無尽愚痴 from Beyond。

2019年01月25日(Fri)

やる気が出ない。

[]ビシビシ働け! 10:25

最近、やる気が出ない。仕事がたまっている。冷蔵庫にサンプルが入っている。早く出さないと。

届いていたサンプルを、期待を持って解体したのに、全然期待通りの状態ではなかった。褐変してないやん…という。

今週は出張が1日だけで、ほかの日は、外仕事をしていた。ひたすらネギを掘って、ひたすら剥いていた。昨日はひたすら土を掘っていた。いろんな人がやっている、通り一遍の仕事だ。そこに面白さを見いだせているのか?答えはノーであり、イエスでもある。

最初のもくろみと違う結末を迎えた仕事。これはこうこうこういう効果を持っているはずで、これを使えば、省力的で、素晴らしい何かが起こる…!という道筋だったけど全然そうならないという。理論は走だけど、実際はそうではなかった。今までのやつで、いいやんか。そういう話だった。一方で、可能性が残されたルートもあった。このルートの行く先は道が開かれているのか?それはこれから確かめるしかない。

限られた労力でいかに結果を出していくか。

この視点をこれからもっとしっかり持っていかないといけないな。

2019年01月20日(Sun)

風が強いので。

[]早朝無風、じきに強風。 10:17

今日はttymの貸しボート屋さんから出艇する予定だったんだけど、タイトルの通りの予報で、お店に問い合わせたら出てもすぐに帰港だと思いますよ〜と言われたのでキャンセルすることにした。

冬になって寒いのと、相方が健康上の理由で刺身を食えなくなったために魚屋にいくモチベーションが落ちたことにより、ttymに出かける頻度がガクッと下がった。ていうか、12月21日にボートを借りて単独釣行して以来、1ヶ月近く行ってないことになる。海が恋しい。

さて、昨日はお買い物のために近場〜少し遠いアリオまで。何件か店をはしごして、最後に立ち寄った近所のお店がいちばん品揃えがよかったという罠(汗

今日は釣りに行かなかったので、スーパーで食材買い込んで料理をしてた。そんな週末。

2019年01月18日(Fri)

今週も出張。

[]東海地方。 10:55

今日は朝から三重に出張だったのだけど、家からだと始発では会議開始時刻に間に合わないという状況だったので、前日を移動日にして前乗りした。ビジネスホテルとしては安い、5000円のホテルだったけど、どうせコンビニ飯食ってビール飲んで寝るだけだからカンケーない。

会議自体は淡々と、言うべきことを言い、できないことはできないとこそこそっと言い、終了となった。会議後には飲み会があったけど、参加すると家に帰れなくなるので欠席。

この仕事はこれで終わりということになるけれど、金の切れ目が縁の切れ目ではない。自発的な仕事は終わったけれど、情報発信と、それに対して生じるかもしれないニーズに対してはフォローしていく必要がある。また、一つの試験地では素晴らしい結果にはならなかったけど、もう一つの試験地では可能性を感じさせる結果になっている。この切り口からは、なんとか先に進めることができるかもしれない。

今回の出張では、歩いて行ける範囲内に釣具屋がなかったので、仕事に専念。

2019年01月13日(Sun)

もうしばらくはここなのか…。

[]魚屋発見。 08:54

近所にGoogleでの評価が高い魚屋を見つけた。引っ越してきて3年目、特に必要がなかったので調べなかったのだが、冬になってなかなかttymに行けなくなり、魚に飢えていたので検索したら引っかかった。

今日行った限りでは、

・神奈川県産スミイカ

千葉産マコガレイ、イシガレイ

・北海道産アカガレイ

・ウスメバル、キンキ、ツツイカ(スルメイカ?)、マアジ、マサバ、活け締めマアジ

が発泡に並べられていた。普通の魚屋さんだった。そのほか、剥きウマヅラ、ミズダコの足、シマアジ(おそらく勝山)等など。

面白いところでは、ドジョウが売っていた(もちろん、エアポンプで生かしてある)。

大きな魚が置いてないのは、住宅地の魚屋さんだからなんだろう。そういう意味では地味ではあったけど、きちんと魚屋さんだった。ただ、南向き店舗で、日よけによしずを立ててあるのは好印象なれど、発泡に氷敷いて直置きにされていた活け締めマアジ(つまり空気中に魚体が露出している)が、よしずの隙間から差し込んでいた日差しに炙られていたのがちいと残念。

