情報中毒者、あるいは活字中毒者、もしくは物語中毒者の弁明 このページをアンテナに追加 RSSフィード


漫画、あるいは小説、もしくはエッセイなどの
印象、あるいは連想、もしくは感想を書いてるBlog。

17-12-13 22:55

[][][]コミックマーケット93で、新刊『女性向け漫画雑誌 創刊・休刊リスト 1969〜2017』を出します コミックマーケット93で、新刊『女性向け漫画雑誌 創刊・休刊リスト 1969〜2017』を出します - 情報中毒者、あるいは活字中毒者、もしくは物語中毒者の弁明  を含むブックマーク コミックマーケット93で、新刊『女性向け漫画雑誌 創刊・休刊リスト 1969〜2017』を出します - 情報中毒者、あるいは活字中毒者、もしくは物語中毒者の弁明  のブックマークコメント




 表紙

 f:id:soorce:20171213225050j:image


 今回の新刊は、女性向け漫画雑誌の創刊・休刊をまとめ、グラフ化したり、どんなのだったのかをまとめています。

 1969年の虫プロ「ファニー」から、2016年のマイウェイ出版「本当にあったかなりひどい話」まで、223誌の創刊・休刊時期をリスト化したものです。


 年ごとに創刊・休刊一覧と、その年に発行されていた銘柄数もグラフ化。

 多い年には1年で15誌も創刊されていたり、銘柄数で言えば80誌以上発行されていた時期もあったりというのがわかります。


 ただ、今回の調査ではあくまで雑誌コードを得て「創刊」されたものだけ。

 非常に多岐にわたると考えられる、増刊や特集号などは数に入っていません。


配置


  • 日程:2017年12月31日(日)、コミックマーケット93、三日目。
  • サークル名:id:soorce
  • 配置:「ト-59b」(東6ホール)




今回の新刊


  • タイトル:『女性向け漫画雑誌 創刊・休刊リスト 1969〜2017』
  • 予価:300円
  • 32ページ


 内容サンプル

 

 創休刊・総数一覧表の一部

 f:id:soorce:20171213225236p:image

 

 

 創刊数グラフの一部

 f:id:soorce:20171213225304j:image

 

 ある年の創刊雑誌

 f:id:soorce:20171213225413p:image


 ある年の休刊雑誌

 f:id:soorce:20171213225436p:image

 

 

 各誌はこんな感じに

 f:id:soorce:20171213225458p:image

 

調査対象


  • 1969年以降に創刊された、女性向け漫画雑誌(レディスコミック、四コマなど)

 「出版月報」および「雑誌・新聞総かたろぐ」のデータを基にしています。増刊や特集号などは数に入っていません。

 また、女性向けの漫画誌と言っても耽美系・BL誌は対象外としています。(それに関してはより詳細な、広範囲にわたる調査がなされていると考えられるので)


 今回も、無駄話id:toldo13さんに表紙デザインをお願いしております。

 混沌な状況にあった絵柄にしてくれました。


 今回の本は*1書店委託の予定はありません。


既刊


  • 『戦後女性漫画の歴史 黎明編1945〜1979』
  • 週刊女性誌+α 掲載漫画作品リスト 昭和編』

 は多めに。


  • 立原あゆみ雑誌掲載作品データ1970〜1979」
  • 「立原あゆみ雑誌掲載作品データ1980〜1984
  • 「立原あゆみ雑誌掲載作品データ1985〜1989」
  • 「立原あゆみ雑誌掲載作品データ1990〜1994」
  • 「本気!雑誌掲載データ補完読本1986〜2010」


 も若干数持って行きます。



 追加情報がありましたら、またこのブログ上で告知させていただきます。

 どうかよろしくお願いいたします。




*1:いつか出ることになる予定の「戦後女性漫画の歴史 激動編」あたりでアップデートされる筈なので

17-12-09 22:55

[][][]2017年度のモーニングの表紙をまとめて振り返る 2017年度のモーニングの表紙をまとめて振り返る - 情報中毒者、あるいは活字中毒者、もしくは物語中毒者の弁明  を含むブックマーク 2017年度のモーニングの表紙をまとめて振り返る - 情報中毒者、あるいは活字中毒者、もしくは物語中毒者の弁明  のブックマークコメント



 昨年までのまとめはこちら


 現在発売中のは既に、2018年1号。

 

 今年は53号までの49冊。

 モーニングは、漫画作品を表紙にしてますが、デザインバラエティーが多くて楽しいですね。


 今年のを並べてみるとこうなります。(左上から右下へ)

 f:id:soorce:20171209225643j:image



 35周年企画関連のがいくつか。

 あと、最終回が近くなったから表紙に、みたいなのが見られるのは過去になかったですね。(鳥葬のバベル、バンデッド)

