情報中毒者、あるいは活字中毒者、もしくは物語中毒者の弁明 このページをアンテナに追加 RSSフィード


漫画、あるいは小説、もしくはエッセイなどの
印象、あるいは連想、もしくは感想を書いてるBlog。

13-02-23 22:50

[][][]「聲の形」が凄かったので、週刊少年マガジンの実録系読切についてまとめてみた 「聲の形」が凄かったので、週刊少年マガジンの実録系読切についてまとめてみたを含むブックマーク 「聲の形」が凄かったので、週刊少年マガジンの実録系読切についてまとめてみたのブックマークコメント


 今週号の週刊少年マガジンに掲載された「聲の形」が話題になっております。確かに凄かった。



 そして、表紙アオリの「マガジンでしか読めない」ってのは、そうだなあ、と感じたのです。

 f:id:soorce:20130223222825j:image


 マガジンでは過去にも時々、社会派系とでもいうべき作品が掲載されてきたので、感想などでもそれに絡めて書いてたり思い出した人も多かったようです。

 ただし、今回の「聲の形」は、「フィクション」であることで、それらとは根本的に異なっています。

 ここん所は結構大事なので憶えて置いていただきたい。


 しかし、この作品を掲載することの出来る懐の深さというのは、今までにそういった作品を載せてきた実績があるからだ、とも言えるでしょう。

 そういう点で、「マガジンでしか読めない」のだとも。


 ということで、これまでに週刊少年マガジンで掲載されてきたそういう作品についてのまとめです。



「実録系」という枠組み


 さて、どんな作品があったっけ、と考えて過去作品を見てみると、過去の社会派作品、ドキュメントなどはもう少し大きく「実録系」に含まれると考えられます。

 ちょっと分かり難いかもしれませんが、分類的には以下の4つに分けられそうです。


  • ドキュメント
  • 偉人伝・クリエイター
  • スポーツ
  • 芸能人

 具体的に、掲載年度、作品名、作家名、テーマでまとめると以下の様になりました。



ドキュメント


 社会的テーマなどを扱っているのがこの区分。

 かなり幅広いです。

 読物時代にはあったのかもしれないけど、漫画作品としては1969年の「ある惑星の悲劇」が嚆矢という事になるのでしょう。

 1970〜80年代には殆ど存在せず、90年代に入ってから毎年複数本ペース。


年度タイトル作画テーマ
1969ある惑星の悲劇旭丘光志原爆
19702匹は訴える!旭丘光志南極探検
1978北極大横断 植村直己「北極圏1万2千キロ」より峰岸とおる北極探検
1986植村直己物語 蒼き氷河の果てに…島崎譲登山
1987こちら原野動物病院しもとちだな正之動物愛護
1991チェルノブイリの少年たち三枝義浩原発
1992尾瀬に死す 平野長靖「尾瀬に死す」より三枝義浩自然保護
1992太陽のうた 藤岡博昭「やったらできた」より三枝義浩知的障害
1992危険な雨三枝義浩自然破壊
1993AIDS少年はなぜ死んだか三枝義浩AIDS
1993きみの思いを声にして!三枝義浩聴覚障害
1994太陽の仲間たちよ 身体障害者とある医師の挑戦三枝義浩身体障害
1994ひろがれ緑の大地 砂漠緑化に生涯をかけた父子三枝義浩砂漠化
1994聖なる戦い レスラー神父と145人のいたずらっ子たち河合英則孤児保護
1994歩けアイメイト 日本初の盲導犬チャンピイ三枝義浩盲導犬
1995AIDS2 告げられなかった真実三枝義浩AIDS
1995タンチョウよ永遠にはばたけ!河合英則自然保護
1995ヒロシマの証言者 原子爆弾が落ちた日三枝義浩原爆
1995出口のない海 回天特別攻撃隊の悲劇三枝義浩特攻
1996われ無医村に生きる河合英則無医村
1996チェルボナ・カリーナ チェルノブイリに響く回復の歌声三枝義浩原発
