Hatena::ブログ(Diary)

空のかけらの このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2018-09-03

さようなら

はてなダイアリーが来年早々なくなることが確定したそうで、

私もなかなか更新できなかったりするので、

この9月いっぱいでこのブログを閉じようと思います。

ところで、今日はわたくしの誕生日です!!!!!!!

特に、ほしいものリストとかないですが、

このブログを通して、最後にAmazonでお買い物でもして下さい!!!!!!!


買ってくれや!!!!!!!

↑描いてます!!!!よろしければ!!!!!(アンケートはもう期限過ぎてますが・・・)



別冊 思い出食堂 缶詰 (ぐる漫)

別冊 思い出食堂 缶詰 (ぐる漫)

↑割と前のですけど、私が描いたやつ、個人的に好きな話です。人気はなかったみたいです・・。おかしい・・・・。確かめてみて・・・。



ラブレター (Love Letter) カードゲーム

ラブレター (Love Letter) カードゲーム

↑私の好きなゲームで、割と簡単なやつです!!!!絵が違うバージョンとか色々あります。みんなも遊んでみて。




バナナフィッシュ、アニメ化どうなるのか心配していた御仁も多かったかと思いますが、絵もブラッシュアップして現代の話にうまく出来てるのではないかと思いました。まだ見てない人はアマゾンプライムにあるので見てみて下さい〜〜。




BANANA FISH 復刻版BOX (vol.1-4)

BANANA FISH 復刻版BOX (vol.1-4)

↑それで、また読みたくなるんですよね・・・。




あと、このブログをやってていちばん売れた本を紹介します。

魔法使いの台所―まとめづくりと手早い料理で夕食用意が30分

魔法使いの台所―まとめづくりと手早い料理で夕食用意が30分

↑これはちょうロングセラー。料理の基礎や、保存方法などもあって、初版90年ですが、今も現役の本です。自称グルメ漫画家のわたくしがおすすめするので、料理に興味のある方はぜひご覧になって下さい。




ということで、先日このブログの売上のアマゾンギフトカードをフイにしてしまって可愛そうな誕生日を迎えたわたくしのために・・・。なんか・・・。

はい・・・。

サーセンした。

さいごに

あと、震災の記録とかあったので、残しておこうかなと思ったりするんですけど、色々あってやっぱり消そうと思います。

震災のやつは珍しくブクマついたりしてるので、よかったらサイドバーから見てみて下さい。なくなるんでね・・・。

(スマホからは見れないか・・・。)


ではでは、今までコメントやTwitterでリプライくれたりしたみなさん、ありがとうございました。

漫画家になるとは思ってもいなかったときからつけていたはてダに未練あるけど、なくなっちゃうんだからしょうがないですね。

それでは、さようなら。

2017-10-23

これってネタバレ

ウォーキング・デッドにハマっています。

みなさんこんにちは。約半年ぶりですがいかがお過ごしでしょうか。


皆さんご存知かと思いますが、私は一つのものにハマるともうそれだけです。そればっかりです。

カレーにハマると毎日カレー食べてる人みたいな感じです。

そういえばこないだはラーメンばっかり食べていました。


そして、今ウォーキング・デッドです。

Netflixでハマり、ウォーキング・デッドに関係しているのでは?というデマにまんまと乗っかりブレイキング・バッドを見てハマり、ブレイキング・バッドスピンオフであるベターコールソウルにもハマるというもうamc*1の思う壺マンです。


そして、今アベマTVウォーキング・デッドシーズン2絶賛配信中で、とっくに見終わったのにまた見ていました。アベマTVのいいところは、コメント機能です。ニコニコ動画と違ってコメントは画面に被らないので本編を邪魔しないのがいいです。一人暮らしの人間には、みんなとワイワイしながら見れる感じがして楽しいです。自分と違う意見が聞けるのもいい。


D


謎が多いとネタバレマンも多いよね!!!

しかし、ウォーキング・デッドは、本日よりシーズン8が全世界一斉に公開開始。シーズン2なんかマニアには「今更」ネタ満載なので、ネタバレの横行が凄い。


ネタバレする人はどうしてするんだろ?知ってることをアピールしたい。マウント取りたい。そんなところかな?という予想はしていたのですが、自分に想像もできない答えがあるかもしれないから、コメントで直接聞いてみました。が「うるせーネタバレ嫌なら見るな。コメント欄閉じろバカ」という親切?コメントが。oh・・・。

しかしまあ、「ネタバレあると心の準備できるから、ネタバレほしい」「ネタバレちょー聞きたい。けど聞いて後悔するwww」という意見も聞けて、なるほどと思うなど。


これってネタバレ

ところで、以下の件はネタバレと言えるのでしょうか!?!?!?!?