 ジャイキリコウノドリは2号連続表紙ってのもあり、これも今までになかった試み。


号数表紙作品
1バトルスタディーズ
2+3宇宙兄弟
4+5グラゼニ
6CITY
7鬼灯の冷徹
8クッキングパパ+ウーパ新白河原人
9きのう何食べた
10島耕作
11惑わない星
12GIANT KILLING
13GIANT KILLING
14バトルスタディーズ
15コウノドリ
16鬼灯の冷徹
17CITY
18グラゼニ
19インベスターZ
20ジパング深層海流
21鳥葬のバベル
22+23宇宙兄弟
24GIANT KILLING
25バトルスタディーズ
26What'sマイケル
27島耕作
28コウノドリ
29クッキングパパ
30へうげもの
31レベレーション
32まどからマドカちゃん
33グラゼニ
34鬼灯の冷徹
35宇宙兄弟
36+37GIANT KILLING
38島耕作
39バトルスタディーズ
40まんなかのりっくん
41グラゼニ
42バンデット
43きのう何食べた?
44CITY
45鬼灯の冷徹
46コウノドリ
47コウノドリ
48グラゼニ
49島耕作
50バトルスタディーズ
51鬼灯の冷徹
52クッキングパパ
53GIANT KILLING




 表紙になった回数は、以下のとおり。(同回数内は順不同)

  • 2017年
    • 5回:グラゼニ,バトルスタディーズ,鬼灯の冷徹,GIANT KILLING
    • 4回:コウノドリ,島耕作
    • 3回:CITY,宇宙兄弟
    • 2.5回:クッキングパパ
    • 2回:きのう何食べた?
    • 1回:What'sマイケル,インベスターZ,ジパング深層海流,バンデット,へうげもの,まどからマドカちゃん,まんなかのりっくん,レベレーション,鳥葬のバベル,惑わない星
    • 0.5回:ウーパ新白河原人



 ただし、鬼灯の冷徹は隔号掲載なので、掲載数に対する表紙率で言えばかなり高い数値になります。

 アニメ化合わせってのがあると強いな。

 ちなみに昨年までは




  • 2013年
    • 7回:GIANT KILLING
    • 6回:ジパング
    • 5回:バガボンド
    • 4回:グラゼニ、宇宙兄弟、島耕作
    • 3回:ギャングース、コウノドリ
    • 2回:BILLY BAT、インベスターZ、きのう何食べた、鬼灯の冷徹、クッキングパパ
    • 1回:カバチ!、メロポンだし!

  • 2014年
    • 7回:GIANT KILLING
    • 6回:グラゼニ
    • 5回:コウノドリ
    • 4回:なし
    • 3回:カバチ、ギャングース、島耕作、ビリーバット、鬼灯の冷徹
    • 2回:宇宙兄弟、クッキングパパ
    • 1回:いちえふ、インベスターZ、怪盗ルヴァン、きのう、何食べた?、コンプレックス・エイジ、ジパング深層海流、チェーザレ、バガボンド、へうげもの、ランド、黒博物館 ゴースト アンド レディ

  • 2015年
    • 6回:GIANT KILLING、グラゼニ
    • 5回:コウノドリ、鬼灯の冷徹
    • 4回:クッキングパパ、バトルスタディーズ
    • 3回:なし
    • 2回:BILLY BAT、インベスターZ、バガボンド、島耕作
    • 1回:いちえふ、きのうなに食べた、ギャングース、ジパング深層海流、ピアノの森、マリアージュ、まんが白河原人ウーパ!、ランド、レべレーション-啓示-、黒博物館ゴーストアンドレディ

  • 2016年
    • 6回:バトルスタディーズ
    • 5回:グラゼニ
    • 4回:GIANT KILLING、鬼灯の冷徹、
    • 3回:クッキングパパ、コウノドリ、疾風の勇人
    • 2回:BILLY BAT、宇宙兄弟、ランド、きのうなに食べた、島耕作
    • 1回:CITY、Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀、アイアンバディ、その「おこだわり」、俺にもくれよ、とりぱん、へうげもの、マリアージュ、マンガ家夜食研究所、終電ちゃん、惑わない星



 ということで、最多回数作品をフラットにしてきたのには何か意図があるのだろうなあ、と思ったり。

 新し目のショート作品を持ってくるのもあったりと、色々動かそうとしてるのが見て取れますね。


 それにしても、バガボンドの再開は何時になるんですかねえ……。



 といった所で今回はここまで。


当ブログの関連記事





17-12-03 21:00

[][]2017年度のチャンピオンも、まだまだ続く弱ペダ押し。 2017年度のチャンピオンも、まだまだ続く弱ペダ押し。 - 情報中毒者、あるいは活字中毒者、もしくは物語中毒者の弁明  を含むブックマーク 2017年度のチャンピオンも、まだまだ続く弱ペダ押し。 - 情報中毒者、あるいは活字中毒者、もしくは物語中毒者の弁明  のブックマークコメント


