そろそろの日記 RSSフィード Twitter

2012-03-18

映画版ライアーゲームを観てきました【ちょいネタバレ】

f:id:sorosorototti:20120318200216j:image:w360


前から好きだったんです。ライアーゲーム。(原作は読んでないのですが)
テレビの頃からものすごくはまっていて、
秋山の無双っぷりたまんないんですよね。
あとcapsuleの音楽も。あのオープニングは未だに鳥肌たつ。

そして個人的なライアーゲームの魅力。


時代劇みたいな、勧善懲悪


もうさすがに無理じゃね?もう作戦なくない?

でも


最後は絶対正義が勝つ!!!



どうせ勝つんだろ。最後には。と思いつつ、
その過程をハラハラとさせながら見せてくれます。




で、個人的に映画ライアーゲーム -再生-
を観てきた感想。

これはテレビドラマでやった方が絶対面白い!!


裏の裏の裏をかかれてしまうのが今までのライアーゲームを観てきた感想で、
個人的には1つのゲームであっても、それを2時間じゃ消化しきれない。


途中で重要人物の裏切りや
まさかって人のゲーム脱落がある訳ですが、

もうちょいゲームの内容を膨らませて



「えっ!秋山そんなことしたらもう負けやん!」


「えっ!この状態で次回ですか!!!」




で一週間もんもんとなって
次週の解決編を見る。

くらいのスパンの方がいいかなと。



今回の「イス取りゲーム」編に限っていえば
非常にそれを感じました。

自分は原作を読んでないですが、一部では「実写化不可能」
と言われているそうな今回のゲーム。


たぶん

「実写化不可能」

って言われるものは、映画だと
いろいろ詰め込んじゃうんでしょうね。そして原作ファンから反感を買っちゃう。


作る側とすれば、一つの作品として

ある程度キャラの紹介もしなくちゃいけないし、
物語の背景も説明しなくちゃいけないし、
なんとかきれいにおとさなきゃいけないし。。



難しいですなぁ。


でもおかげで原作を確認してみたくなってしまいました。

次の単行本が出るまで待てない!
っていう読者がたくさんいたんだと思います。


まぁ最初にも書きましたが
きれいに秋山君の思うツボにはめられた自分としては、
後味のいい映画ではありました!


ps
田部ちゃんはよくがんばったけど、キャラが神崎直にはどうしても勝てないのが残念。
途中で戸田恵梨香と違うベクトルでイライラさせてくれます(笑)
あとフクナガがゲームに参加しないのも作品の魅力が半減しちゃったかな。

今回は芦田愛菜よりも出番が少ないフクナガでした

LIAR GAME (1) (ヤングジャンプ・コミックス)

LIAR GAME (1) (ヤングジャンプ・コミックス)

Connection: close