まずは、ウォーキング・デッドを知らない人にも理解いただくために要点だけあらすじを記します。これ自体はネタバレなので、これからシーズン1から見ようという方はご注意下さい。(シーズン8まで全部俯瞰すると大したネタバレではない、と個人的には思う)


シーズン1
  • ウォーカー噛まれると熱が出てウォーカー(ゾンビ)になってしまうというこの世界のお約束が説明される。
  • ジェンナー博士からリック(主人公)は何らかの耳打ちをされる。

シーズン2
  • ダリルたちが「ランダルは首の骨が折れていたが噛まれていなかった」ことに疑問に持つ。仲間たちとそれについて話し合う。リックが、実はジェンナーから「人間はみんな感染していて、誰でもウォーカーになる可能性があることを伝えられていた」と発言。仲間たちから何故黙っていたか詰問され・・・。


という感じで、ジェンナーの耳打ちの内容が明らかになるわけですが、

マジキチネタバレマンは相当前から「人間は全員感染してて死んだらゾンビになんねん」と言っているわけです。

それで、ダリルたちが「ランダルは首の骨を折って死んでいた・・・ウォーカーに噛まれていなかった・・・」と疑問に持ったあたりで、

ネタバレクレクレガールたちがコメント欄で

「なんで?噛まれなくてもウォーカーになるんでしょ?ダリルたんは何が疑問なの?」

と混乱に陥るわけです。

それを受けて普通マンが

「いや・・噛まれなくてもウォーカーになるとかこの時点ではみんな知らないだろ・・・。」

とコメントすると・・・


「ちょっと!!!ネタバレやめて!!!!!!!!!」

ネタバレすんな!!!」

やめてよーネタバレやめてよ〜(泣)」


ええええええええええええええええええええええええええええ

ええええええええええええええええええええええええええええ

ええええええええええええええええええええええええええええ


誰が?これネタバレなの???


なんか、クラクラしてきたんですが、

前も構成が

アバンでクライマックス直前→OP→前回の続きから再開

ってなってたときに

完全に混乱する人が多くて震えました・・・・。

この構成は長編漫画でも割りと多くあるので通用すると思っていたのですが、

最近はアンケート悪かったら打ち切りが決まるので、

こういう構成はできなくなってきているのかなあ・・・。

こわい・・・。


見ている人の年齢層が低いからかもしれないけど、

構成とか伏線とか理解できてない人が多すぎて怖い・・・。

何でもかんでも台詞になっていないと分からなくて、

表情で演技している俳優さんを

「なんやその顔芸」と笑うとか、ホント怖いというか悲しい・・・。


気に入らないとこいつ早く死なねーかなとかゾンビに食われればいいのにとか

もうちょっとよく考えて!!!

年を取ったのか私もデールの気持ちがよく分かるよ!!!!!!!!!

考えろ!!!!!!!!!人の命を簡単に決めるな!!!

デール帰ってきて!!!!!!!!!


そんな私は寝ても覚めてもキャロルのことばかりです。


Look at the Flower.



D


look at the flower はs4だったはず・・・

*1アメリカのテレビチャンネル。ウォーキング・デッドブレイキング・バッドなどを製作している。

2017-04-17

[][]春なのに

なんだかまたブログの更新の間が空いてしまった。

いつも、なるべく、こまめに更新しようと思っているのに。


前回のつづき

前回入院して入院してこれから入院するって話書いてそれっきりだったけども、当然退院しました。そのまま死んだと思った人も多かったと思いますが、生きています。

まあ入院中ああだったこうだったという話は世の中探せばみんな書いていますから、そっちを読んでもらえばいいと思います。


人と違うのは、付き添ってくれたのが家族ではないということです。

手術の直前まで友だちと「おそ松さんラブレター」って言うカードゲームをしてキャッキャしていました。お陰でこの緊張しいの私が、とてもリラックスして手術室に入れました。

手術後は起き上がることができなかったのですが、そのベッドを友だちに囲まれてまた色々な話をしましたが、死ぬときもこんな風に友だちに囲まれて死にたいな〜って思いました。


実際は誰もいないところで死んでドロドロになって匂いがプンプンして通報されて発見されるんだろうなあ〜。ドロドロになる前に発見されたいし、住んでる所が事故物件扱いになったら申し訳ないなあと思っているわけですが。なかなか思い通りには行かないんだろうなあ。

(結婚しておけばいいとは思えない。配偶者子どもが必ず看取ってくれるという自信はどこから来ているのか逆に聞きたいけどめんどくさいから話したくないし割愛する)