 昨年、一昨年、二昨年の状況はこちら



 アニメも実写も大人気の渡辺航弱虫ペダル」、2017年度もやっぱり表紙回数多かった。


 バキとのコラボハーフ&ハーフ回と、さらには実写版主人公役のグラビアもあって、総計9.5回。

 次点の刃牙道は4.5回だから、倍以上ですね。


 表紙になった号をまとめると、こんなでした。

 f:id:soorce:20171203205943j:image


 さらに、別冊少年チャンピオンでも2回表紙やってます。

 f:id:soorce:20171203210000j:image


 合計で11.5回の表紙って事ですね。

 それでも十分多いのだが、やっぱり2015年が飛びぬけすぎてたんだな。


総回数
201412
201514
201612
201711.5




 でまあ、今年の漫画雑誌での表紙登場回数としてはトップクラスなんですが、他誌を見ると、もう少し多いのもあります。

 週刊少年サンデー+サンデーS増刊のコナンですね。2017年だけで16回かな?スピンオフを別作家が書いてたりするからなあ。


 オヤジ漫画雑誌も結構特定作品に集中する傾向があるかも。

 今年のここまでで数えると、ゴラクは、白竜が11回、武士のフトコロが7回、ミナミの帝王・ギフト±が5回。

 週漫は、ごほうびごはん8回、それでも僕らはヤってない6回、解体屋ゲン・本日のバーガー・デリバリーが5回。


 閑話休題


一覧表


 付録や応募者全員サービスも含め一覧表にするとこうなります。


1
2
3+4
5+6表紙&巻頭カラー大増25P、QUOカード応募者全員サービス
7ピンナップポスター 、ミニ色紙応募者全員サービス、QUOカードセットプレゼント
8ミニ色紙応募者全員サービス
9
10
11
12表紙&巻頭カラーバク増29P、CD/DVDホルダー応募者全員サービス、特製着せ替えカバー
13CD/DVDホルダー応募者全員サービス
14
15
16
17
18センターカラー 大増23P
19
20表紙、巻頭カラー大増27P、超豪華本棚BOX応募者全員サービス、特製スケジュールシールVer.?
21超豪華本棚BOX応募者全員サービス
22+23表紙&巻頭カラー大増23P
24
25
26
27表紙&巻頭カラー大増24P、広島呉南・思い受け継ぐ継承シール、渡辺航インタビュー
28
29
30
31
32
33表紙&巻頭カラー大増27P
34
35
36+37表紙&巻頭カラー巨弾29P!!、サイン入りタオルプレゼント
38『弱虫ペダルSeason2』ポスター、応募者全サービスQUOカード
39
40
41センターカラー、応募者全員サービスクリアカレンダー
42応募者全員サービスクリアカレンダー
43
44
45
46巻頭カラー爆増26P
47TVアニメ第4期キービジュアル初公開
48
49
50表紙、巻頭カラー大増25P、明早大新開隼人&福富寿一ポスター
51
52描きおろしSPクリスマスカード



 週刊漫画誌の連載作品の中で、増ページ回数一番多いのでは。

 そもそもの通常ページ数の意味とは…。


 単行本も50巻を超え、2年目のインターハイもいよいよ大詰め。

 しかし、当然3年までやるだろうし、あと何年かかるんだろうなあ。


 2018年1月からはまたアニメも始まります。



 といった所で今回はここまで。


 弱虫ペダル(53): 少年チャンピオン・コミックス 弱虫ペダル スペシャルイベント~LE TOUR DE YOWAPEDA 2017~ [DVD] 「The DAY」(『BSスカパー! オリジナル連続ドラマ「弱虫ペダル」』EDテーマ)/「Winning Tracker」 ドラマ『弱虫ペダル』 Blu-ray BOX(6枚組)


当ブログの関連記事







17-11-29 23:30

[][][]Cygames多すぎぃ!2017年、週刊少年漫画雑誌の裏表紙広告の83%はサイゲームスで、ほぼ独占状態でした。 Cygames多すぎぃ!2017年、週刊少年漫画雑誌の裏表紙広告の83%はサイゲームスで、ほぼ独占状態でした。 - 情報中毒者、あるいは活字中毒者、もしくは物語中毒者の弁明  を含むブックマーク Cygames多すぎぃ!2017年、週刊少年漫画雑誌の裏表紙広告の83%はサイゲームスで、ほぼ独占状態でした。 - 情報中毒者、あるいは活字中毒者、もしくは物語中毒者の弁明  のブックマークコメント



 2017年度の週刊少年漫画誌の裏表紙広告は、Cygamesだけで全体の82.8%を占めていました。

 なんと、全192冊のうち、159冊がcygamesのスマホゲームの広告だったのです。



 「グランブルーファンタジー」87回、「シャドウバース」68回、「プリンセスコネクト!Re:Dive」4回。

 週刊少年四誌の裏表紙広告を、たった一社で80%以上出稿してたんですね。


 しかも、サンデーとチャンピオンは、1号から52号まで、1年通して全ての裏表紙広告がそうでした。

 (ジャンプ:37/48冊、マガジン:26/48冊、サンデー:48/48冊、チャンピオン:48/48冊)

