたいな感じか。


 その割にテコ入れ策がなんかちぐはぐだったのは否めません。

 自分の感想記録から時系列順にピックアップすると、


  • 創刊。角川映画のDVDが付録。でもこれ以降映画関連は最終期近くまでなし。
    • 読切。エヴァ休んでまで・・・。1周年の時に2話目をやってました。アルカイックスマイル@たかはまこ×貞本義行
  • これはよかった。家族八景@筒井康隆@清原なつの
  • 2号目で、壬生義士伝@浅田次郎×ながやす巧の連載予告。実際に掲載されたのは半年後の2007年11月。
  • 航空機、CAネタが多かったか。ぶっちぎりCA@大和田秀樹、レディイーグル@鳴海章×千葉きよかず、Carrier-グランドスタッフ・ストーリー-@清水洋三(協力:洲崎耕輔)。
  • 何故かエヴァンゲリオン関連でテコ入れ。ポストカード、マウスパッド、CD-ROM、コスプレグラビア。
  • 吾妻ひでおが参入。ロリアル探検隊、でメイド喫茶レポート漫画。でも全部で3回くらいしか載ってない。
      • その後、新現実でやってたのを引き継いで自伝作品。地を這う魚。
  • ゲスト読切。アンラッキー・ヤングメン@大塚英志×藤原カムイ
  • 連載は原作付が多かった。んだけどなあ。
  • 矢沢永吉漫画開始。
    • ステッカーとかポスターとか。誰向けだったんだろう。
  • 岩明均の単行本未収録作品を掲載したり。目を見て話せ@岩明均。
  • 藤沢とおるの新連載、っても2話くらいしか掲載されずにぶっちぎり。あんハピっ!@藤沢とおる。
  • 山田貴敏が新連載予告漫画→開始されず。PreCompleX@山田貴敏。
  • タイアップ作品を投入する一方、オリジナル作品は打ち切ったり。方針がわからない。
  • TVタイアップ。ジュテーム-わたしはけもの-@鎌田敏夫×陽香。
  • この辺で1周年。
  • 大物原作付作品。グラスホッパー@井坂幸太郎×井田ヒロト
  • ゆうきまさみの初期作品集にあわせて再掲と宣伝漫画。
  • パチスロのコミカライズ。ハードボイルド-グリフォンの幻影-@Sammy×海瀬壮祐
  • グラビア増やしてみたり、誌上通販をやるために振込用紙が入ってたり。
  • 原作付きドラマタイアップ。女子大生会計士の事件簿@山田真哉×左菱虚秋。
  • グラビア増加、最終回になる作品増える。
  • 休刊。

 方向性が全く見えないまま、かつメインとなる長期ストーリーが出ないまま終わってしまったかなと。

 本来ならば大塚英志原作の漫画が毎号掲載でそれを看板に、というあたりだったのかも知れませんが、サイコも黒鷺死体宅配便もゆったり目の掲載ペース*7でそうはなりませんでした。


 経済学習漫画的なのや原作付作品を多く投入していたのですが、それもなんだか中途半端に終わったような。

 大きくオタク方向にもヤンキー方向にもホワイトカラーにもブルーカラーにも振れないままというか。


 以前書いた図で言えば、AにもCにも行けず、上にも下にもいけない。

 f:id:soorce:20081211230349j:image

 でも王道作品、中心に位置する作品は掲載されないままだったのでドーナッツ化した雑誌のまま瓦解した、というところ。




 でも、短期連載・ギャグ・コメディー陣は良かったと思います。

 単行本でいえば

 家族八景家族八景 上巻 家族八景 下巻 、壬生義士伝壬生義士伝 (2) (KADOKAWA CHARGE COMICS 20-2)、サラリーマン田中K一がゆく!サラリーマン田中K一がゆく!、へっポコ!へっポコ! (KADOKAWA CHARGE COMICS 9-1)が出たのと、(予定ではあるけど)地を這う魚、マンガ家田中K一がゆく!が出るのは高評価。


 何にせよ、新雑誌移管作品を含めきちんと決着を付けて欲しいところです。



付記

 自分の感想記録の中から原作者、漫画家、監修等の名前を拾ってみました。感想を書いていない作品もあると思うのですが、単行本未収録データなどを探す際のご参考まで。


 Sammy、かわのこうへい、かわのゆうすけ、きたがわ翔こしのりょうしりあがり寿、たかはまこ、ちくやまきよし、ちょうすけ、ながやす巧、はしもとみつおほりのぶゆき、ゆうきまさみ、サタミシュウ、パトリック・ユー、阿部潤、旭凜太郎、伊藤ひろかつ、伊藤一天、伊藤洋一、井坂幸太郎、井田ヒロト、夏緑、花小路ゆみ、海瀬壮祐、梶研吾、鎌田敏夫、岩明均、逆夜れらく、宮本延春金平守人呉エイジ、吾妻ひでお、幸田真音、江島一二三、紅林直、高橋功一郎佐野タカシ、左菱虚秋、坂本あきら、山崎峰水、山田タロウ、山田貴敏、山田真哉、寺島優若林健次、樹生ナト、洲崎耕輔、渋谷直角、小堀洋、松本ひなつ、森田信吾森美夏、森由民、清原なつの、清水洋三、西岡恭子、石川たくみ、石川勝也、千葉きよかず、浅田次郎、倉田真由美大崎裕史、大塚英志、大和田秀樹、中山昌亮、中尾礼、貞本義行、田中圭一田島昭宇、筒井康隆、藤原カムイ、藤沢とおる、福島孝徳、本そういち本庄敬、鳴海章、木村ひかげ、矢上裕、矢沢永吉、陽香。



参考記事




#編集部Blog(http://www.comiccharge.jp/blog/chargeblog/)の更新が昨年7月で止まってるのがなんともはや。

*1:YOU、BE・LOVE、KISS、Sho-Comi、マーガレット、花とゆめ

*2:アクションピザッツは以前隔週で、今はDXと2週間差で売ってますが別口ということで

*3みこすり半劇場は・・・読んでないからよくわかりませんが

*4:巻数が多い

*5:少年ジェッツ

*6:12月創刊なので実質は2005年

*7:という言い方をするとキレイだが、要は休載ばっかりだったってことです




Google