Hatena::ブログ(Diary)

THE NORTHERN ANTHEM

2013-02-14

MOTHER2をプレイしている

MOTHER2 ギーグの逆襲
十年くらい前に親の知り合いから借りた、スーファミの「MOTHER2」に手を出しました。
なぜ放置してあったかと言うと、昔借りてすぐプレイしたのですが、最初の最初で詰まって、それいらい訳分かんないって投げ出していたのでした。最初の最初というのもスターマンのむすこが倒せなかった記憶で、今プレイするとすんなり倒せてしまってこの約十年はいったいなんだったんだ?という感じです。
去年何となくネットで調べていて楽しそうだなあと思う反面、当時数多の少年少女にトラウマを植え付けたらしく(ゲームのトラウマを語る系のスレで絶対話題に上のぼっているので)そういうのを聞いてしまうと極度のビビリの僕は怖じ気づいてしまったのですが、ここ一年でのレトロゲーム熱の高まりもあり、恐いもの見たさもあり、日に日にMOTHER2やりたいやりたいと思うようになって、恐怖を共有できる人物がそばにいる状態でないとできなかったので友人が自宅にいるときを見計らい十数年ぶりにプレイしたのがひと月前です。オープニング画面から恐怖でした。やめてよあの赤い砂嵐みたいなの。オネットタウンの洞窟に入る前まで進みました。
で、今は帰省中なので実家にいます。昨日一ヶ月ぶりにプレイして約10時間ぐらいずっとやってました。ツーソン、スリークを経てどせいさんのとこ(サターンバレーというのですね)まで進みました。タッシーもどせいさんも自分の目で確かめることができてとても嬉しかったです。どせいさん可愛すぎます。ぷー。「できるます。うったり かったり どせいさんです。」がツボに入った。
今日は5時間ほどプレイしていました。ドコドコさばくの5匹のモグラ(なんでどいつも3番目に強いって主張するんだろうw)を倒してフォーサイドまで進みました。

すっかり夢中です。MOTHER2面白いじゃないか。しかし一人でギーグ戦をプレイする勇気がありません。動画のサムネからして怖すぎるし。「ネスサンネスサンネスサンネスサンネスサンネスサンネスサンネスサンネスサン」みたいなの出るんでしょ?無理っす。
あと「貴様の腕を折るがよいな?」みたいなイベントもあるらしいですが、その話を聞いただけですっかり怖じ気づいています。

PSIを使いこなせません。戦闘中に説明を見れないのがもどかしい。

「自虐の詩」を観た

自虐の詩 プレミアム・エディション [DVD]
おとといぐらい。堤幸彦監督。
冒頭のちゃぶ台ひっくり返しの応酬が笑えました。
足を固定したので畳ごとひっくり返すシーンがもっと笑えました。
阿部寛の旦那役、変な人だなーと思ってたら実は中谷美紀の奥さん役の方がずっと変な人だったという話。シャブ中って呼ばれてたし。

ちなみにMOTHER2の冒頭の名前設定で「かっこいいとおもうもの」には「あべひろし」と答えたので、主人公の必殺技は「PKあべひろし」です。そういう使われ方するとは思わなかったから。