 マガジンだけは昨年実績よりも減ってるんですが、それでも半分以上。

 流石にこれはもう、なんだろうなあ。




 昨年が異次元とすると、今年はもう突き抜けて一巡後の世界ですわ。

 2015年は31回、2016年は117回、そして今年は159回。


 昨年、一昨年の記事はこちら。



 わかりやすく図にすると、こう。曜日の関係で同じ号が同じ週じゃないのに注意。

 J:ジャンプ、M:マガジン、S:サンデー、C:チャンピオンで、色付けるとこうなります。

 f:id:soorce:20171129232705p:image


 グラブルもシャドバも色々コラボしたり、キャンペーンやったり。通常広告はこんなですが

 f:id:soorce:20171129232759j:image f:id:soorce:20171129232755j:image f:id:soorce:20171129232749j:image

 

 

 FATEに見えるけどシャドバ

 f:id:soorce:20171129232837j:image

 

 刀剣乱舞に見えるけどグラブル

 f:id:soorce:20171129232857j:image




 カードキャプターさくらに見えるけどグラブル

 f:id:soorce:20171129232927j:image



 などなど。


 

 各号の広告は以下の通り。ジャンプ・マガジンとサンデー・チャンピオンは1号発売週がずれてます。

 各種コラボは、コラボ先のゲームにしてあります。


ジャンプマガジンサンデーチャンピオン
1シャドウバースシャドウバースグランブルーファンタジーグランブルーファンタジー
2グランブルーファンタジーグランブルーファンタジーシャドウバースシャドウバース
3合併号休合併号休グランブルーファンタジーグランブルーファンタジー
4シャドウバースグランブルーファンタジー合併号休合併号休
5合併号休合併号休シャドウバースシャドウバース
6Albelt(自転車)Albelt(自転車)合併号休合併号休
7グランブルーファンタジーグランブルーファンタジーシャドウバースシャドウバース
8グランブルーファンタジーグランブルーファンタジーグランブルーファンタジーグランブルーファンタジー
9Albelt(自転車)Albelt(自転車)グランブルーファンタジーグランブルーファンタジー
10シャドウバースロッテガーナチョコレートグランブルーファンタジーグランブルーファンタジー
11グランブルーファンタジーFINAL FANTASY BRAVE EXVIUS(スマホゲーム)シャドウバースシャドウバース
12サントリーこち亀コラボキャンペーン宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち(映画)グランブルーファンタジーグランブルーファンタジー
13Albelt(自転車)レアジョブ英会話(島耕作コラボ)シャドウバースシャドウバース
14MAG TAC LED(懐中電灯)Albelt(自転車)グランブルーファンタジーグランブルーファンタジー
15グランブルーファンタジーモンスターハンターダブルクロス(ゲーム)グランブルーファンタジーグランブルーファンタジー
16キシリトールオーラテクトガム(食品)鈴木GSX250R(バイク)グランブルーファンタジーグランブルーファンタジー
17ブリヂストン TB1(自転車)ブリヂストン TB1(自転車)シャドウバースシャドウバース
18シャドウバース進撃の巨塔(イベント)シャドウバースシャドウバース
19シャドウバースシャドウバースシャドウバースシャドウバース
20MAG TAC LED(懐中電灯)モンスターストライクTHE MOVIE(ブルーレイ&DVD)シャドウバースシャドウバース
21シャドウバースシャドウバース+iTunes Cardグランブルーファンタジーグランブルーファンタジー
22合併号休合併号休シャドウバースグランブルーファンタジー
23シャドウバース上野優華 友達ごっこ(CD)合併号休合併号休
24グランブルーファンタジーグランブルーファンタジーシャドウバースシャドウバース
25グランブルーファンタジートモダチゲーム(ブルーレイ&DVD)グランブルーファンタジーグランブルーファンタジー
26グランブルーファンタジーグランブルーファンタジーシャドウバースシャドウバース
27シャドウバース「仮音源-Demo-」仮BAND(CD)グランブルーファンタジーグランブルーファンタジー
28グランブルーファンタジーグランブルーファンタジーシャドウバースシャドウバース
29シャドウバース宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第二章(映画)グランブルーファンタジーグランブルーファンタジー
30シャドウバースシャドウバースシャドウバースシャドウバース
31MAG TAC LED(懐中電灯)実況パワフルサッカー×シュート!コラボ(スマホゲーム)シャドウバースシャドウバース
32グランブルーファンタジーグランブルーファンタジーシャドウバースシャドウバース
33シャドウバース水樹奈々「Destiny's Prelude」「TESTAMENT」(CD)グランブルーファンタジーグランブルーファンタジー
34グランブルーファンタジーオロナミンC(飲料)シャドウバースシャドウバース
35シャドウバースシャドウバースグランブルーファンタジーグランブルーファンタジー
36グランブルーファンタジーロード オブ ヴァーミリオンIV(アーケードゲーム)シャドウバースシャドウバース
37合併号休合併号休グランブルーファンタジー合併号休
38シャドウバースシャドウバース合併号休グランブルーファンタジー
39グランブルーファンタジーグランブルーファンタジーシャドウバースシャドウバース
40グランブルーファンタジー実況パワフルプロ野球 ダイヤのAコラボ(スマホゲーム)グランブルーファンタジーグランブルーファンタジー
41少年ジャンプオレコレクション!(スマホゲーム)グランブルーファンタジーグランブルーファンタジーグランブルーファンタジー
42グランブルーファンタジー七つの大罪聖戦の系譜×モンスターストライクコラボ(スマホゲーム)グランブルーファンタジーグランブルーファンタジー
43シャドウバースシャドウバースグランブルーファンタジーグランブルーファンタジー
44シャドウバースシャドウバースシャドウバースシャドウバース
45グランブルーファンタジーグランブルーファンタジーシャドウバースシャドウバース
46シャドウバースシャドウバースグランブルーファンタジーグランブルーファンタジー
47グランブルーファンタジーグランブルーファンタジーシャドウバースシャドウバース
48グランブルーファンタジーグランブルーファンタジーグランブルーファンタジーグランブルーファンタジー
49プリンセスコネクト!Re:Dive(スマホゲーム)プリンセスコネクト!Re:Dive(スマホゲーム)グランブルーファンタジーグランブルーファンタジー
50グランブルーファンタジーグランブルーファンタジープリンセスコネクト!Re:Dive(スマホゲーム)プリンセスコネクト!Re:Dive(スマホゲーム)
51オトメ勇者(スマホゲーム)グランブルーファンタジーグランブルーファンタジーグランブルーファンタジー
52グランブルーファンタジーグランブルーファンタジーグランブルーファンタジーグランブルーファンタジー