1996心の架け橋 ある母子の挑戦河合英則盲聾
1996AIDS3 薬害エイズと闘う川田龍平・20歳三枝義浩AIDS
1997祖国への進軍 ある日系米兵の沖縄戦三枝義浩戦争
1997奇跡の血清 ハブ毒と戦った医師河合英則医学
1997戦火の約束 戦争記録画に秘められた〈絵描き兵〉の執念 滝口岩夫「戦争体験の真実」より三枝義浩戦争
1997収容所(ラーゲリ)から来た遺書三枝義浩戦争
1998災害救助犬ヤール出動!!河合英則災害救助
2003アフガニスタンで起こったこと-不屈の医師中村哲物語-三枝義浩戦争・医学
2003汚れた弾丸-劣化ウラン弾に苦しむイラクの人々-三枝義浩戦争・原子力
2004いのちの医師(ひと)-レシピエント(臓器受容者)編-所十三医学
2005ネルソンさん、あなたは人を殺しましたか?三枝義浩戦争
2005出場!!ハイパーレスキュー隊佐藤せいじレスキュー
2005東京大空襲-リンゴの唄三枝義浩戦争
200515の夜-名もなき少年たちの叫び-棚橋なもしろネグレクト
200615の夜-DIFFUSE・散乱遠野ノオト麻薬
200715の夜-いじめられているきみへ-市川正孝いじめ
2007もういちど宙へ豊永綾乃×岩貞るみこイルカ医療
200715の夜-再誕・REBIRTH木田昌司いじめ
200815の夜-cocoon・繭籠-潮田一男引きこもり
200815の夜-AIDS編-葦原倭AIDS


 「ある惑星の悲劇」より。

 f:id:soorce:20130223223046j:image

 f:id:soorce:20130223223045j:image


 三枝義浩、河合英則なんかは絵に覚えがある人も多いのではないでしょうか。


 三枝義浩「チェルノブイリの少年たち」チェルノブイリの少年たちより

 f:id:soorce:20130223223115j:image



 河合英則「われ無医村に生きる」われ無医村に生きる (KCデラックス―ドキュメントコミック (737))より

 f:id:soorce:20130223223125j:image

 

 語り継がれる戦争の記憶(3) (講談社漫画文庫) 歩けアイメイト―盲導犬 (KCデラックス―ドキュメントコミック (555))



偉人伝・クリエイター


 個人やチームに焦点をあてたドキュメント。

 一連のゲームクリエイター話は、ヨイショ入りつつも面白かった。


年度タイトル作画テーマ
1969劇画トヨタ喜一郎影丸譲也トヨタ
1969LET'SGOケネディ旭丘光志ケネディ大統領
1996バーチャファイターを創った男たち平沢たかゆきゲーム
1997ダービースタリオンを創った男平沢たかゆきゲーム
1998バイオハザードを創った男達平沢たかゆきゲーム
1998GT(グランツーリスモ)を創った男たち平沢たかゆきゲーム
1999スーパーマリオBros.を創った男達平沢たかゆきゲーム
2000PS(プレイステーション)を創った男達平沢たかゆきゲーム
2000AIBOを創った男達平沢たかゆきロボット
2001ゴジラを創った男達本多猪四郎物語安宅一也映画
2002プリウス-21世紀への翼-日和一悟。自動車
2002究極のガンダムを創れ!-ガンプラ開発物語-屋代川隆史ガンプラ
2006仮面ライダーをつくった男たち村枝賢一特撮


 ゲーム系は「ゲームクリエイター列伝」ゲームクリエイター列伝 1 (少年マガジンコミックス) ゲームクリエイター列伝 2 (少年マガジンコミックス)として単行本になってますね。


 f:id:soorce:20130223223254j:image f:id:soorce:20130223223253j:image


 「仮面ライダーをつくった男たち」仮面ライダーをつくった男たち 1971・2011 (KCデラックス)もか。

 