活け締めマアジとマコガレイを買って帰った。マコは卵巣を持っていたので煮付けメインで有眼側の背身を刺身に。マアジは叩いて。スーパーで売られていた館山沖のタカベも添えて、久しぶりに刺身膳を作って食べた(写真がない…)。

ここの魚屋で一番注目したのは、ドジョウ。

エアポンプや水槽など、設備を構築すれば、生き餌として使えるけど、ま、そこまではしないな。

2019年01月11日(Fri)

九州出張。

[]新しい発見はナシ。 11:57

去年から、出張した先で釣具屋を探して入るということをやっている。趣味が釣りだから、仕方ない。ビールを禁止されてもむせび泣きながら我慢できる自信はあるが、釣り禁止のお触れには到底従えないだろうなぁ。

…なんだけど、今回の出張では2つの釣具屋さんに入ったのだけど、新しい発見は得られなかった。中国・四国に出張したときは、倉敷市児島の釣具屋、坂出市の釣具屋でそれぞれ面白いものを見つけることができたのだが…。大体のことは、知り尽くしてしまったのかもしれない。鯛テンヤ市民権を得ておらず、タイラバだらけなのを改めて思い知ったぐらいだろうか。船釣りの仕掛けも少なく、鯛や青物用の泳がせ仕掛け、コマセシャクリのウイリー仕掛け、鯛サビキ、胴付きぐらいだった。関東の釣具屋に様々な仕掛けが売られているのは、東京湾や外房、伊豆などがあるせいなのかもしれない。

ギリギリ、株式会社シントワのオキアミサビキという疑似餌バリが面白そうだったので購入。

[rakuten:fuugetu:10209946:detail]

甘鯛狙いの吹き流し仕掛けを作るときに導入して、オキアミ餌と比べてみよう。

2019年01月08日(Tue)

ま、まさか。

[]謎の原形質/Cryptoplasm。 11:47

どうせなら1回で2回ぶんの収穫が得られたらいいよねーとかいっていたのが現実のものとなった。

[]出勤開始。 11:47

1週間以上の長期休暇を経て、昨日から出勤し始めた。猛烈な休み呆けに襲われながらの通常出勤はきつい。

一月は泊まりの出張が2回あるので、通常業務に割ける時間が少なく、またそれらの出張のための資料作成に時間がとられるのでさらに厳しい。外作業をできるだけ割り振って、パソコンの前に座れるように頑張った。

その結果、今週の出張のための資料はなんとか仕上げることができた。本来の締め切りは昨年末だったのだけど、オレは特別枠のはずなので、締め切りは適用されない…と信じて頑張った。

この仕事は、どちらかというと好きなものが対象なので、モチベーション高くやれていると思う。

問題はもう一つだな。

2019年01月03日(Thu)

三が日が終わります(汗

[]寒い寒いお正月。 11:17

実家に帰っていないので、姪っ子や甥っ子にお年玉を上げるタイミングがない。こういう時にどうしたらいいのかよく分からない。別のタイミングで渡すしかないのだろうけど、そのタイミングは無い(汗

元日:大みそかに、激混みの近所のスーパーで数の子、昆布巻き、蒲鉾、茹蛸を買っておいたので、それで質素なおせち。実家に帰らないとこの程度のことになってしまうということだろう。恐ろしいことだ。同じくスーパーで手配した水煮小豆に、アマダイの昆布締め用に備蓄してある昆布、花かつお(するめの代用品。するめは見つけられなかった)で、なんちゃって雑煮を作って相方と食べた。運動不足なので3?程ウォーキング。夕食はなぜか親子丼と、がめ煮だった。

2日:元日と同じメニューで、午後から初詣ということで近場の神社式内社、上総の国の2社)にお参り。2社とも歴史は古いが、現在の在り方には大きな開きがあった。本当に、集落の宮さん、というたたずまいの1社に、少ないながらも屋台があってお守りやお御籤、お賽銭に行列ができていたもう1社。夕食は冷しゃぶ風だった。なぜか。

というところで今日が3日。本当なら明日から仕事なんだけど、当初、帰省するつもりで4日は休みにしてあったので、その休みはそのままにすることに。

やり切れなかった大掃除や、年明け早々にある会議のための資料作り、等々に残りの休みを充てる予定。

2018年12月31日(Mon)

大晦日です。

[]今年は帰省しない。 09:25

三度目の正直(予断は許さないが)で色々あって云々かんぬん、今年の年末年始は帰省しないことになった。好き勝手できない、好きなもの食えない、色々とストレスフルな状況になったが、まぁ仕方ない。