 サイゲームス以外で2回以上掲載されてるのは以下の3種のみ。あとは1回。


  • 6回
    • Albelt(自転車):6回
  • 3回
    • MAG TAC LED(懐中電灯)
  • 2回
    • ブリヂストン TB1(自転車)

 偏りすぎにも程がある。


 ちなみに、表4広告の料金は、ジャンプで300万円、マガジンで230万円、サンデーで130万円、チャンピオンで125万円。(いずれも基本定価)(参考:http://www.zasshi-ad.com/media/comic/boy/)

 (300*37)+(230*26)+(130*48)+(125*48)=29,320。二億九千三百二十万円。におくきゅうせんさんびゃくにじゅうまんえん。


 ただ、どの雑誌も昨年に比べると料金下がってるんですよね。(2016年は、ジャンプで350万円、マガジンで260万円、サンデーで150万円、チャンピオンで145万円。)

 なので、冊数増えた割にはお値段そんな高くなってないのか。


 これ以上増やすのは可能なのかなあ。

 ジャンプやマガジンは、自雑誌作品タイアップキャンペーンとかそういうので取られちゃうのがあるから流石にこれ以上は無い…のか?

 といった所で今回はここまで。





当ブログの関連記事










17-11-27 22:50

[][][]2017年度、週刊漫画誌の表紙に男性タレントの起用が多かった、という話 2017年度、週刊漫画誌の表紙に男性タレントの起用が多かった、という話 - 情報中毒者、あるいは活字中毒者、もしくは物語中毒者の弁明  を含むブックマーク 2017年度、週刊漫画誌の表紙に男性タレントの起用が多かった、という話 - 情報中毒者、あるいは活字中毒者、もしくは物語中毒者の弁明  のブックマークコメント