スポーツ


 これも偉人伝に分類されるのかもしれないけど、数が多いので独立。

 オリンピックイヤーに色々ってのと、それとは別に話題になってる人をってのが混じってますね。


年度タイトル作画テーマ
1977庄内の大亀 酒田東高校井上コオ高校野球
1977高知の巨鯨 中村高校鳴島生高校野球
1977関東の若獅子 土浦日大高校井上コオ高校野球
1977夏春連覇 桜美林高校鳴島生高校野球
1977阿蘇の若駒 熊本工業高校井上コオ高校野球
1977サッカーわが人生 エドソン・ペレ著「サッカーわが人生」より峰岸とおるサッカー
1978大リーグスーパー・スター物語 八木一郎「誇り高き大リーガー」より峰岸とおる野球
1988塀の中の天才ランナー山田貴俊陸上
1988魔球を投げた男 杉下茂伝説松田尚正野球
1989メキシコの得点王 釜本邦茂物語松田尚正サッカー
1989伝説・幻の右 ガッツ石松物語松田尚正ボクシング
1989奇跡の金メダリスト!塚原光男物語松田尚正体操
1989平忠彦物語友へのチェッカーフラッグ!松田尚正レーサー
1989豪速球江川卓の伝説!!松田尚正野球
1989燃える男長嶋茂雄の伝説松田尚正野球
1990究極のライダー片山敬済!松田尚正ライダー
1990江夏豊剛球伝説 管理野球をぶっとばせ!松田尚正野球
1990奥寺康彦物語 世界へシュート!松田尚正サッカー
1990新格闘王 前田日明物語沢田博文格闘技
1991新奪三振王 野茂英雄物語松田尚正野球
1992辰吉丈一郎物語沢田博文ボクシング
1992古賀稔彦物語沢田博文柔道
1993ラモス瑠偉物語井上正治サッカー
1993Jリーグヒーロー列伝 リネカー物語村川未来サッカー
1994Jリーグヒーロー列伝 アルシンド物語森浦勲サッカー
1994Jリーグヒーロー列伝 シジマール物語沢田ひろふみサッカー
1994Jリーグヒーロー列伝 永島昭浩物語香田圭介サッカー
1994Jリーグヒーロー列伝 松永成立物語塀内夏子サッカー
1994Jリーグヒーロー列伝 柱谷哲二物語森浦勲サッカー
1994Jリーグヒーロー列伝 高木琢也物語村川未来サッカー
1994Jリーグヒーロー列伝 小倉隆史物語井之口陽一サッカー
1994Jリーグヒーロー列伝 球聖ビスマルク物語森浦勲サッカー
1994Jリーグヒーロー列伝 ラモス瑠偉物語PART.2沢田ひろふみサッカー
1994辰吉丈一郎物語 不死鳥伝説山下てつおボクシング
1995Jリーグヒーロー列伝 カレカ物語山下てつおサッカー
1995マッシー村上物語*1真船一雄野球
1995南井克巳物語宮田伸騎手
1996浪速のロッキー 赤井英和物語神尾こういちボクシング
1996田原成貴物語宮田伸騎手
1996中村三兄弟物語神尾こういち柔道
1996横山典弘物語神谷一郎騎手
1997川口能活物語村川未来サッカー
1998小錦物語山下てつお相撲
1998畑山隆則物語高橋祐左ボクシング
1999奇跡の隻腕片腕ラガー・村上令物語山下てつおラグビー
1999大洋ホエールズ優勝物語 プロ野球史上最大の奇跡 富永俊治「三原脩の昭和三十五年」より真船一雄野球
1999高橋由伸物語村川未来野球
1999松井秀喜物語田村高信野球
1999フランシスコ・フィリォ物語 一撃神話の怪物神尾こういち格闘技
1991桜庭和志物語やざま優作格闘技
2002高原直泰物語所十三サッカー
2002洪明甫物語むつ利之サッカー
2002小野伸二物語大島司サッカー
2004丸山茂樹物語本島幸久ゴルフ
2004北島康介物語山下てつお水泳
2004最終ラインのサムライ闘莉王(トゥーリオ)!!和泉誠サッカー
2004アテネで輝け全日本女子バレー西山優里子バレーボール
2004浜口京子物語山田恵庸レスリング
2005浦和レッズ物語山下てつおサッカー
2005エース!-箱根駅伝・-タスキにかけた師弟の情熱-浅井信吾陸上
2006宮本恒靖物語谷嶋功サッカー
2008宮本恒靖-FIRE&ICE-安田剛士サッカー
2009Get Sports 坂本勇人物語関口太郎野球
2009Get Sports 遠藤保仁物語関口太郎サッカー
2009Get Sports 上野由岐子物語関口太郎ソフトボール
2009Get Sports 安藤美姫物語関口太郎フィギュアスケート
2010Get Sports 城島健司物語関口太郎野球
2010Get Sports 中村俊輔物語伊賀大晃×月山可也サッカー