仕方がないので、近所のスーパーで正月風の食い物を買ってきて、初めての実家以外でのお正月を迎えることになった。

その前に、初めての実家以外での大晦日だな…(もしかしたら、京都時代にこれはやっていたかも?)。年越し蕎麦買ってこよう。

2018年08月12日(Sun)

夏本番はまだまだ続く。

[]足かけ5年。 22:07

SUPを導入した当初から狙っていた(と思う)マゴチが、ついに今日釣れた。

12日の日曜日は天気が良くなく、南の半島には南から雲が発生して局地的な大雨が降る…そんな予報だったのだけれど、海に行きたくて行きたくて仕方が無いので出撃した。早朝は雨が降る…という予報だったので少し遅らせて出発した。ところが、雨を覚悟して高速道路をひた走って南に下ってもいっこうに雨が降る気配が無い。結局目的地に到着するまで雨は降らなかった。予報が外れたわけで、こんなことなら早く出れば良かった…と後悔しながら、黄色いエサ屋でエビを購入。そのままいつものkytsへ向かった。

今日は南西から風が吹く予報だったので、少し西の漁礁付近までこぎ出し、そのまま流されてすり鉢の北の出口を…という作戦。タックルは少し絞って、ライトゲームSS+ベイゲーム(PE1.5)と、スピニング+ディアルーナ。ところが、沖に出ると、風が北より、もしくは東寄りから吹いてくる。陸上の空は今更ながらに雲がかかって、遠くで雷が鳴っているような気がする…。

恐怖心を抱きつつ、釣りを始めた。流される向きが変で西方向へ流されるので、すり鉢の真ん中らへんから初めた。

空は灰色で、不安な気持ちで流されていくと、くくっとアタリがあった。ひとつテンヤなので、そっと様子を見て、合わせると、ガガンと引っ張る感覚。時折、抵抗する感触を感じつつ、ドラグを出されることもなく、巻き上げていくと、マゴチが付いていた。

狙っていなかったのに、かつての本命が釣れてしまう展開に焦りながら、えらを切って血を出させて、やっと気が落ち着いてスマホの地図アプリを見ると、進入禁止の定置跡地に入り込んでいた…。

慌てて跡地から出、hmdの港の沖で釣りを継続していると、ガッツン!と竿先をもっていくアタリが出た…けど、これは合わせられなかった。

しばらく粘るとハナメゴチが釣れた。進入禁止のせいでプレッシャーがかかっていないのか、魚影が濃くなっているのか…。

なんにせよ、マゴチ達成!

ひとつの区切りが付きました。

2018年08月05日(Sun)

暑さは和らがない。

[]8月4日土曜日。 06:55

無風べた凪の土曜日、kytsへSUP釣りに行ってきた。

朝の6時過ぎに現地に到着し、準備して6時半ごろに出艇。Mが8時頃にくることになっていたので、陸繋島の真西ぐらいを北限に、すり鉢の出口あたりで釣り開始。先に海に出ていたswimmer1000は目視できず。

タックルはフネタツとスティーレ、0.8号。ラインが細くなったので、軽いテンヤでも底を取ることがかんたんに…と思ったけどあんまりよく差が分からなかった(汗

結果的には35cm程度のアオハタ1尾。8時半ごろには釣りを終了してMと合流したので、短時間の割には頑張ったんじゃないだろうか。

[]8月5日日曜日。 06:55

8時、9時頃から南西の風が強まってくる予報だったけど、台風が接近していて次の週末がどうなるか分からなかったので、二日連続でkytsへ。朝の6時前に到着したものの車がたくさんで、ギリギリの狭い隙間に駐車した。

海に出ると無風で波も無く、これから風が強くなるとはにわかには信じがたい…と思ったんだけど、沖堤から数百メートル出ると、わずかに風を感じる。これはそんなに長く釣りできないなぁ、と思いつつ沖へ沖へ。陸繋島を過ぎて沖合にSUPカヤック、もう少し行ったところで西の海域にswimmer1000がいたので合流した。

水深25mから初めて50mぐらいまで流されながら昨日と同じタックルで釣っていたのだが、10号テンヤでずっと底はとれる状況。ただ、アタリはなし…。

8時少し前から風を強く感じるようになり、8時過ぎには徐々に強くなってきた。風を斜め前方にとらえて前進するのが容易ではなくなってきたので、ちょっと早いけど岸に戻った。

釣りをしていた時間は小一時間も無いだろうか(汗