 漫画雑誌の顔、表紙と言えば、漫画作品以外にもグラビアアイドルやタレントさんが起用されることが多いのですが、たいていの場合は女性。

 水着だったりね。


 ところが、2017年度はちょっと異変が起きていました。

 少年誌では、ジャンプ・マガジン・サンデー・チャンピオン全誌で、男性タレントが表紙になった号があったのです。

 自分が調査してる限り、1年内に全誌でってのは初めてじゃあないかな。


 号数順に見ると

 f:id:soorce:20171127225018p:image



 ジャンプの実写映画化のはちょっと強引かもですが。


 それに加えて、青年誌でも。

 f:id:soorce:20171127225048j:image


  • ビッグコミックスピリッツ2017年44号
    • 桐山漣&菅田将暉(仮面ライダーWのコミカライズに合わせた企画)
  • モーニング2017年48号

 週刊少年マガジン・サンデーの創刊号表紙が、朝汐・長嶋だったり、スポーツ選手とか含めたら過去にはもっと多い場合もあったはずなんですが、現代では珍しいのです。

 それにしても、1年で7回も男性タレント表紙の号があるのって、何年ぶりなんだろう。


 来年以降も増えるのか、それとも特異な現象だったのか、気を付けておきたいところですね(何に?)。


当ブログの関連記事





17-10-21 22:55

[][]週刊少年漫画誌は、ここ数年「高く」「薄く」なりつつある。しかし、漫画作品の量は増えている。 週刊少年漫画誌は、ここ数年「高く」「薄く」なりつつある。しかし、漫画作品の量は増えている。 - 情報中毒者、あるいは活字中毒者、もしくは物語中毒者の弁明  を含むブックマーク 週刊少年漫画誌は、ここ数年「高く」「薄く」なりつつある。しかし、漫画作品の量は増えている。 - 情報中毒者、あるいは活字中毒者、もしくは物語中毒者の弁明  のブックマークコメント



 どうもここ最近、週刊少年サンデーが薄いと思いませんか。

 今週(2017年46号)の場合、404Pしかない。

 一時期は最大500P超えとかあったので、100P近く薄くなってるんですね。


 で、ちょっと気になって以前調べた情報に加えて今年までのも加えてみると、やっぱり「高く」「薄く」なりつつあるんですよ。

 それは、ジャンプ・マガジン・サンデー・チャンピオンの週刊少年四誌すべてに共通だったんです。


 グラフ化してみると一目瞭然。

 各年、通常号*11冊のサンプリングなのでおおざっぱではありますが、ちゃんと傾向は見えます。


 生データをcsv形式で最後に用意してあるので、自分で検証してみたい方はそちらをご使用ください。


 しかし、しかしですね、それは「紙」での話なんです。

 各誌とも、電子増刊、HPやアプリでの漫画連載をやっているので、同レーベルとしての漫画作品の量はどんどん増えているんです。



 また、kindleなどの電子版の場合、リプレイ連載などと称して旧作の同時収録を行っていたりもします。(電子版単行本の宣伝も兼ねて)

 結局、読める漫画の量は増えてる…のか?

 雑誌買ってる人がパトロンとして機能してるという事か?

 でも、雑誌単体だと赤字で単行本で利益出してるって話だし。

 どういうことなんでしょうねえ。




ページ単価の変化


 一番はっきりと数字に出るのは「ページ単価」です。

 雑誌の定価を、全ページで割ったもので、1ページあたりの価格を算出します。

 オイルショック以降、週刊少年漫画雑誌では、0.5円/ページくらいで、大きく動いていなかったのですが、21世紀に入ってから徐々に上昇、現在では0.6円を超えようとしています。

 感覚的に言えば、1.2倍の値上げに相当するという事です。


 創刊からのページ単価

 f:id:soorce:20171021225047p:image


 21世紀拡大

 f:id:soorce:20171021225117p:image



 ちなみに、このデータは毎年20号近辺のものです。

 2017年の最新号*2では、ジャンプ:466ページ・260円、マガジン:468ページ・270円、サンデー:404ページ・270円、チャンピオン:434ページ・280ですね。

 ページ単価にすると、ジャンプ:0.558円/ページ、マガジン:0.577円/ページ、サンデー:0.668円/ページ、チャンピオン:0.645円/ページということで、チャンピオンよりサンデーのが*3高価い、という事になってます。



定価の変化


 やはり、直接財布から出ていくのは定価の変化がわかりやすい。

 じわじわと上がっていってます。が、まだまだ安い。300円にも達していないままなんですよねえ。

 ジャンプは、常に他誌より安くしてるんですよね。量産効果。


 創刊からの定価

 f:id:soorce:20171021225146p:image


 21世紀拡大

 f:id:soorce:20171021225248p:image




ページ数の変化



 ページ数は、号によって結構差が大きいのですが、合併号などでドーンと増やす場合は「特別定価」で10円値上げしたりするので、ページ単価はそんな変わらなかったりします。

 なので、通常定価の通常号を見るのがいい。

 少しづつ減ってると、存外気づきにくいものです。



 創刊からのページ数

 f:id:soorce:20171021225321p:image


 21世紀拡大

 f:id:soorce:20171021225347p:image



 また、別の指標として作品数ってのもあるんですが、これはショート作品を載せてるか、読切がたまたまその号にあったか、はじめの一歩が減ページで代原が載ったか、などで変動するので、グラフ化してもあんま参考になりません。