 ほとんど単行本にはなって無いですね。

 Get Sportsのがなってるくらいか。

 GET SPORTS 知られざる挫折と栄光 (少年マガジンコミックス)


 ※また、真船一雄の2作品がこちらに纏まってるとの事。*2

 ベースボール 伝説の男達  講談社コミックスデラックス



 


芸能


 意外と数が少なかった。

 少女漫画での実例の方が多いのかもしれません。

 「AKB49」や「ももくろZ」は、これらとは違うよな。


年度タイトル作画テーマ
1986南野陽子物語円谷優アイドル
1986中山美穂物語大越円花アイドル
1986西村知美物語大越円花アイドル
1987斉藤由貴物語大越円花アイドル
1998スター恋愛伝説シャ乱Qつんく瀬尾公治つんく
1998ミュージシャン実録ストーリーGLAY岡崎瑞生ヴィジュアル系
1998ミュージシャン実録ストーリーLUNASEA藤崎聖人ヴィジュアル系
2002つんく♂物語-モーニング娘。デビュー編-杉山真弓つんく
2002尾崎豊物語長緒隆也歌手
2002つんく♂物語-LOVEマシーン大ブレイク編-杉山真弓つんく
2003つんく♂物語-完結編-杉山真弓つんく
2012EXILE物語上野春生エグザイル



 「中山美穂物語」より。

 f:id:soorce:20130223223350j:image f:id:soorce:20130223223349j:image

 

 「南野陽子物語」より。

 f:id:soorce:20130223223414j:image


 単行本にはなってない、というか黒歴史っぽい。


 現在は、まあ色々だし。南野陽子 Beauty Book なぜなら やさしいまちが あったから (集英社文庫) 西村知美 ゴールデンベスト 情熱―斉藤由貴写真集


まとめ


 通常の漫画作品だけでなくこういったのを載せるのが「雑誌」としての面目躍如なのではないでしょうか。

 そして、やはりこういった作品を載せてきた雑誌だからこそ、「聲の形」を載せる事が出来たのではないか、とも思えます。


 他の少年誌では、スポーツ実録などは過去例がまだありますが、ドキュメント系でここまでの数は無いんじゃあないかな。

 単行本がすげー売れるか、っていうとそんなことは無さそうだけど、これからも色々載せていって欲しいものです。


 といった所で今回はここまで。


データ参考ページ


当ブログの関連記事





[]今日の夕食 今日の夕食を含むブックマーク 今日の夕食のブックマークコメント

 f:id:soorce:20130223222752j:image f:id:soorce:20130223222750j:image


 トマト鍋


*1:2013/02/24 06:40追記。@さんのご指摘より

*2:2013/02/24 06:40追記。@さんのご指摘より

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/soorce/20130223



Google