春は憂鬱で


今は桜が満開で春が人々を祝福しているような気配ですが、私は春は苦手です。

世の中の全てが人生を祝福しているようだけどそれは私以外の全てだと思えてしまうので。

でもこうして今元気なので、元気なことにおめでとうと言ってもらえてるんだと思っておこう。

本当は春が何かを祝福しているということもないのだけれど。



描きました

そんなこんなで、大変遅くなりましたが、12月に「みんなの食卓」、4月に「缶詰」という雑誌にそれぞれ10ページ描きました。

「みんなの食卓」は退院してすぐだったので、しんどくていつも描く「買ってね〜」のイラストを描けず、他の先生方と同じように雑誌の表紙と中のページを写メったのをTwitterにアップしたら、ほとんどRTされなくて笑ってしまいました。実力の差。

こんな宣伝用のイラストとかちょこっとでも描くの、私の観測範囲内では誰もいなくて、私ものすごい暇人過ぎて恥ずかしいわ・・・やめたいわ・・・と思っていました。

が、最近はやる人増えてきたし、やらなかったらRTの数が全然違うので、暇じゃなくなっても頑張りたいと思ったわたくしなのでした。


f:id:sorano_k:20170417080624j:image

主にコンビニに置いてると思いますが、見つけられなかったらアマゾンから買ってね。

別冊 思い出食堂 缶詰 (ぐる漫)

別冊 思い出食堂 缶詰 (ぐる漫)

よろしくお願いします。

(昔から私を知ってる人はこんな人だと知ってるからいいけど、最近私を知った人は困惑するだろうな〜〜〜)

2016-11-02

友達は大切にしよう。

あんまり自分のこと描きたくないって言ったそばからなんですが、とにかく「友達は大切にしよう」と言いたくて、必要最低限のことだけになりますが、描きました。


ちなみに、クリスタで初めて描きました。


f:id:sorano_k:20161102180036j:image

先生〜〜軽いんですけど〜〜。

でも深刻にならなくてよかったです。いい先生です。

f:id:sorano_k:20161102180536j:image


みんなはちゃんと会って菓子折り持ってお願いするんだぞ。

見舞いにも来てもらって、退院の手伝いまでしていただいた・・・。ありがたい・・・。

ということが、また直後にあって、入退院の手伝い、手術の付き添いと、本当にありがたかったです。



f:id:sorano_k:20161102180537j:image


というわけで、実は来週また収監されるわたくしです。

三度目ということもあって、いつも同じ友達にお願いするのは負担が凄まじいのでは!?

出来るのであれば、付き添いなどして下さるという友達がいるなら、負担は分散したほうがよいのでは・・・。

と思って、思い切ってお願いしてしまいました。

県外在住なのに、申し訳ないです・・。

特典として、私の臓器がビクンビクンしているところを見せてあげたいと思います。

(うれしくない)



ていうか、本当に、色んな事情をくんで親身になってくれる友達、本当に大切だぞ。

おめーら、友達なんかいなくたっていいって言うけど、そりゃ沢山はいなくたっていいけど、大切にしておかないといけないぞ。

大人になってから友達はできにくいからな。


ときに、友達に足を向けて眠れないので、友達は同じ方角に住んでもらえないですか?ベッドの設置に困るので・・・。

[]思い出食堂別冊「給食」


9月売りだったんですけど、その入院とか検査とか(時々ゲーム会)で忙しくて宣伝忘れてましたが、この間寄ったデイリーヤマザキに三冊残っていたので宣伝しておきます。アマゾンにあると思うので、皆さん見舞いだと思って買って下さいね。てへぺろ


f:id:sorano_k:20161102180538j:image


別冊 思い出食堂 給食 (ぐる漫)

別冊 思い出食堂 給食 (ぐる漫)

2016-09-06

わたしのこと

私は若い時に、主婦向けのエッセイまんがを読んで、

「こんなまんが絶対描かない」

と思っていた。

エッセイまんがなんて描くことのなくなったおばさんが描くものだと思っていた。


今はそうは思っていない。

私もおばさんになった。


怪我をしたり病気になったりすると、

「これまんがに描いたらー?ネタになるじゃん」

「ぼく(医者)が監修してもいいよ」

などと言ってくれる人がいて、

へへーそうですね〜、なんて返事をしてしまう。

けれどやっぱり自分のことはそのまま描く気がしない。

自分を主人公になんてとても出来ない。



私はこの誕生日に、人生にしなくてもいい経験した。

誕生日にこんなに泣いたことはかつてない。

そのことをここに記しておくべきだと思った。


けれど、この経験はやっぱりいつかまんがに描くのではないかと思う。

私のこととしては描かないけれど、

これから私が描くであろう主人公の血肉として描きたい。