まとめっぽいもの


 雑誌ってのは、ある意味玉石混交で、読む作品読まない作品色々載っててくれるからいいのですが、リスクを減らしていくとこうなっちゃうのかなあ。

 紙に印刷するコストをかける作品は絞る、ネットは増やす。

 で、ネットでウケて単行本がヒットしたら移籍とかもあり。


 電車の中で漫画雑誌を読んでる人の数はめっきり減って、スマホ三昧の世情です。

 単行本は売れるが漫画雑誌が売れていないという状況で、紙に印刷して流通させて販売する、という高コストがどこまで保てるのかどうか。

 さらには漫画の単行本はどんどん電子化が進み、漫画の読み方自体が変化していってます。

 もともと嗜好品なので、他の物に負けたらそれまで、ではあるのですが。

 それでも、買い続けるし読み続けるよ、自分は。



 といったところで今回はここまで。


当ブログの関連記事







データ編


  • ジャンプ
年,定価,総ページ数,作品数
1969,90,288,12
1970,80,276,14
1971,80,280,13
1972,90,284,14
1973,100,316,15
1974,130,252,12
1975,130,268,11
1976,150,318,14
1977,150,320,13
1978,150,320,14
1979,150,336,14
1980,150,336,14
1981,170,348,15
1982,170,352,15
1983,170,356,15
1984,170,358,16
1985,170,356,16
1986,170,354,16
1987,170,378,17
1988,170,382,18
1989,180,436,20
1990,180,414,20
1991,190,418,19
1992,190,424,19
1993,190,420,19
1994,190,416,20
1995,190,428,19
1996,200,424,18
1997,200,452,19
1998,210,432,18
1999,220,458,19
2000,220,450,19
2001,220,448,20
2002,220,456,21
2003,220,450,20
2004,230,456,19
2005,230,458,20
2006,230,484,20
2007,230,490,22
2008,230,460,21
2009,250,516,21
2010,240,470,23
2011,230,450,21
2012,250,512,22
2013,240,482,21
2014,255,496,20
2015,250,478,21
2016,260,514,21
2017,260,462,20

  • マガジン
年,定価,総ページ数,作品数
1959,30,112,4
1960,30,108,6
1961,40,138,6
1962,40,152,5
1963,40,184,6
1964,50,218,8
1965,50,232,9
1966,50,224,9
1967,60,240,11
1968,60,240,9
1969,60,234,7
1970,70,264,9
1971,80,282,11
1972,90,288,11
1973,100,298,11
1974,130,238,11
1975,130,252,10
1976,150,300,15
1977,170,332,14
1978,170,332,14
1979,170,348,15
1980,170,348,15
1981,180,348,14
1982,180,348,14
1983,180,348,15
1984,180,348,16
1985,180,348,15
1986,180,344,15
1987,180,380,17
1988,180,396,19
1989,190,412,21
1990,190,412,21
1991,200,432,20
1992,200,412,19
1993,200,430,20
1994,200,412,21
1995,210,428,19
1996,210,432,21
1997,210,424,23
1998,220,464,21
1999,230,480,24
2000,230,480,22
2001,230,492,22
2002,230,472,21
2003,230,468,23
2004,230,544,24
2005,240,464,22
2006,240,466,24
2007,250,476,24
2008,250,472,25
2009,260,514,26
2010,260,480,26
2011,260,464,26
2012,260,498,27
2013,260,482,25
2014,260,474,25
2015,260,448,23
2016,270,482,25
2017,270,468,22

  • サンデー
年,定価,総ページ数,作品数
1959,30,106,4
1960,40,126,8
1961,40,136,6
1962,40,152,5
1963,50,218,7
1964,50,218,8
1965,50,226,8
1966,50,230,9
1967,60,242,10
1968,60,240,13
1969,60,242,8
1970,70,264,11
1971,80,278,11
1972,90,286,12
1973,100,304,13
1974,130,238,10
1975,130,254,11
1976,150,302,13
1977,150,300,12
1978,150,300,13
1979,150,316,15
1980,170,348,15
1981,170,332,15
1982,170,332,17
1983,170,332,16
1984,180,340,16
1985,180,340,15
1986,180,340,15
1987,180,356,16
1988,180,396,20
1989,190,428,22
1990,190,412,21
1991,200,412,22
1992,200,412,22
1993,200,412,20
1994,200,404,22
1995,200,420,21
1996,200,430,23
1997,210,450,23
1998,220,450,24
1999,220,450,24
2000,220,448,23
2001,220,452,23
2002,220,452,23
2003,230,452,22
2004,230,462,22
2005,240,452,24
2006,240,452,24
2007,250,480,24
2008,250,532,26
2009,260,478,25
2010,260,470,24
2011,270,504,25
2012,270,490,24
2013,270,488,25
2014,270,490,24
2015,270,476,28
2016,270,458,23
2017,270,444,22

  • チャンピオン
年,定価,総ページ数,作品数
1969,90,270,9
1970,90,304,10
1971,90,296,10
1972,90,278,12
1973,100,302,14
1974,130,238,12
1975,130,252,12
1976,150,300,12
1977,150,300,14
1978,150,300,14
1979,150,316,15
1980,150,348,16
1981,170,332,16
1982,170,332,15
1983,170,332,15
1984,180,348,16
1985,180,348,17
1986,180,348,16
1987,180,364,19
1988,180,380,19
1989,190,412,19
1990,190,412,19
1991,200,412,20
1992,200,412,18
1993,200,412,18
1994,200,412,20
1995,200,412,21
1996,200,412,20
1997,210,428,20
1998,220,432,22
1999,220,444,24
2000,220,444,23
2001,220,444,23
2002,220,444,21
2003,230,448,23
2004,240,468,22
2005,240,456,22
2006,250,450,24
2007,250,482,26
2008,250,448,24
2009,260,448,24
2010,260,450,23
2011,270,458,25
2012,270,466,23
2013,270,452,21
2014,270,454,22
2015,270,436,22
2016,270,436,21
2017,280,432,24



*1:合併号ではない

*2:ジャンプ・マガジン:2017年46号、サンデー・チャンピオン:2017年47号

*3:定価は安いのに

17-07-18 22:50

[][][]コミックマーケット92で、新刊『週刊女性誌+α 掲載漫画作品リスト 昭和編』を出します コミックマーケット92で、新刊『週刊女性誌+α 掲載漫画作品リスト 昭和編』を出します - 情報中毒者、あるいは活字中毒者、もしくは物語中毒者の弁明  を含むブックマーク コミックマーケット92で、新刊『週刊女性誌+α 掲載漫画作品リスト 昭和編』を出します - 情報中毒者、あるいは活字中毒者、もしくは物語中毒者の弁明  のブックマークコメント




 週刊誌創刊ブームが起こったのは、今から60年ほど前。

 つまり、週刊誌の歴史を考えると、昭和が30年分、平成が30年分、そしてその次、と区切れるのではないかとも考えられるのです。


 その中で、女性向け週刊誌やその周辺誌には、かなり多くの漫画作品が掲載されていましたが、纏まった情報というのはあまり存在してませんでした。


 ということで、昨年出した『戦後女性漫画の歴史 黎明編1945〜1979』で調べた女性週刊誌に掲載された漫画の情報を、より細かく調べ上げてリストにしたのが本書となります。

 f:id:soorce:20170718224847j:image


 タイトルにある通り「昭和編」です。




配置


  • 日程:2017年8月13日(日)、コミックマーケット92、三日目。
  • サークル名:id:soorce
  • 配置:「U-10b」(東2ホール)




今回の新刊


  • タイトル:『週刊女性誌+α 掲載漫画作品リスト 昭和編』
  • 予価:400円
  • 42ページ


 目次

 f:id:soorce:20170718224938j:image


 内容サンプル

 

 f:id:soorce:20170718225019p:image


 f:id:soorce:20170718225017j:image

 

調査対象


  • 週刊女性誌(創刊から1989年2月までに開始された作品、読切作品)
    • 週刊女性
    • 女性自身
    • 女性セブン
  • +α(創刊から休刊まで)
    • 微笑
    • ヤングレディ
    • 週刊明星

 単行本に収録されていない作品が非常に多く、え、あの漫画家こんな仕事してたの!?みたいのが結構発見できるのではないでしょうか。

 つのだじろうが描いたドリフターズの伝記漫画とか、牧美也子が描いたリリー・マルレーン(映画コミカライズ)とか、横山まさみちが描いた連合赤軍事件とか。


 国会図書館で切り取り被害にあってたり、未所蔵だったりのものも、大宅壮一文庫などで調査しました。


 週刊明星の「絵で見るスターの人間記録」は、登場スター、作画担当、全話数まで完全網羅しております。

 f:id:soorce:20170718225056p:image


 今回も、無駄話id:toldo13さんに表紙デザインをお願いしております。

 波乱万丈の歴史にあった地模様にしてくれました。


 また、昨年の『戦後女性漫画の歴史 黎明編1945〜1979』同様Comic Zinさんに委託予定です。*1



既刊


  • 『戦後女性漫画の歴史 黎明編1945〜1979』

 冬コミ(C91)は抽選漏れだったので、昨年買い逃したかたはこの機会にどうぞ。


  • 立原あゆみ雑誌掲載作品データ1970〜1979」
  • 「立原あゆみ雑誌掲載作品データ1980〜1984
  • 「立原あゆみ雑誌掲載作品データ1985〜1989」
  • 「立原あゆみ雑誌掲載作品データ1990〜1994」
  • 「本気!雑誌掲載データ補完読本1986〜2010」
  • 「Good-bye!! プレイコミック-作家で辿る46年の歴史-」(残部僅少)


 も若干数持って行きます。

 プレイコミックの方は余部分がまだ残ってたのを発見したので、数部ですね。



 追加情報がありましたら、またこのブログ上で告知させていただきます。

 どうかよろしくお願いいたします。




*1:『戦後女性漫画の〜』も追加取り扱いしていただいてます




Google